人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

あの店員のおかげで距離が近づいた。Thanks!

214: 癒されたい名無しさん ID:kYyGzt35

ぃぃ思い出です…軽く聞いてください。
映画を二人で観て、ご飯を食べにいった。この時、すでに俺は好きだったが、きっかけがつかめず思いを伝えれていなかった。席に座り、メニューを見ていた彼女、(当時はまだつき合っていなかった…)Mが二つのメニューで迷っていた。店員に聞いてみる。
「おすすめってどっちですかぁ?」
店員は四十を越えた、落ち着きのある女性だった。
「どちらもおすすめですよ。よろしければ彼氏さんと一つずつ頼んで、食べさせていただいたらどうですか?」
2人で恥ずかしながらも注文した。あの店員のおかげで距離が近づいた。Thanks!
外にでる。俺は近くの公園に誘った。いつも通りの、他愛もない会話が続く。続く。続く… と、雨が急に降ってきた。俺達はとりあえず避難。雨宿りをしながら話していた。
「雨よ止むな!」
と思っていたのは俺だけだっただろう。しかしこれが止まない。Mは困っていた。Mは家から電車で来ていたが、電車は当分来ない。この場には、俺の自転車と傘が一本あるのみ。自転車だと一時間はかかる距離。
俺の決断は正しかったのだろうか?

「後ろ乗り。いつまでも待ってられんし、遅くなるやろ。Mは傘さして道案内してぇや」

その後一時間、雨に打たれながらも家まで送った。その時の俺には、体温がないくらいの勢いだった。と、ふいに俺の手を握ってきた。いつもと違うMの表情。決意した。
「今ようやく言える、好きだったんだ…だから、つき合ってくれないか。」
あれからまだ2ヶ月。これからもずっと幸せな2人でいることだろう…。
雰囲気壊す余談だが、その日童貞卒w
以上、あまり構成力のない駄文終。読んでくれた方は感想を書いたりしてくれると嬉しいです。まぁ叩かれるくらいならスルーで構わないけど…スルーしてくれた方はそのままでドゾー。







215: 癒されたい名無しさん ID:k+UvaFjZ

>>214
感想ねぇ・・・読んでる間は強烈なオチを期待してしまったよ。
まぁコレは俺の中の人が勝手に期待しただけなのだが・・普通に答えるなら「おめでとう」だな。

ただ疑問がひとつ。

>Mは困っていた。(略)、電車は当分来ない。

「次の電車はまだ当分来ない時間」に帰ろうとしたり、駅に着いたりするからMは困ったんだろ?
それまで雨宿りしてたんだから、次の電車が来る時間まで 雨宿り名目で 茶ぁ飲みに行くなりカラオケ行くなり
駅で話しでもしてれば良かったんじゃないの?
でも、雨の中びちょ濡れでチャリで しかも2ケツで一時間もかかってしまう と、いう大リスクを選択するのだから
次の電車は3時間程は来ない状況だったんだろ?そうだろ? でなきゃオッちゃん、朝飯 胃から逆流モンだぞ。



人気記事
「恋愛」 カテゴリの関連記事
[ 2014/05/26 16:01 ] 恋愛 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。