人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

ばあちゃんが死んでからその猫の居場所はなくなっちまった。

814: 癒されたい名無しさん 2004/09/28 06:55:00 ID:1XnXB//a

久々に良スレハケーン!漏れにも書かせてくれ…
 
漏れの実家は広島にある。家は結構大きいほうで、なんとか自慢できるくらいの庭もあった。
うちをここまでにしたのはばあちゃんとじいちゃんのおかげだ。戦後すぐに海軍から帰ってきたじいちゃんは、ばあちゃんと二人で会社を始めた。

その会社を二人で一生懸命大きくして、やっとじいちゃんも親父に跡を譲った頃、ばあちゃんが死んだ。
心臓病で半年ぐらい入院してからの大往生だったよ。でね。

その死んだばあちゃんは大の猫好きで、捨て猫を見ては拾ってきて、俺が物心つく頃には家には5匹くらいの猫がいた。
そのうちの一匹に「ミーコ」ってメスの三毛猫がいたんだ。そいつはばあちゃんと同じぐらい年行ってて、うちの猫の中でも威厳を保ってたかっこいい猫だった。

そいつはいつもばあちゃんの背中に乗っかって、散歩する時もいつも一緒だった。はたから見ればその姿は「妖怪かよ!」と思われても不思議じゃなかったと思うね。

でも、ばあちゃんが死んでからその猫の居場所はなくなっちまった。
いつも乗っかってたばあちゃんのあの背中がなくなってから、ミーコは毎日縁側でぼーっと庭を見てた。
ばあちゃんが大好きだった庭を見ながら、毎日そうしてたんだわ。
俺ら家族はミーコの元気が出るように、話しかけたり撫でてやったりするようにしてた。
でも、ある日親父が縁側でぐったりなってるミーコを見つけたんだわ。びっくりして病院に連れて行ったら、老衰でかなり弱ってます、って。

そりゃもう二十数年生きてきたような化け猫だったから、仕方ないとは思ったよ。家に連れて帰ってから、みんなで介抱してあげた。
そうしたらある日、じいちゃんがミーコの様子を見に来たんだ。するとミーコのやつは、思い出したようにじいちゃんの背中に登ろうとするんだ。

もう動く力もないだろうとおもってたのに。一生懸命爪立てて、必死で登ろうとするんだよ。
そしたらじいちゃんはガリガリになったミーコの体をそっと背中に乗せて、「庭を散歩してくる」って。

その夜にミーコは死んじまった。最後に庭が見れて幸せだったろうって、親父は言ってたよ。

で、うちの主みたいな猫だったんだ、通夜ぐらいはしてやろうってなったわけ。
んで家族一同集まって、ミーコの写真をばあちゃんの仏壇の横に飾って、ささやかな通夜を上げたんです。
人も猫もおらんようになって、さみしゅうなるのーって酒飲んでた。
そしたら、うちでミーコの次に年配のミルキーって猫が、じいちゃんの背中にちょこんと座ったんだ。
じいちゃん号泣。漏れも泣いちまったよ。何だよお前ら、猫のくせに人慰めてんじゃねーよ、って。

それ以来その猫はじいちゃんの背中が居場所になってる。でももし、じいちゃんが死んだ時、ミーコみたいに居場所がなくなるのはかわいそうだから、そん時は俺が背中を貸してやろうと思ってるよ。

でもじいちゃんにも猫にも、いつまでも元気でいてほしい。実家に帰ったら目いっぱい酒飲もうな、じいちゃん。

マジ駄文スマソ。







815: 814 2004/09/28 06:58:40 ID:1XnXB//a

スマソ、調子に乗って書いてたら字数制限で省略されてまったよ。


816: アフォ ◆tUt5V4leQQ 2004/09/28 10:24:04 ID:4qp89DI1

>>814
乙です~


817: 癒されたい名無しさん 2004/09/28 10:39:51 ID:MuKXNWc0

>>814
猫ってさ、人の気持ちを察するよね。
普段は、偉そうに高いところから見下ろして、用がないと近寄らないのに
凹んでると近くに来てスリスリしたり、目を見て鳴いたりさ。
彼らは人よりも深い精神世界を持ってる気がする。

おじいちゃんも猫タンも元気で長生きして欲しいね。


818: 癒されたい名無しさん 2004/09/28 15:15:21 ID:maOx+4kh

感動して泣いた(T_T)


819: 癒されたい名無しさん 2004/09/28 18:59:16 ID:IbiV1rH/

>そしたら、うちでミーコの次に年配のミルキーって猫が、じいちゃんの背中にちょこんと座ったんだ。
>じいちゃん号泣。漏れも泣いちまったよ。何だよお前ら、猫のくせに人慰めてんじゃねーよ、って。

この間死んじゃったけど、20歳の長生き猫を飼ってた私にも、この言い方の愛情がすごく分かるよ。
猫のくせに、って。
猫は、「猫のくせに」って言われながらも、その意味を知っていながらも、それを許して
なお気高く、人間を好きでいてくれるような愛があると思う。

なんか、涙でうまくレスつけられない。ごめん。


822: 癒されたい名無しさん 2004/09/29 13:22:49 ID:iyy2NDMk

>>814
いいお話をありがとん。



人気記事
「ペット・動物」 カテゴリの関連記事
[ 2014/05/16 22:01 ] ペット・動物 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。