人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

「死なないよね、死なないよね」とベソをかきながら、 夕飯も食べずに何時間も同じ台詞を繰り返していました。

202: ほんわか名無しさん 投稿日:2007/06/28(木) 21:57:52

子どものころ我が家にはマルチーズがいました。名前はそのまま「チーズ」。
私の産まれる前から家にいて、私のお兄ちゃん的存在でした。
そのチーズが死んだのは8歳のとき。
最期の半年間は、日に日に寝ている時間が増えて、餌も食べなくなっていましたが、
なにぶん子どもだった私は、「すぐ元気になる」くらいに考えていました。

そしてその日、学校から帰ってきた私は両親にチーズがもうすぐ死ぬと教えられました。
最初は嘘だと思いました。でも、急いでチーズの所に行っても、ちょっと目を開けただけで動いてくれません。
でも、事実と分かってもやっぱり認めたくありませんでした。
抱きかかえて「死なないよね、死なないよね」とベソをかきながら、
夕飯も食べずに何時間も同じ台詞を繰り返していました。

そして夜中、チーズの体がふっと軽くなったと思ったら、ずしっと重くなりました。
脚がダランと下がって、もう、いくら呼んでも動いてくれません。
体がだんだん冷たくなっていくのが、はっきりと分かって、
それが怖くて、あっためてあげないとホントに死んじゃうと思って、
服の中に入れて必死に抱きしめても、温もりは戻ってきませんでした。







203: ほんわか名無しさん 投稿日:2007/06/28(木) 21:59:18

でもやっぱり認めたくなくて、チーズを抱いている私に父が、
「チーズは死んだんだ。寝かせてあげなさい」と言うので、
「死んでないもん! 生きてるもん!!」と言ったら、思い切りほっぺたをぶたれて、
チーズを取り上げられました。
頭の中がぐちゃぐちゃになった私は、あたりのものを手当たり次第父に投げつけ、
自分の部屋に駆け込んで、わんわん泣きました。

やがて、そのまま眠ってしまい、起きた次の日、全部夢じゃないかと思ったけれど、
下に降りていったら、やっぱりチーズは毛布に包まって冷たいままで、私はまた泣きました。

そして数日後、チーズのお墓を作った時、父が言いました。
「チーズはな、お前のお兄ちゃんだったろ。だから最期にお前に命の大切さを教えていったんだ」と・・・。

チーズは、命の重みと儚さ、そして命は自分だけのものではないということを、
子どもの私に身をもって教えてくれました。
20年以上たった今でもそれは私の宝物です。

どこかで聞いたような話で失礼しました。


204: ほんわか名無しさん 投稿日:2007/07/01(日) 23:42:53

いつかチーズに会えますように



人気記事
「ペット・動物」 カテゴリの関連記事
[ 2014/08/29 12:01 ] ペット・動物 | CM(1)

■コメント

がんばれバタコさん。

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。