人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

「ああ、逝ったな」そう思った。虫の知らせって本当にあるんだよ。

782: 大人の名無しさん 2005/02/19 00:52:28 ID:BCEt+1LV

親父が死んでもう2年になる。
酒が大好きで、本当に死ぬまで飲み続けてた。
職を転々とし、やっと入った会社も上司との折が悪く半年持たずに辞めてしまう。
家のローンを抱えながら、母は大変だったと思う。
でも、そんな親父でも俺は大好きだったんだ。

親父は元自衛官で、いつも自衛官の頃の自慢話ばっかりしてたな。きっとあの頃が一番輝いていた頃なんだろう。
そんな話しをガキの頃から聞いて育った俺は、高校卒業後自衛隊に入った。本当に喜んでくれたっけ。
俺はちょっとした出世コースに乗って、入隊後2年で当時の親父の階級を抜いたんだ。そしたら親父の奴
「俺も昇任早かったけど、お前に抜かれたなぁ。」
なんてニコニコしながら嬉しそうに酒飲んでた。
あの時はこれからも俺が帰省するたびに、いつものようにコタツで酒を飲んでる親父と、自衛隊の今、昔みたいな会話で
盛り上がっていけると思ってたんだ。







783: 大人の名無しさん 2005/02/19 00:53:26 ID:BCEt+1LV

2年前、職種関係の学校に入校が決まった。家の近所の基地がその場所だった。移動日数の関係で3日ほど実家に寄れる機会を
得た俺は、何を思ったか普段は絶対しなかったのに、酒屋で「久保田の萬寿」を買って帰ったんだ。親父と飲もうと思って。
そしたら、あんな酒好きの親父が、ちっちゃいコップに2杯しか飲まないんだ。おかしいな?とは思ったけど、さして気にも留めずに
翌日、基地に移動した。
その2日後、親父が入院したと母から電話があった。親父は前々から入退院を繰り返していたから、またいつものことだろ?って軽く考えてた。
しかし、肝硬変の末期で意識不明。医者は「よく生きてたな」って言ってた。
それから一週間後、苦しみながら死んでいった。
親父が危篤だからって休暇もらって、その休暇が切れて基地に帰ってる最中だった。途中、田舎道を車で走っているとき、急に激しい悪寒を
感じた。「ああ、逝ったな」そう思った。虫の知らせって本当にあるんだよ。
急いで駆け付けたんだが、もう心臓は動いてなかった。医者が気を利かせてくれて、俺が親父の元に駆け付けた時間を臨終の時間としてくれた。
親父の手を握ってみたんだが、まだ暖かかったんだ。寝ているようだった。母と妹が俺を親父と二人きりにしてくれた。
声に出して泣いちまった。親父の前で泣くのなんて、中学の時の大喧嘩以来だったな。
それから死の実感が無いまま葬儀が淡々と進んで、忌明けの会食では冗談を言いながら親戚と親父の思い出話に花を咲かせた。
葬儀も終わり親戚連中も帰って、ふと親父がいつも寝ていた部屋に行ったとき、涙が止め処なく溢れてきた。俺が親父の死を現実として受け止めたのはこのときだった。
親父が死んだときも葬儀中も、どこか遠い世界で起こったことで親父が死んだって事を認めていなかったんだと思う。
いつもここに寝て、テレビ見ながら酒飲んでたのにもうその姿も見られないんだなぁってぼんやり考えた時が俺の中で親父が死んだときだった。


784: 大人の名無しさん 2005/02/19 00:54:41 ID:BCEt+1LV

親孝行ってよく言うけど、親孝行って「よし!やろう!」と思ってするもんじゃないんだよな。居なくなってふと思い出したときに「ああ、あんな孝行できて良かった」と思えることが大切なんじゃないかな。
妹が居るんだけど、親父が死ぬ1年前に子供生んだんだ。親父もめちゃくちゃ可愛がっててさ。よくその子連れてコンビにまで散歩に行ってた。親父は隠れて酒買って飲んでたけど(笑)
親父が入院して意識が朦朧としてるときに妹が子供を連れてきたことがあった。
母ちゃんが「お父さん!○○が来たよ!この子の一歳のお祝い一緒にするんでしょ?」そう言ったんだ。そしたら意識なんてないはずなのに一生懸命起きようとするんだよ。抱っこしようとしてるんだよ。堪え切れなかったね。家族全員。
結局姪っ子の誕生日の次の日に息を引き取ったんだけどさ。ちゃんとお祝いしていったんだな。
妹と親父とは犬猿の仲で、事あるごとに対立してたけど、「お前はこの子を生んだのが一番の親孝行だね」って母ちゃんに言われたとき、初めて泣いてたなぁ。
俺は自衛隊に入って親父を追い越せたこと、最後に一緒に酒を飲めたこと、この2つが親父に対しての何よりの親孝行だったのかなぁって今になって思う。
あの時以来「久保田の万寿」は飲んでない。あれを見ると親父のことを思い出して飲めないんだよな。

今俺も親の次に俺のことを愛してくれる彼女が出来て、ゆくゆくは結婚かななんて思っている。妹夫婦とも仲がいいし、よく一緒に酒を飲むんだけど「ここに親父がいればなぁ」って思う。
親父は死ぬ前「俺が死ねば保険金やらでお前らもやっと楽が出来るな」なんて笑いながら言ってたけど、逝くの早すぎ。俺の子供の顔も見て逝ってくれても良かったんじゃね?
楽な暮らしより、親父がいて、妹夫婦と一緒に酒盛りして、俺の彼女にちょっとセクハラ働いて俺が怒って、そんな家族団欒がしたかったよ。


786: 大人の名無しさん 2005/02/19 01:38:56 ID:vg01ppOr

>親孝行って「よし!やろう!」と思ってするもんじゃないんだよな。
>居なくなってふと思い出したときに「ああ、あんな孝行できて良かった」
>と思えることが大切なんじゃないかな。

名言だな、俺も肝に銘じておきます


788: 大人の名無しさん 2005/02/19 18:55:53 ID:jMWTdBOf

>>786
本当にいい台詞だね。

記念日は祝うのではなく、その事柄について考える日であり、母の日は
母親に感謝する日ではなく、自分が母親に何をしてきたのかを振り返る日。

とガキのころ親父に言われた事を思い出した。
以来、特別な事はしないが俺なり親孝行しているつもり(勿論親父にもね)


789: 大人の名無しさん 2005/02/19 23:02:30 ID:ygaXz8hl

>>783
俺もそうだった。
父親が死んだとき、ずっと本当に現実のこととして受け止められて
いなかったんだけど、家に帰って父親の部屋に入ったときに急に
「ああ、もう父はいないんだ」という実感が出て来た。
そのときは心臓をぎゅっとつかまれたかのように苦しかった。
それからもしばらくは父のことを思い出すと胸が本当にずきずきと
痛かったんだけど、この頃はそういうこともなくなってただぼんやり
思い出すだけになってしまったのが寂しい。



人気記事
「父親」 カテゴリの関連記事
[ 2014/02/21 22:01 ] 父親 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。