人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

病室に着くと父は酸素マスクを付けて横になっていたんだ

1: 夢見る名無しさん 2012/07/28 14:14:06

小学生のころの思い出話聞いてくれませんか?

ちょっとで良いので聞いて下さい。







2: 夢見る名無しさん 2012/07/28 14:17:32

始まりは学校1年生の授業中だった

俺はいつものように机に肘をつけ授業を聞いていた。

突然教室のドアが開いて教頭先生が「1君ちょっと出てくれ」と言われた


3: 夢見る名無しさん 2012/07/28 14:20:41

俺は悪ガキだったからまた怒られるのかな~と考えていた

しかし違った。
教頭が「1君、今すぐ帰る準備をしなさい」と言われた、俺は「なんで?」と言った
教頭は「お母さんが5分後に迎えに来るから」と言われ渋々帰る準備をした。


8: 夢見る名無しさん 2012/07/28 16:40:00

タクシーが校門の前に止まっていた。
母が乗っていた・・・
俺は先生にバイバイ言ってタクシーに乗車したのだった
母は神妙な顔をしていた・・・


9: 夢見る名無しさん 2012/07/28 16:43:20

俺が「どこ行くの?」と聞くと母は返事をしてくれなかった・・・

俺はちょっとムカついたが我慢した。
30分ほど車に揺られ俺は寝ていた・・・
目がさめた時にはタクシーは街中を走っていた・・・
そしてタクシーは某有名病院の前でタクシーは止まったんだ。


10: 夢見る名無しさん 2012/07/28 16:46:33

俺は眠かったので病院の椅子で座ったまま寝ていた。
母はボーっとしていた。俺は寝た
三時間くらいして目が覚めたときには兄と姉が横にいた
みんな暗い顔してた・・・


13: 夢見る名無しさん 2012/07/30 13:08:45

続きです?
みんな暗い顔してたから、小学生の俺でも察した訳よ・・・
俺が「お腹減った」って母に言ったら無視された、っていうか今考えれば無視というか放心状態だったのかな・・・

んで高校生の兄に売店にれてって貰った

gdgdになってきたので省略しますね

売店から戻って来たら母と姉はいなかった。兄がPHSで電話すると5階の病室と言われた。

薄々感じてはいたが父は大腸がんだったんだ(これを知ったの俺が中二になった時)

病室に着くと父は酸素マスクを付けて横になっていたんだ、俺は「大丈夫?」と父に言ったが喋ってはくれなかったが手を握ってくれた

それから長ーい闘病生活が始まるんだよ・・・


14: 夢見る名無しさん 2012/07/30 13:29:48

それから毎日母は病院通い。学校から帰って来ても夜6時まで誰も居なかった。夜6時位には姉が帰って来て毎日飯を作ってくれた(今では姉に凄く感謝してます)お世辞にも美味しいとは言えなかったけどね。
土日は病院にお見舞いに行く日々が続いた。その頃にはある程度父が手術ダメージを回復してたから普通に話せた、学校は楽しいか?とか色々話した。毎回その日の病院食(昼食と夕食)は父に強くなるために食べろと言われて毎回食った(どんどん俺は大きくなっていた横に・・・)
そんなのが半年くらい続いて退院した。当時俺はこんな直ぐ隊退院できるなら大した病気じゃないと思っていた

それからは楽しかったな今まで遊園地とか父の会社とか連れて行ってくれなかったのに急に連れて行ってくれた

週一ででっかい公園に連れっててくれた。父はベンチに座ってサングラス付けて俺を見ているだけだけどね(笑)自転車用の道路というか信号とかも設置されている(自動車教習所を自転車にしたみたいな感じ)

あと楽しかったのは父の会社に行った時だな。父は大手運送関係だったんだが会社創設からずっといた数少ない社員なんだけど、何回もクビにされかけたらしい(何回も会社に給料上げろとか色々活動したらしい)けど。ただ、他の社員からの信頼が凄くてつもクビにはならない

トラックに乗って契約先のデカイ冷凍室みたいなのに行った時はビックリしたぜ、巨大な10mくらいのデカイ扉が警告音とか赤いランプとか点滅した時は秘密基地だ!!って喜んでた覚えがある。鼻水は凍ったけど


