人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

ばぁちゃんっ子だった俺…未だに死んだ実感が湧かないんだ…

581: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/01 15:51:59

文書くの下手だと思うがありのままを書きます。

昨年ばぁちゃんが死んだ
ばぁちゃんっつってもひぃばあちゃん。
家族みんなでそのばぁちゃんと住んでた。
自分はちっちゃい頃からばぁちゃんっ子で
小学生ん時に親が離婚して兄弟みんな母親に連れられて
引っ越すことになったときもばぁちゃんと居るんだー
って一緒にいかなかった。
ばぁちゃんの作る飯が最高にうまかった記憶がある。
ばぁちゃんが出かけるときは絶対ついて行ってたし、
友達と遊びに行っても飯の時間には絶対帰ってた。







582: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/01 15:52:32

そっから何年かたって母ちゃんが再婚することんなって
みんな連れてばぁちゃんちに帰ってきたんだよ。
もちろん母ちゃんとか兄弟といれるのは嬉しかったけど
再婚相手の人とうまく接することができなくて
そーこー言ってる間に新しい妹が出来たんだ。
そしたらさ、新しいオヤジの態度とかがやっぱ全然違ったのよ。
それが気に食わなくて中学入ったばっかの自分はグレて
家に帰んなかったり帰る時は友達何人も連れて帰って
たまり場みたいにしてたのよ。

ばぁちゃんはそれでも優しくって
たまってる友達とか家出してきた奴とかに
「昼からでもいいから学校はいきんしゃい!」
っておにぎりとか作って渡すのな。

だれもばぁちゃんには反抗しなかったし
気づいたらみんなばぁちゃん!ばぁちゃん!って
ばぁちゃんっ子みたいんなってた。

「あんたらみたいなん孫にした覚えない!」
って言いながら嬉しそうに笑うんだよ。
すんげぇ優しいばぁちゃんだったんだ。


583: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/01 15:53:34

中学も卒業して高校に行く奴、
仕事する奴、みんなバラバラんなって集まらなくなったぐらいに
ばぁちゃんが老人ホームに入ることになったんだ。

最初は毎日行ってたけど次第にめんどくさくなって行かなくなった。

たまに行ったら「この前○○が来てくれよったよー」
って嬉しそうに話すから友達も行ってたんだと思う。

それで安心してもっと行かなくなった
そしたら仕事中に母ちゃんから電話が鳴ったんだ。
「ばぁちゃんが病院に搬送されたからすぐ来て」って
仕事ほっぽり出して急いで行ったら結構元気で
ばぁちゃん普通に「来てくれたんかーありがとう」って。

それに対してどうゆうことだよ!って怒ったんだ。
今思ったらどうもなかった事にもっと喜べばよかったって思うよ。

すぐ老人ホームに帰れたばぁちゃんは病院にはもう戻りたくない!
って笑ってた。
でもそっから一気に弱って行っても話すことが減って、
飯も食わなくなった。ほとんど寝てた。

でも病院だけは嫌だって言うし老人ホームで
看取ってもらうことになった。


584: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/01 15:55:05

そっから毎日仕事昼に終わらして昼から夜まで
ばぁちゃんのとこに行ってた。
どんどん弱っていく姿見てもう話せなくなって相槌くらいしか
うてないばぁちゃんに今日は仕事でこんなだったとか
天気の事とかいっぱい話した。

帰る時間になってまた明日!って声かけたら
いつも「ありがとう」って言ってたのが
弱い声で「ありがとう。もういいんよ。」って言うんだ。

それでも明日も来るから!って声かけて
部屋からでた瞬間に泣き崩れたよ。
あーもう駄目なんだなって。

翌日行ったら苦しそうに息してて
話しかけてももう相槌も帰ってこなかった。
枕元見たら死んだじいちゃんの写真置いてんだよ。

我慢できなくなって泣きながら
もういいよ、ばぁちゃん苦しいやろう、じいちゃん迎えに来てあげて。
もうばぁちゃんも頑張らんでいいって言って帰ったんだ。

帰り際にばぁちゃんが小さい声で「ありがとう」って言った。


585: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/01 15:58:00

家に帰っても涙止まらなかった、
寝ようって部屋真っ暗にしても寝れなくて気づいたら夜中2時すぎてたんだ。
仕事の時間が早いから普段なら寝てる時間なんだよ。

そこで家の電話が鳴ったんだ。
番号見なくても分かった。ばぁちゃんがもう駄目なんだなって。
すぐに母ちゃん起こして泣きながらばぁちゃんとこに行ったんだ。

着いた時にはもう死んでて、見た瞬間に頭が真っ白になったよ。
寝てだけみたいな顔してんだもん。

手続きも終わって霊安室に入る前に時間をもらえた。
もう動かなくなったばぁちゃんにずっと話しかけた。
手握ったら冷たくて話しかけながら最後まで一緒にいた。

未だに死んだ実感が湧かないんだ。

なぁ、ばぁちゃん。
こんなひ孫でごめんなぁ、何もしてやれんでごめんなぁ。
夜叉孫抱かせてやれんでごめんなぁ。
結婚する姿見せてやれんでごめんなぁ。
そっちはどんな感じかな?こっちは悩み多くも頑張ってるよ

もう23になるが今でもばぁちゃんが大好きだ。



人気記事
「祖父母」 カテゴリの関連記事
[ 2013/07/18 22:01 ] 祖父母 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。