人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

親切と深切について

□ いい人・やさしい人のお話 11 □
10: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/11/29(水) 21:26:23 ID:fdl153Db

前スレで出てた<「親切」と「深切」>

*******
《親》とは『同姓の人=(立と木を合わせた文字)』『相見る=見』と言う字の組み合わせで親しい人と言う意味、
《切》とは『刃物がじかに当たって肌身に応える』と言う意味で使われています。
つまり、身近にいてぴったりとくっついている人と言う意味があったのです。

《親》と言うと現在は、両親の事をさしていますが、この時代は親族などの事で、
本当の両親の事は『最も親しい同姓人』として《至親》と呼んでいたのですが、それが略されて《親》になったのです。
もっともこの《親切》には現在の意味はなく、あくまでも『身近で寄り添っている人』と言う意味しかありませんでした。

もう一つ関連した言葉として、中国には《深切》と言う物もあって、
この言葉も日本にも入ってきて797年に書かれた『続日本記』にも出て来ます。
《深切》とは『深くはなはだしい事、とくに心入れの深い事』を意味している訳で、
意味的には現在の《親切》に通じる言葉だったのです。

それが、いつしか同音で意味的にも近いと言うこともあって室町時代あたりから混用されるようになったのです。
明治時代までは漢字表記は《親切》《深切》以外に《信切》《心切》などもあり、
昭和に入った頃に現在の《親切》に統一されたと言われています







11: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/11/30(木) 00:47:50 ID:Rv0hjVHo

>>10
親切と深切について聞かれていたのは俺だがフォローありがとう
だが俺が本で読んだことと内容が違うな
だがありがとう


12: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/11/30(木) 10:57:55 ID:N4CYG2Ii

>>10はいいやつ


13: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/11/30(木) 13:12:12 ID:O/9JpZLS

>>11もイイヤシ。



人気記事
「その他」 カテゴリの関連記事
[ 2015/09/11 21:30 ] その他 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。