15: 夢見る名無しさん 2012/07/30 13:43:02

あと会社の敷地で俺はポケバイ(電動小型バイク)を乗り回したりした(笑)
そういうのが2.3年続いた・・・

会社で父は倒れて入院した。一時は危篤になったりしたが半年位で退院してた。

でも父はどんどん痩せてった。筋肉が凄かった父もその頃にはガリガリだった。

退院して一か月位だろうか、父は会社を辞めた(会社に迷惑がかかるから。入院中も月50万位給料で貰ってた。病気になる前は月100万位貰ってたけど)

収入は殆どなくなった。けど父の金遣いは荒かった、プラモデル愛好家だったので戦艦とかいろいろなプラモデルを全部で100万位使った(しかも作らない)現在でもプラモは家の物置に沢山入っています

福祉車も買った。当時のトヨタのの中古(300万)を買ったその車はワゴンなんだけど車いすが付いててボタン一つで専用車いすを人乗せたまま下したりできた


16: 夢見る名無しさん 2012/07/30 14:00:13

福祉車で旅行に行ったりした定山渓ビューホテルの一番高い部屋に泊まった

父さんともっと風呂一緒に入れば良かったと後悔してる・・・

一年位介護生活だった。

父さんと家で過ごす時間はほとんど2人で戦争映画を見たりしてた(現在私は軍オタ)

俺が飲み物を取りにキッチンの方に行ったらリビングから「お父さん!!お父さん!!」と
母の大きな声がした。俺が見に行くと白目を向いていた・・・母がみか(俺の姉)をよんできて!!と言われた
俺は裸足のまま外に出て外で車の洗車してた姉を呼びに行った。姉と一緒に家に戻ってみると父は黒目になって母と喋っていた。
一応救急車を呼んで救急隊員が家に入ってきて担架に父を乗せようとしたら、父がキレた、「腰いてぇって言ってんだろ!!」(ヘルニアだったから)って救急隊員と口論になって5分位してやっと担架に乗り母と救急車で病院に行った(俺と姉は家に置き去り、姉は18歳くらい)

家で姉といつものまずい飯を食いながら大丈夫かな・・とか暗い会話してた


22: 夢見る名無しさん 2012/07/30 15:03:54

続きです。

次の日学校でずっとお父さんの事考えながら授業聞いてたら突然吐き気がもようして、手を挙げて「先生吐きそ・・・」おぇーってなったw
前の人の背中にたっぷりゲボを吐いてしまった・・・
まぁ保健室で一時間休んで残りの授業終わらして帰る。家に帰ると誰も居ないんだけど、母から電話が来てお家で暇なら病院おいでって言われた。

んで一人で電車乗って病院付く、食堂でガリになった父さんと話す、そしたら父さんが「転院することになった」と言われた。父さんの主治医が札幌の都心部に転勤するらしく父さんはその主治医しか信用できないと言ってた


23: 夢見る名無しさん 2012/07/30 15:16:15

都心部の病院に移転してから父さんは悪化したと思う・・・
都心部の病院はちょっと雰囲気が悪かった。言葉では表せないけど、死神がいそうというか・・・
それからの日々は毎日学校が終わった後は母と病院通い。正直飽きていた病院に、俺はいつも早く帰りたがっていた(タイムマシンがあるなら当時に戻ってもっと居てやれと自分に叱りたい)
父さんはいつも寂しそうな顔をする、俺を見ながら強く生きろとか言ってた。
当時父の病は相当悪化していたらしく流動食以外食べてはいけないと主治医に言われていた。
父さんはラーメン好きで食堂でカップラーメンを食べようとしていた、お湯を入れているときに先生が来て「何やってるんですか!!食べたら死にますよ!!」と言われていた。父さんは主治医にスープだけでもお願い!!」って頼んでたけどもちろんダメw
渋々、父は病室に戻り俺と30分位話した
父はいつも俺に「強くたくましく他人を助けられる人間になれ」といつも言ってた。父はお前と酒を飲んで会話できる日がまとぢおしぃ」とか言ってた・・・ごめんなんか思い出したら泣けてきたすまんちっょと顔洗ってくるから続き書くの遅くなる


26: 夢見る名無しさん 2012/07/30 15:41:10

心が落ち着いたんで続きかきます。

毎日病院通いでウンザリしてたんだ。俺は母に「俺は週一病院行くだけでいい」と言った母は「わかった」と悲しい顔してた(当時の俺を叱りたい)
週一ペースになってから俺は友達と遊んだり悪いことしたりした。家でタバコ吸ってみたり、クラスの奴をいじめたり(当時の俺を殴りたい)
それからというもの、一か月に一回は虐められっ子の家に母と謝りに行く事が増えた
母は俺を怒らなかった、という呆れていた。病院で父さんには怒られたけど。


