人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

何故かその日だけは一瞬誰かに呼ばれた気がして、目覚ましも鳴らないうちに目が醒めた。

596: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/11/03(金) 10:51:39

良い話かどうかわかんないけど…昔の話します。


高1の時突然母がペット飼いたいとか言い出して、我が家に一匹のハムスターがやってきた。

なのに何故か私が世話係にされてたw
始めはしょっちゅう噛まれて餌やるのも怖かったけど、慣れてきちゃうと可愛くて。私の手から直接餌食べた時には感動すら覚えたな(〃´`〃)

その頃になるとハムスターの方も家に慣れたみたいで、私がケージに近付くと察知して巣から出て来てくれるようになった。部屋に離して遊ばせたりもした。家族みんなニコニコして見守ってたよ。

本当に可愛かった。立派に家族の一員だった。ずっと一緒にいられると思ってた。




家に来て2年目の冬に腹部から出血した。

動物病院の先生からガンだと告げられた。正月は迎えられないかもしれないと言われた。
『おいしいものを食べさせて、最期まで幸せに過ごさせてあげてください』
という酷な言葉が頭の中で何度もぐるぐる回って、それ以外は何も考えられないまま真冬のクソ寒い道を涙で顔をグシャグシャにしながら歩いた。病気にしてごめんごめんって気持ちでいっぱいだった。あんなに家が遠くに感じた事は無かった。








597: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/11/03(金) 11:07:56

それからは目に見えて体重が減っていって、フワフワだった毛並みも色つやが格段に悪くなった。

そんな姿が痛々しくて、毎晩泣いた。
だけど、一緒に居られる時間は残り少ないかもしれないけど、だからこそその一瞬一瞬を大事にしようと思って、世話頑張ったんだ。
一回体調が持ち直したように思えた日もあった。

だけど別れはある日の朝やってきた。

ハムスターが死んだ。
ガンの患部が大きく膨らんでもう動くのも辛い体だっただろうに、死の間際に顔を見せに巣から這い出てきてくれた。
そしてそのまま動かなくなって、冷たくなった。
家族で小屋を囲んで、年甲斐も無く子供みたいに泣いた。


私はいつも寝起きが悪くて、ベッドから起きるのも時間がかかるのに、何故かその日だけは一瞬誰かに呼ばれた気がして、目覚ましも鳴らないうちに目が醒めた。

ハムスターが逝ったのはその直後だった。
多分あの子が最期に私を呼んでくれたんだと思う。


お墓は玄関の脇に作った。今も毎朝挨拶して学校に行ってる。

少し肌寒い季節になると、今でもあの動物病院からの帰り道を思い出す。


ここまで読んでくれてありがとう。自己満な文章でごめんなさい。


598: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/11/03(金) 11:50:39

>>597
。・゚・(ノД`)・゚・。ウエ-ン


599: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/11/03(金) 12:18:20

>>597
( ;ω;)ブワッ



人気記事
「ペット・動物」 カテゴリの関連記事
[ 2014/07/31 18:01 ] ペット・動物 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。