人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

おにぎり食べれば良かったって、何回も後悔した。

852: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/12/30(土) 06:16:35

おじいちゃんが生きてる頃、私はおじいちゃんのことが嫌いだった。
小1の時、母親の鬱の療養の為に1年間、おじいちゃんらのいる田舎に住んだ。
おじいちゃんは、お酒をよく飲んだし、いつも怒ってるみたいで恐かった。それも嫌だったし、私の大切にしてた物を捨てさせられた時に、子ども心に傷ついて「おじいちゃん嫌いや」と思ったのを覚えてる。


母の鬱が良くなって今の家に帰ってきて、おじいちゃんに会うのは夏休みしかなくなった。


それでも、私はおじいちゃんが嫌いなままで、おじいちゃんと会えた最後の夏休みでも、おじいちゃんが作ってくれたおにぎりを食べなかった。



おじいちゃんは肝臓が悪くて死んだ。
お酒のせいなのに、死ぬまでお酒をやめられなかったらしい。
お葬式の日、私は大泣きして、本当はおじいちゃんのこと嫌いなんかじゃないよって、心の中で何回も何回も叫んだ。
おにぎり食べれば良かったって、何回も後悔した。







854: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/12/30(土) 06:19:55

おじいちゃんが死んでから、3年程たったある日、母がこう言った。
「おじいちゃんにね、○○(私の名前)のことを大切にしんさいって言われたことがあってんよ。あんないい子はおらん、あんたのことを助けてくれるようになるけぇ、大事に育てんさいって。」

思い出してみたら、私が母に怒られて家の前に立たされてた時も、止めてくれたのはおじいちゃんだった。
漁の船に乗せてくれたり、一回もプレゼントをもらったことなかった私たちにクリスマスの日、枕元にプレゼント置いてくれてたのも、おじいちゃんだったね。


853: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/12/30(土) 06:17:51

今更おじいちゃんのことが大好きになっても遅いけど、本当にいいおじいちゃんだよ。
ずっと覚えとくよ。

嫌っててごめんね。
おじいちゃんは気づいてたかもしれないね。
ごめんね。

また遊びに行ったら、お墓参りして、みかんの木の手入れしとくね。






昨日(12月29日)がおじいちゃんの7回忌だったので、思いの丈を書いてみました。
泣ける話じゃなくてすみませんm(_ _)m

ここのスレでかなり心が暖まりました。
ありがとう


855: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/12/30(土) 06:23:56

ごめんなさい!!
>>854>>853の順番が逆でした。orz
逝ってきます…



人気記事
「祖父母」 カテゴリの関連記事
[ 2014/08/09 10:01 ] 祖父母 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。