人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

近親者や親しい人が若くして理不尽に亡くなると、自分を責めてしまう事が多いね。

129: 大人の名無しさん 2005/06/08 21:41:14 ID:8ccG4P6w

今日ふと、小学校時代にいたある生徒のことを思い出した。

その生徒は俺の1つ年下で、色白で、わがままなことで知られていた。
遊びの仲間に入れてやっても、「他の遊びがしたい」と駄々をこねるし、
帰る方向が違うのに一緒に帰ろうとせがまれ、俺達はいつも困惑した。
必然的に俺達は彼を避けるようになり、彼は独りぼっちになった。

彼が入学してから2年目の2学期の終業式、教頭から彼の転校が告げられた。
正確には「施設」への入所だった。
俺達はワガママが居なくなると心の中で喜んだ。

今日小学校以来の友人と電話していて、ふと話題が彼のことになった。
俺:「そういや、小2のころU(例の彼)っていただろ。あいつ今頃どうしてんだろ。
未だにワガママやってんのかなぁ。」
友人:「・・・お前、知らないの?あいつ、あの後2年たたないうちに死んじゃったんだよ。」

友人から簡単に告知された彼の死。彼がたった10才と少ししか生きられなかったこと。
電話の後、彼の死と「施設」と彼がワガママだった理由を
今になって反芻しているうちに、涙が止まらなくなった。

ごめんよ。もっと君のワガママを聞いてあげてればよかった。
いっしょに帰ってくれとせがむ君の余命はあと2年しか残っていなかったのに。
君のワガママは俺が全人生のなかでするわがままの1%にも満たないかもしれないのに。
俺は君に優しくなかった。一緒に遊んであげればよかった。

君の最後の学校生活で、君を独りにしてごめんよ。







131: 大人の名無しさん 2005/06/11 21:48:04 ID:UksB3iR5

>>129
後悔ばかりだよね。ちッちぇ頃って。

俺の後悔は、割と最近。
ちぇちぇ18の頃。

ねぇちゃんが、寝たきり状態になった。

そもそも、白血病で、病院を行ったり来たりの生活だった。
彼女がそんな生活の中、
俺は、ヴァカな思春期を迎えていて、
「普通にしてやる事が、彼女にとって大切」
なんてこと思っていて、
ずっと、冷たく当っていた。
病気になっても今まで通り、姉弟ケンカもした。
そこで何が大切かなんて気付かずに、
精一杯、思春期なりの普通を演じていた。
演じたっつうよりも、何も考えなかったって言った方が正しいかも。


132: 大人の名無しさん 2005/06/11 22:04:52 ID:UksB3iR5

ごめん、あげちゃった。
そんな中。ひさびさに面会?言った時に、
寝たきりで、全く歩けない状態になってた。
その前にも、危ない時期ってのはあったんだけど、
その時ほど、思春期中な俺でも、危険な状態を感じて、
不意に、めちゃめちゃ、あれまっくった手を触って、
「手が荒れてるなぁ」
なんて思ったわけです。
したら、

「わたし、死ぬの」

なんて聞き取りにくい声で聞いてきて、
おれは、
「えっ?」
なんて、率直に対応して それから、黙っちゃった。
実際聞き取れなかったけど、否定しなかった自分を、
今でも責めている。
あの時、いつものように冷たく
「はぁ?何言っての??」
なんて、言えていれば、
今、なんとか持ち直したり、
もっと長生きできたのかなって。

結局、自分を責めても、
何も解決しない。
ガキだった頃を、責めったって、
何も変わんない。
今の自分を変えるしか無いんだ。


133: 132 2005/06/11 22:18:18 ID:UksB3iR5

よっしゃ、自己満ごめん。


134: 大人の名無しさん 2005/06/12 23:52:31 ID:uS6PgCfP

近親者や親しい人が若くして理不尽に亡くなると、自分を責めてしまう事が多いね。
あれもできたんじゃないか、これもしてやれたんじゃないかって。
私もそうだった。

でも、自分を責めても何もならないと気づいてるなら、
いつか自分を許せる日がくる。
その時、お姉さんはきっと笑ってくれるはず。
もう亡くなられてるけれども、あなたの心の中のお姉さんは必ず笑ってくれる。
そんな日が早く来ると良いね。


135: 大人の名無しさん 2005/06/14 11:24:33 ID:CqTZbEk4

弟のいる姉の立場の私が来ましたよ。

>>131
姉弟喧嘩、お姉さんは苦笑しつつも喜んでくれていたんじゃないかなあ。
あくまで「自分だったら」という前提だけど、弟とは普通に接したい。
「わたし死ぬの」と言う言葉は、あなただから言えたんだと思う。
きっと親にも友達にも医師にも言えない言葉だろうから。

自分を責めるのはそろそろやめにしませんか。
天国へお引越しされたお姉さんは、向こうできっと元気にお過ごしですよ。


137: 132 2005/06/14 20:58:21 ID:oN3LoI8V

134さん,135さん。
本当に、ありがとう。

実は、前々からここの雰囲気が好きで、
ずっと書きたかったことでした。
でも、私のとても暗い部分にあったことだったので、
とても書き難かった。
少しでもそいつが表面に表すことができ、
御両人のリアクションが聞くことができ、
本当によかった。

とても感謝しておりまするm(__)m

ちなみに、酔っ払っていましたので、
青臭いとこは、読み流しておくれやす。



人気記事
「死別」 カテゴリの関連記事
[ 2014/01/02 16:01 ] 死別 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。