人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

お通夜の時のお坊さんの言葉が印象的だったから書き込む

【感動の】心温まるいい話2【大作】
413: ほんわか名無しさん 投稿日:2007/04/09(月) 01:56:02

今日中学の友達のお通夜に行ってきた
別に中学時代対して話したこともないやつだったけど
やっぱ誰かの「死」って悲しいな
お通夜の時のお坊さんの言葉が印象的だったから書き込む
人、生物としてこの世に生まれた限り「死」というものは免れる事が出来ない
死はこの日本のいや世界のどこかで毎日やってくる日常です
その日常は毎日テレビのニュース、また新聞などで記事としてでます
それを見てあなたは何か思いますか?たぶんなにかしら感じるとしても
それについて深く考える事はないと思います
人は他人の「死」という日常に慣れすぎて「死」というものの本当の意味を知る事が出来ません
しかし身近な人の「死」、非日常に直面したときあなたは深く感じるはずです
「死」というものは日常でありながら非日常でもあるのです
非日常の「死」に直面したときあなたは深い悲しみを感じるはずです
この悲しみは18歳の若き少年が身をもって私たちに示してくれたのです
今一度「死」というものを考えてみてください

通夜が終わってからだいぶ時間経ったから軽く自分なりの考えも加わってしまってるかもしれない
この文章を書き込みながらケツメイシの「涙」聞いたらちょっと泣いた







427: ほんわか名無しさん 投稿日:2007/04/14(土) 02:48:44

>>413悲しいのは死ぬことではない忘れることだと・・・
心を亡くすと書くからね



人気記事
「死別」 カテゴリの関連記事
[ 2014/09/02 21:30 ] 死別 | CM(1)

■コメント

こんな坊さんのお話を一度でいいから聞いてみたい。

うちの近くの生臭坊主ときたら、この前、不退去罪で逮捕されやがった。

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。