27: 夢見る名無しさん 2012/07/30 15:49:08

次第に俺は週一ペースも嫌になっていた。一か月ペースで良いやみたいな。
父さんが一時的に超回復したので一時外泊で家に帰ってきた。家では弱弱しくなった父の手伝い、もっぱら俺は缶コーヒー開け係だけど・・・

病院に戻る日になった時父は家にいたいと言っていた。

まぁ今考えれば居た方が良かったのかもしれない。

いつものような病院通いにマンネリ化した俺は家族が病院にお見舞いに行ってる間家でゴロゴロしていた。
そういう失礼な態度に罰が当たったのかもしれない。
学校のある日、授業が終わりいつものように帰宅するといつもはまだ帰って来ていないはずの姉が居た。


29: 夢見る名無しさん 2012/07/30 15:52:16

姉は会社から帰って来ていた。姉はウン子していたので俺は「まだウン子してるの?なんで帰ってきたの?」って言ったら
出かける用意しろと言われた(いつもの姉なら冗談交じりにボケてくれます)


30: 夢見る名無しさん 2012/07/30 15:56:15

まぁ俺もいつもとは違う姉に驚き素直に支度を整えた。
姉の軽自動車に乗り国道を走っていた時だった。いつもなら会話が弾む車内も無言の空気に押しつぶされていたんだ。
俺は耐え切れなくなって「なんでそんなに暗いの?怒ってるの?」と言ったら姉は無視した。


31: 夢見る名無しさん 2012/07/30 15:58:48

俺はムカついたから軽自動車の後部座席に横になり寝た。
病院について、病室に向かう時に姉の横顔見たときビックリした。姉が泣いていた。いつもは泣きませんし男より男みたいな姉です


32: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:01:13

病室が個室になっていた。中に入ると親戚が集まっていた。俺はなんでこんなに人いるんだろうと思っていた。
ベットの方を見た時に全ての謎が解けた。

誰も見てないですか?


33: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:07:14

ベットの方を見ると愕然とした。父の喉には人工呼吸器のホースが取り付けられていた、ほかにも色々な線やホースもあった。
祖母が「お久しぶりだね元気だったかい?」と言ってきたので俺は「元気だったよ」と言って個室の部屋の隅にあるソファに横になった。
俺は理解できずにいた、この前まで元気だったのに・・・と考えている内に涙が出て来た。俺はシャイボーイだったので泣いているのを気づかれまいとポケモンの下敷きで顔を隠した。


34: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:13:17

泣き疲れて俺は寝ていた。目が覚めた時になんだ夢か・・・と思って起き上がると現実だった。
その日は病院で一夜を明かした。
俺は学校に行かねばならなかったの学校に通って帰りに病院直行という日々が一週間ほどたったころだった。
病院に着いて病室に入ると先生達が脳波に変化ありませんねと言っていた。(当時の俺は知識がなかったので気にならなかった)
金曜日だったので病院に泊まる事にした。俺は神様に毎日お願いです父を助けて下さいと心の中でお願いをした。


35: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:14:52

その願いが通じたのか危篤から一時的に手を動かせるまでに回復した。
しかし奇跡はそうは続かなかった。


36: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:18:24

次の日ついにその日がやってきた。
病院の食堂で一人コンビニの飯を食っていたら母が来て、「お父さん良くなってきたね」と言ってきたので俺は「いつもなんだかんだいって元気になるもんね父さんって」と言って飯を食い終わった頃だった
看護師が走って食堂に来た。


37: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:25:13

看護師が母に耳打ち会話で「耳と口から出血しています」と言っていた俺は確かにそう聞こえた。
母は俺に食堂で待っててと言われた。
兄と姉が1時間くらいしてから仕事を切り上げて病院に来ていた。
その日は病院の別室で泊まる事になったのだが、兄と姉が交互に父のいる病室に行っていた。
兄が姉だけを連れて病室に行った。俺は一人になっていた。寒気がしたのは覚えいる。


38: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:28:53

そして30分ほどしてから俺を呼びに来た。兄と姉は鼻をすすっていたから何となく感づいていた。
父のいる病室に入ると病院の院長と主治医(副院長)がいた。人工呼吸器は外されていた。


