人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

これからも俺は姉萌えで生きていこうと思います

639: 癒されたい名無しさん ID:yqCayAjN

533 名前:409[sage] 投稿日:04/11/15 02:44:14 ID:1den4eJL
とりあえずレシピに従ってケーキを作る
途中怪しい箇所がいくつか…
出来上がりを見たらなんとか大丈夫そうで安心した
あとは板チョコにHappy Birthdayとか書いてみた
うわ、チョコムースに板チョコ…チョコだらけ…ま、いっか

姉帰宅、玄関まで迎えに行く
「何よぉ、いっつもそんなことしないくせにぃ~」
などと言ってちょっと照れる姉が可愛い
「じゃあいっつもしよっか?」って冗談半分で言ったら、
「おお、いいねぇ~」とか言っちゃってる姉

居間に行く前に着替えるとのことで、部屋まで付き添う
喜ぶ顔を思い浮かべながら着替えるのを待ってた

姉が着替え終わり、居間に行く
おめでとう、とオヤジやお袋が言う
飼ってる猫も姉に擦り寄る
「おねーちゃん、お誕生日おめでとう」
バースデーカードを手渡す







640: 癒されたい名無しさん ID:yqCayAjN

534 名前:409[sage] 投稿日:04/11/15 02:56:45 ID:1den4eJL
早速冷蔵庫からケーキを取り出して切り分ける
「わぁ、今年は手作り?」姉大はしゃぎ
もちろん姉の分にはチョコのプレートを乗せて
「改めて、お誕生日おめでとう」
さすがにロウソクは立てなかったけど、キャンドルに火を灯して雰囲気を味わってもらう
姉は終始照れていた、というのもこんな大掛かりな誕生日祝い、俺の記憶ではした覚えがない
姉はもう成人してるし、今更誕生日なんて…って感じだったし

姉がケーキを口にした
ゆっくりゆっくり味わってる…
感想が早く聞きたいってば…
もう一口食べる
うう、早く感想言ってくれぇ…
一向に感想を言ってくれる気配がない
耐え切れなくなって聞いてみた
「どう?」
「うん、美味しいよ」
姉が素っ気無く答える
お袋が作ったって思ってるのかな…?


641: 癒されたい名無しさん ID:yqCayAjN

535 名前:409[sage] 投稿日:04/11/15 03:07:31 ID:1den4eJL
ケーキを食べ終えた姉はすぐに部屋に戻った
俺も自分の部屋に戻った
書いておいた手紙を取りに戻るためだ
バースデーカードに挟んでおこうかと思ったけど、親の前だと恥ずかしい

ノックして姉に部屋に入っていいか尋ねる
「いいよー」
ちょっと眠そうな声で答える姉
案の定、ベッドで横になってた
「はいこれ、今年は大したことしてあげられなかったけど、お誕生日祝いってことで…」
手紙を渡す
「今読んでいいの?」
興味津々って表情で聞いてくる
「うん、でも声に出して読んだら照れるよ」
その言葉を聞いて、意地悪にもにやにやしながら最初の一行を大きな声で朗読しだす姉
「いじわるー」と拗ねてやった
でも読んでるうちに次第に表情が変わっていく
目がうるうるしてきた


642: 癒されたい名無しさん ID:yqCayAjN

536 名前:409[sage] 投稿日:04/11/15 03:26:11 ID:1den4eJL
読み終えたのか、俺のほうを見てくる姉
「字、間違えてたぞぅ?」
ぐはぁ…やっちまった_| ̄|○
「でも、ねぇさん嬉しいよ…」
少しだけ姉の目から涙が零れ落ちた
「こんな嬉しい誕生日、初めてかもしれない…」
本当に嬉しそうな表情を浮かべる姉
「実はさ、気づいてるかもしれないけど、あのケーキ、俺が作ったんだよ」
それを聞いて姉は大泣きしだした
俺をぎゅっと抱きかかえて頭を撫でてくれた
「そうだったんだ…。ホントいい弟をもったよ…、○○(俺の名前)のねぇさんでよかった…」
そんな大げさな…とは思ったけど、その言葉が嬉しくてたまらなかった
「去年あげたストラップ、大事そうにまだ付けてくれてるからさ、今年も何かしてあげたいなって…」
「うん、だってこのストラップ、すっごい可愛いんだもん…○○が作ってくれたんだし、大事にしないはずないじゃん」
その言葉に、俺も半泣き状態
おねーちゃんの弟でホントによかった、心の底からそう思えた
「じゃあ、ねぇさんがお礼に…」
ほっぺにキスしてくれた姉…
「ほっぺかよ!」って精一杯強がって言ったものの、俺も涙を止めるのに必死で…
抱きかかえてくれてる姉のあたたかさに、ひとときの幸せを感じながら…
「来年も、楽しみにしててね、今度もびっくりさせてやるから」
「ねぇさんも、○○の誕生日、びっくりするようなお祝い考えてあげるね」
それじゃ、と姉の部屋を後にした

その後自分の部屋に戻って大泣きしたことは言うまでもありません
あんな嬉しそうな表情の姉は久しぶりに見ました
あったことをただ単に羅列して推敲もせずに書き込んだので読みにくいかもしれませんが…
このスレの住民には本当に感謝しています、ありがとうございました
これからも俺は姉萌えで生きていこうと思います



人気記事
「兄妹」 カテゴリの関連記事
[ 2014/06/20 10:01 ] 兄妹 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。