人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

まだ耳は聞こえるから、言葉をかけてあげて、と。 でも…どうすりゃいいのかわかんなかった。いや、口が動かなかった。

205: おさかなくわえた名無しさん 2004/11/14 22:21:39 ID:FovbRy2j

小学三年生ごろの話。
父は入院してて、週一回ぐらいは母と一緒にお見舞いしてた。
入院から数年経ったころ、病院から電話がかかってきた。
病室に入ると、おばあちゃんと姉ちゃんと父の妹、看護士と医師。
その人たちがベットを囲んでた。
おばあちゃんと父の妹は、病院から遠いのに…駆けつけてくれたんだろうな。
みんな静かだった。けど、父の妹は泣き崩れてた。

おばあちゃんが私に言った。まだ耳は聞こえるから、言葉をかけてあげて、と。
でも…どうすりゃいいのかわかんなかった。いや、口が動かなかった。
しばらくすると、心電図が0になった。でも、三分ぐらい様子をみてた。
それから、医師が時刻を言った。ご愁傷様とかより先に、死亡時刻を伝えた。
そして、何人かで病室に残った。
不謹慎だけど気になって、父の顔にかけられた白い布をそっとめくった。

幸せそうな笑顔だった。

あのとき言葉をかけてられなかったのが、自分にとっちゃ一番せつない。
あとから知ったけど、ガンだったらしい。
随分経った今でも、思い出すと泣きそうになる。ときどき泣く。
切ないとか悲しいとかもあるけど、くやしくて。
出来るなら、伝えたい。ありがとうと、大好きを。

長文すいませんでした。







206: おさかなくわえた名無しさん 2004/11/15 11:30:30 ID:ZB54fD9a

ああ、私も同じ経験があるよ。
末期ガンでやせ細った父が幼い私に手を差し出したんだけど、怖くて手を出せなかった。
もともとの父は肉体労働派の体格で明るい人だったのに、やせ衰えた姿は別人・・・というか
人間じゃないみたいで、幼い私には畏怖の情景でしかなかった&状況を把握できてなかった。

後になって、なんで手を握ってあげなかったんだろう・・・と後悔したけど、歳月とともに浄化され、
それもまた心地よい無常観として残っている。


207: おさかなくわえた名無しさん 2004/11/15 20:40:00 ID:mUaxU+2p

うちは死に目にあえなかったんだよね。
父の母(つまり祖母)がヘンな宗教にハマったり妙な話を聞き齧ったりで、
家から徒歩5分のところに日本でも指折りの大病院があってそこに入院してた父を
なんかよくわからない特殊な療法をやっている長野の山の方の病院へ無理矢理転院させ、
母はずっと泊まり込みで付き添いで、まだオムツはずれたばかりの弟だけつれて、
私と姉(幼稚園児)は親戚のおばさんや知り合いのおばさんが面倒見てた。
2ヶ月か3ヶ月に一度、母が帰ってきたり、半年に一度くらい私と姉は父に会いにいってた。
私の5歳の誕生日に、父からおもちゃのピアノが届いた。
その数日後、知り合いのおばさんが「あさってお父さん帰ってくるよ」と言ったので、
私はてっきり、少し具合がよくなって一時帰宅が許されたのかと思い、
帰ってきた父がやきそばを作ってくれることを楽しみにしていた。
(父は無口な人で、声とか話したことの記憶は全くないのに、
 なぜかやきそばを作ってくれたことだけは覚えていた)
でも帰ってきたのは御葬式のためだった。


208: おさかなくわえた名無しさん 2004/11/15 23:19:25 ID:aBMqNUmY

>>207
(´・ω・`)まあ、なんだ。その・・・がんばって生きろよ。


209: おさかなくわえた名無しさん 2004/11/16 02:39:44 ID:vtjL5PWC

そういえば、私(>>206)も死に目には会えなかった。
明け方になんだかざわついた雰囲気で目覚め、祖母の「お父さんもう駄目なんだって。」との
妙に穏やかな報告を、「そうなんだ」と、これまた妙に冷静に受け止めていた。

自分的には既に浄化されているせいか、>>205>>207は、切ないというよりは
神聖な想い出に触れる様な甘美な懐かしさをくすぐられる。

どちらかというと、死や別れそのものより白い布めくったり、焼きそば楽しみにしていた
心情の方に切なさを感じる。



人気記事
「父親」 カテゴリの関連記事
[ 2014/03/20 16:01 ] 父親 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。