人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

今自分が会社で働いていられるのは、あなたのお陰だと思っております。

820: おさかなくわえた名無しさん 2005/01/11 21:15:19 ID:vmI0Qj9x

新入社員で初任配属された部署は、激務で有名なところだった。
課長や部長もかなり厳しい人たちで、日々怒声が飛び交っているようなところ。
自分の直属の係長はそんな中で、ご多分に漏れずいつも課長に怒られていた。
係長の職責と言えばそれまでだが、俺らヒラの書類でも怒られるし、
部署の特性上、他部署のやった行動についてまで怒られるという理不尽もあった。
当然俺らヒラに厳しくなってもおかしくないのに、係長は諭す口調でいつも物を言った。

初任の年のクリスマスイブも、突然技術屋から持ってこられた問題で、
自分と係長で深夜まで残業した。
係長は自分のせいじゃないのに「悪かったね」と言って、寿司屋で奢ってくれた。
係長こそ家に子どもさんが待ってるじゃないですか、と言ったら、
「僕の家のクリスマスは明日本番やることになってるから」と見え透いた嘘を言った。

3年間一緒に仕事をした後、初任は3年で動くという慣例から自分は異動になった。
「多分君はここに戻ってくると思うよ、なんとなく」といって、係長は最後の日も寿司を奢ってくれた。
部署の雰囲気は嫌いだったが、自分の専門性を活かせる部署だったので、
係長の言葉は正直に嬉しかった。

今日会社で電話がかかってきた。前の部署の先輩からだった。
係長が(もう課長になってたけど)亡くなったという電話だった。
原因は病気としか聞いていない。明後日お通夜。

自分は我が強くて、指導しにくい新入社員だったでしょう。
今、自分が新人を指導する立場になって、あの頃の自分の生意気さ加減に腹が立ちます。
今自分が会社で働いていられるのは、あなたのお陰だと思っております。







821: おさかなくわえた名無しさん 2005/01/11 21:20:11 ID:5RzNq9e8

>>820
ええ話や・・・・゚・(つД`)・゚・



人気記事
「その他」 カテゴリの関連記事
[ 2014/04/11 16:01 ] その他 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。