人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

散歩コースで、老夫婦が手をつないで歩いていた。

【心温まる】街で見かけたカポー【ほのぼの】part8
53: 恋人は名無しさん 投稿日:2012/07/29(日) 21:38:11.96 ID:tRKAka3LO

散歩コースで、老夫婦が手をつないで歩いていた。
70代80代?
その手のつなぎ方が、おじいちゃんが優しくおばあちゃんをリードしている感じ。
歩くのもおばあちゃんに合わせてゆっくりめ。
後ろから見てて、なんかすごくほのぼのした。
おじいちゃんは清潔感のあるシャツとスラックス。おばあちゃんはワンピース。
イギリスのドラマに出てきそうな雰囲気だったな。


[ 2015/12/01 09:30 ] 祖父母 | CM(0)

前を歩いていたおじいさんが ドアを開けてくれた。

□ いい人・やさしい人のお話 14 □
217: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2008/01/17(木) 12:12:14 ID:8vOO0+N9

さっきスーパーへ買い物に行った時、前を歩いていたおじいさんが
ドアを開けてくれた。
ホテルのドアマンみたいに手を添えて「どうぞ」とにっこり笑って。
「すみません、ありがとうございます」と言うと、
ふがふがしながら「僕は紳士だからね」とまた笑った。
ハットをかぶって、粋なおじいさんだった。

ちょっとしたことだけど、すっごく幸せな気分。


[ 2015/11/27 21:30 ] 祖父母 | CM(0)

急にじいさんが見えなくなった。これまで毎日居たのに。

□ いい人・やさしい人のお話 11 □
465: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2007/01/24(水) 19:46:20 ID:Id3gNyqp

中学校の時の話
学校近くの通学路沿いに建ってる家があった。家には70歳くらいのじいさん一人と犬が住んでた。
そのじいさんは毎朝「おはよう」帰りの時間には「さとうなら」と皆に声を掛けていた。
皆も挨拶を返していた。
時に犬をなでながらだったが、声を掛けるためだけに表に出ている感じだった。
そこで馬鹿な不良グループ達が、じいさんをからかい始めた。
石を投げる、何度も首輪を外して犬を逃がす、ビックリさせるように大声で挨拶する、自転車を倒すなど。
それから2ヶ月くらいで、はっきりと原因は分からないが全校生徒の中で、じいさんはウザイ存在みたいになって
皆、じいさんは無視していた。挨拶はじいいさんからの一方通行だった。
(皆、じいさんが嫌いになった訳ではなく、不良グループの行動が原因でこうなったと思う)
それでもじいさんは笑顔で挨拶していた。飼い犬に小便を足に掛けられても頭をなでていた。
俺はじいさんが可愛そうだった。じいさんがどう言う気持ちで挨拶しているのか考えると苦しくなった。
俺は、周りに誰も居ない時は笑顔で挨拶を返していた。じいさんは手を振り笑顔だった。
しかし友達と居た時は無視していた・・・この行動は今でも悔やむ。
雪が降ってる寒い日でもじいさんは笑顔で挨拶していた。でも一方通行。


[ 2015/10/14 21:30 ] 祖父母 | CM(0)

爺さんがボケたら婆さんが持ってた傘でお尻叩いてツッコミしてた

【心温まる】街で見かけたカポー【ほのぼの】part7
475: 恋人は名無しさん 投稿日:2011/07/31(日) 18:44:00.84 ID:CkkdDUnmO

カップルじゃなく夫婦だが爺さんと婆さんが歩いてて爺さんがボケたら婆さんが持ってた傘でお尻叩いてツッコミしてた
お互いなんか楽しそうでいいなと思った



[ 2015/10/02 09:30 ] 祖父母 | CM(0)

仕事もプライベートもうまくいかず 少し鬱になっていた頃、バスに乗ってぼんやりと窓の外をながめていると肩をたたかれました

□ いい人・やさしい人のお話 11 □
111: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/12/12(火) 12:46:20 ID:wZV5mma6

もう十数年前の事です

その頃の私は仕事もプライベートもうまくいかず
それどころか悪いことばかりが重なっていきました
今にしておもえば少し鬱になっていたようです

その日は社用でバスに乗っていました
ぼんやりと窓の外をながめていると
肩をたたかれました
振り向くと初老の品のよさそうな女性がたっていました
「あのね これ おいしいの とってもおいしいから食べてね」
そう言って女性は私の手に包みを押しつけると慌ててバスから降りていきました
私は何のことか分からず とりあえず包みを開けてみると
そこにはおおきな豆大福が2個

おばさんありがとうございました
おかげで元気になれました


[ 2015/09/18 21:30 ] 祖父母 | CM(0)

うちのじーちゃんばーちゃんがすぐ些細なことで喧嘩する仲だから 年食っても仲良しの夫婦に憧れる

【心温まる】街で見かけたカポー【ほのぼの】part7
332: 恋人は名無しさん 投稿日:2011/05/08(日) 01:12:20.81 ID:1fi3Yrjn0

うちのじーちゃんばーちゃんがすぐ些細なことで喧嘩する仲だから
年食っても仲良しの夫婦に憧れる
俺も将来そうありたい


[ 2015/09/16 21:30 ] 祖父母 | CM(0)

具合悪いの我慢して仕事してると同僚は気付かないのに ボケおばあさんは何故か 「あんばい悪いんだから寝てろ、寝てろ」

□ いい人・やさしい人のお話 5 □
917: おさかなくわえた名無しさん ID:m0XCZ6Ql

看護師してたときボケたおばあさんがいて
夜勤で朝まわって行くと
「ご飯の支度はオレがするから寝てろ、寝てろ」と
おばあさんのベッドに入れられた。
具合悪いの我慢して仕事してると同僚は気付かないのに
ボケおばあさんは何故か
「あんばい悪いんだから寝てろ、寝てろ」と
おばあさんのベッドに入れようとした。

私も優しくボケたい。


[ 2015/09/06 21:30 ] 祖父母 | CM(0)

あんなに弱って、自分があと少しで死んでしまうとわかっているのにあんな笑顔が出来るなんて。

□ いい人・やさしい人のお話 5 □
819: おさかなくわえた名無しさん ID:ax2IguJo

いい人とは違うかもしれないけど。思い出。

小学生の頃に、親に連れられて遠い県の病院へ行った。親戚のおじいさん、俺は一度も会った事のない
全然知らない人なんだけど親にとっては恩人というか大切な人だったらしい。
で、手を引かれて個室に入ったんだけど、そのおじいさんが凄い衰弱してるんだよね。
チューブやら点滴やら、何本ものビニールの管に繋がれてるのよ。痩せてて、遠くを見るような目で…
一瞬びびっちゃったんだけど、親が「○○さん、私の息子の××を連れてきました」とおじいさんに
語りかけた瞬間、目にスッと生気が宿って、凄い嬉しそうな顔になった。
ああ、この人、うちの親の事大好きなんだなぁ…と子供心に強く感じた。
思わず両手を差し出したらすぐシワシワの細い手で握り返してくれた。病人とは思えないような温かい手。
その後すぐに俺は部屋から出て待合用の椅子に座ってたんだけど、あの手の感覚はずっと残ってた。
後日、そのおじいさんが他界したという連絡が入った。末期ガン、しかも俺と親が会った時は
あと何日持つかという状態だったらしい。
あの面会、あの握手が最初で最後だった。

おじいさんの顔が今も頭に残ってる。あんなに弱って、自分があと少しで死んでしまうとわかっているのに。
あんな笑顔が出来るなんてな。


[ 2015/08/28 21:30 ] 祖父母 | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。