人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

俺は、「これまで有難う、さようなら」 とだけ言った。その夜彼女は自殺した。

931: 大人の名無しさん 2005/03/13 01:05:12 ID:TozgOw3U

>>918
冷静で賢い方ですね。素晴らしい。
浅学なので、母親のあなたが今現在立派に育ててるのに
「子供を亡き夫の親族に取られる」という事態が起きるのか
どうかわかりませんが、どうぞ頑張って下さい。
法律が何よりの味方になってくれることを祈ります。


鬱で自殺した元夫の葬儀に出たら向こうの親族から責任押し付けられてしまい、
精神的に不安定になってしまった幼馴染を思い出してしまいました。

離婚の原因は元夫のDVなのに、死んでまで彼女を苦しめるのか。
「元夫を送りたい」という彼女の最後の責任感が結果的に彼女を追い詰めてしまった。
今では連絡すら取れない彼女は今元気なんだろうか。やりきれない気持ちです。







932: 918 2005/03/13 21:09:54 ID:jf8rgXnV

>>931

法律的にはおそらく大丈夫だと思いますが、
少子化などの影響で離婚後の孫の奪い合いなどの話を学校関係者からよく聞くのと、
夫よりも夫両親が結構癖のある人物だったので、ちょっと心配しています。

幼馴染さんの件、人事とは思えないです。
私もきっと元夫の家では、悪魔ぐらいの存在になっている気がします。

夫に対して「線香でも・・・」という気持ちはあるのですが、
元夫の親族や友人に何か言われそうな怖さのほうが先にあり、
私がここで崩れてしまったら息子が不幸になることを考えると、
葬儀などはもう知らないふりをしていくつもりです。


933: 大人の名無しさん 2005/03/13 23:22:47 ID:fNQx1tz3

>>931
貴女の御友人と俺は似た状況。

俺には結婚を前提にした彼女がいたが、彼女から他に好きな人が出来たの
で別れたいと電話でいわれた。数ヶ月も前からなんとなくそんな雰囲気が
あったので別れはあっさりしたもの。俺は、「これまで有難う、さようなら」
とだけ言った。その夜彼女は自殺した。

俺がそれを聞いたのは1週間後。葬儀すら出れなかった。
何がなんだかわからないまま、彼女との関係に対する質問を馬鹿正直に
答えたが皆俺が彼女を捨てたと考えた。冷静に説明しようとすればするほど
他人を自殺に追い込んだのに何ら反省してない奴と言われた。
友人・知人からののしられ、彼女のお父さんから殴られた。

3年ちょっと経って今でも何故自殺したのか訳がわからないまま罵られる。
最低の屑野郎と言われるのは慣れてしまった俺が悟ったような事を言うならば、
「事実が知りたくない(都合の悪い)ものであれば、より納得しやすい
材料を組み立てて理解したいように理解しがち。」
ってことかな。どうやっても状況は好転しませんね。

もし御友人に会うことができれば「私はわかっている」と声をかけて
ください。それだけで救われる思いになれます。


934: 931 2005/03/14 00:24:21 ID:mjWBa7E8

レスありがとうございました。これで名無しに戻ります。

自分のことではなく幼馴染のことなので事の次第をあまり詳しくは書けないのですが、
連絡が途絶える前に私が会った時、彼女の見た目は激変してました。
元夫の葬儀の件以来、40キロだった体重は100キロに、理由不明の借金も1000万円以上に。
後で知ったのですが私の親にまでお金の無心をしていたそうです(親はもちろん断った)
「人生が狂う」という言葉の重みを痛感しました。今はただ彼女の幸せを祈ることしか出来ません。


>>932さんのご選択はとても賢く、最善だと思います。
孫の奪い合いという話もあるのですね。頑張って下さい。
そして時が経ち、お子さんが人生というものを受け止められるようになった時、
>>932さんの御判断でお話なされば良いと思います。
故人に冷たいようですが、生きてる人間の生活が一番なんです。

>>933さんも辛い経験をなさったのですね。
死の正確な理由もわからずその責任だけを押し付けられる惨さは想像すら出来ません。
きっと周囲の人々はあなたを罵ることで喪失感を埋めよう、納得しようとしているのかも知れません。
でもそれは周囲の事情であり、冷たく言えば雑音でしかありません。
あなたの人生ともう切り離してもいい頃でしょう。御自分の人生が何より大事です。



人気記事
「恋愛」 カテゴリの関連記事
[ 2014/02/27 16:01 ] 恋愛 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。