人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

おかあさん、どんな気持ちであのケーキを一人で食べたのか

849: 癒されたい名無しさん ID:Bz8IU0uy

ちょっとスレ違いかもしれんけど。

ずっと昔のこと。
俺が小学生の低学年のころ。
うちの両親は共働きで父親はタクシー乗り、母親はお店をしてて
二人とも帰ってくるのは深夜近かった。

一人っ子の俺は、学校から帰ると、いつも一人で
晩飯食って、風呂に入って、テレビ観て。しばらくしたら、一人で寝る。
そんな毎日を過ごしてて。

一人っ子で、家に誰も居ないなんて、自由で羨ましいなんて言う人も居るけど
これが結構寂しいもんよ?

寂しくて、寂しくて。時々泣いたりもした。
それでも、いくら泣いても、やっぱり一人で。
母親の店に電話したりして、困らせてしまったことも何度かあって。

そんな母親は焼肉屋をやってまして。
当時の焼肉屋ってのは、土建屋のおっちゃんらがメインの客層で、
そんなお客たちを相手に母親はひとりで夜中の2時まで一生懸命働いてたんよ。

今考えると、元気なおっちゃんら相手に、女一人で夜中まで相手するのは
色々と大変だったと思うよ。

俺もガキながらに、その大変さを何となく感じ取ってて
そんなに文句言ったりすることは無かったと思う。(たぶん







850: 癒されたい名無しさん ID:Bz8IU0uy

849の続き

そんなある年の、俺の誕生日。
母親の店は、木曜日が定休日。
その年の俺の誕生日はちょうど木曜日だった。

それまで誕生日会とか呼ばれたことはあっても、友達を呼んだことも無いし
それどころか、家族とすら過ごしたことも無かったんよ。
まぁ、父親がそういうイベントとかは無駄だと言ってたこともあるし、
クリスマスとかもうちは無かったから。

実際、貧しい家だったしね。

でも、その年の誕生日はそれまでと違って、お母さんはお休みなんだ!って。w
何ヶ月も前から「二人でお誕生日しようね。」って約束してた。
俺の記憶には初めて母親と一緒に誕生日を過ごせる日。
ほんと、楽しみにしてた。

プレゼントなんていらない。
ごちそうも、ケーキもいらない。
おかあさんと一緒に誕生日がしたい。

まだガキだったからw
でも、それだけが楽しみで、毎日毎日誕生日まで、
指折り数えて待っていた。

でもその日、学校から帰って来ると、母親は居なかった。
テーブルに大きなケーキがあっても、母親は居なかった。

いそいで店に電話したら母親が出た。

「ごめんね。お客さんにどうしてもって言われて・・・ごめんね。」

お客さんに頼まれて、仕方なくお店を開けたそうだった。
お得意さんだっただけに母親も断りきれなかったんだろうと思う。

でも、
ずっと楽しみにしてた今日をいきなり裏切られたような気持ちになったこと。
電話の後ろの方で聞こえるお客さん達の騒がしい笑い声と対照的に
静かな家に一人っきりな自分。

とても惨めな気持ちになって、電話の向こうで謝る母親に
酷いことを言って、切ってしまった。


851: 癒されたい名無しさん ID:Bz8IU0uy

これで最後です。

それから数時間後に母親は帰って来た。
「遅くなってごめんね。ケーキ、いっしょに食べよ?」という母親。
でも俺は、「もういらない。」そう言って、自分の布団にもぐり込んでた。

「自分の誕生日より、お客さんの方が大事なんだ!」ってずっとすねてたんだよな。

それでも、「ごめんね。ほんとにごめんね。」そう言って母親はずっと俺に謝ってたっけ。

あの時食べなかったケーキ、結局どうしたんだろ。
いくらかはお母さんが食べてたんだよね。
でもとてもじゃないけど、一人で食べきれる大きさじゃなかったし
結局捨てたんだろうね。

ごめんね、おかあさん。
おかあさん、どんな気持ちであのケーキを一人で食べたのか
どんな気持ちであのケーキを捨てたのか
それを考えたら、胸が詰まる。

ほんとは祝ってあげたかったんだよね。
悲しい気持ちになったのは俺だけじゃなかったんだよね。
ごめんねお母さん。
ありがとお母さん。

あのときのケーキ、どんな味がしたんだろ。
今でも時々、そう思うことがあるよ。


852: 癒されたい名無しさん ID:Bz8IU0uy

長文&駄文で失礼しました。


853: 癒されたい名無しさん ID:kE0hePXh

>>849
わかる。私もひとりっ子だから
父は自営業。母は小一の時に病死。父の帰りは深夜で、帰ってこない日もあった。女の人が来た日もあった‥

あの家の静けさってたまらなく悲しくなるんだよね。

小さいながらにもたくさん考えてた。

今年私は社会人になる。色んな経験してきた。それでも一人でいる家の静けさは昔を思い出させる。悲しくなる。

どこかで常に孤独を感じてる。


854: 癒されたい名無しさん ID:eVACaPp1

>>849
おまえ、優しくていいやつじゃないか。(つД`)


855: 癒されたい名無しさん ID:5gWTi240

>>849
>>854に同意。
きっとお母様は優しい子に育ってくれて喜んでると思うよ。


856: 癒されたい名無しさん ID:gWqTbhm3

>>849
私は両親共働きだったけどおばあちゃん家に帰っていたので、
子供の頃にそんな孤独を感じる事が皆無だった。
むしろ早く一人暮らしがしたくてたまらなかったぐらい。俺に自由をくれと。

でもこういうレス見るたびに思うけど、
それってホントに贅沢な無い物ねだりっだったんだなと思う。

毎日の夕食時や風呂に入れとうるさく言われたりする何気ない日常が、
ホントはスゴくかけがえのないものなのだと今更ながら思う。


857: 癒されたい名無しさん ID:m4zoKkfV

いい親になれよ
つдT)グス


858: 849 ID:OjyfwCA7

今は母親の店を継いで、頑張ってます。
結婚もして、兄弟の多いかみさんには
何だかんだと言われたりもしてますが
そういう日常がとても幸せで愛しく感じています。
とても幸せです。


860: 癒されたい名無しさん ID:1q6B768o

>>849 電車の中で読んでたら、うるうるしてきちゃったよ。



人気記事
「母親」 カテゴリの関連記事
[ 2014/06/26 18:01 ] 母親 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。