39: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:33:15

母がまだ温かいから・・・と俺に言ってきた。俺は恐る恐る父の手を握った。握り返してはくれなかった。俺は無言で手を握ったままベットの柵におでこをつけて泣いた。
涙がある程度収まった時、母が先生にお礼を言いなさいと言ってきた。俺は「ありがとうございました」と言ったらまた涙が込み上げてきて兄の脚にすがりついた。兄は頭を撫でてくれた


40: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:35:55

「家族みんな揃いましたよおとうさん」と母が言った時は凄く悲しくなった、ドラマみたいじゃねーか・・と考えながら泣きじゃくった。
兄と姉は無言だった。


41: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:43:19

「もうすぐお家にかえれるよ父さん」と母が言ったあと車に戻ってなさいと言われ車でボーとしていたら
兄と姉が帰って来て父を抱えて車に乗せた(後部座席2列を倒して)母は先生にお礼を言いながら病院から出てきて、みんな車に乗って兄が夜なのにサングラスを掛けて、「さぁーてみんなで家に帰るりますか!!」と言ったときはまた悲しくなった。
車内は無言が続いた。しかし途中から母が父に語りかけるように「もうずっと一緒に暮らせるね」と言った時は愕然とした
家に着いて父を抱えて家のリビングへ行き布団を敷いて皆で父を囲むようにして寝た


42: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:43:58

続きかくのおそくなるわ。涙がとまらない


45: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:52:34

次の日親戚が父を見に集まっていた。
そして葬儀の日がやってきて家族葬とやらをやる事になった。
骨を箸でつまんで壺にいれた時に、骨が入りきらなかった、父は背が大きくて189CMあったせいか入りきらなかった
葬儀担当者の奴がすり鉢みたいな棒で父の骨を砕き始めた。俺は担当者にイラついた


46: 夢見る名無しさん 2012/07/30 16:58:07

無事葬儀が終わり小さな壺に入った父を抱えて家に戻り、仏壇に置いた時、初めて父さんは死んだんだと心の整理がついた
一週間俺は学校を休んだ、行く気になれなかった。部下や社長が仏壇に手を合わして帰っていく日が続いた。

母はそれからおかしくなった


47: 夢見る名無しさん 2012/07/30 17:01:11

母は仏壇のある和室に閉じこもる日々が続いた。
俺は学校に通い始めた、学校につくと友達が「お前風邪治ったの?」と言ってきた。どうやら学校では風邪という設定だったらしい。
授業を聞いている時いつも父を思い出して泣いていた。それから机に伏せる習慣がついた


48: 夢見る名無しさん 2012/07/30 17:06:32

小学校を卒業して中学に入学した時だった。
俺はその頃には暗い奴になっていた。不良に目を付けられ、入学式の次の日から足掛けや給食配膳担当の時にパンを配っていたら不良に「デブにはデブのパンがお似合いだWWW」とか意味不なことを言われたりした。
そういう日が続いて俺は限界になり不良に絡まれたときにお前ら「ウゼェんだよ近づくな」と言った。不良は案の定「喧嘩売ってんのかゴラァ」と言って不良仲間が集まり俺はトイレに連行され殴る蹴るの暴行が続いた
虐められる日が続き俺はどんどん暗くなっていった


49: 夢見る名無しさん 2012/07/30 17:12:19

家に帰ると母は廃人みたいになってるし飯作ってくれないから、姉の不味い飯を食う日が続いた
まぁそして中学を卒業後、国立専門学校に合格し現在に至る。
中学の頃はデブだったが高校になりデブではなくなった。174CM57㌔

後から聞かされたんだけど、父の最初の手術の時新人がガーゼとかを体内に残したまま腹を縫合しちゃうという医療ミスがあったらしい


50: 夢見る名無しさん 2012/07/30 17:13:15

>>23 うちの祖母も転院してからぐっと悪くなったよ
そういうのって偶然といってもやっぱり怖いよなあ


51: 夢見る名無しさん 2012/07/30 17:13:22

質問等あったらこたえますよ。

父がまだ生きている人は父を大切にしてあげてください。


52: 夢見る名無しさん 2012/07/30 17:14:54

>>50
母から聞いたのですが父はその病院で黒い服を着てカマを持った死神を見たそうです


53: 夢見る名無しさん 2012/07/30 17:20:59

父が白目をむいて死にかけた時は三途の川が見えたと父は回復した時にいっていました
 あと父は病室の部屋の隅を見て酷く怖がっていたそうです。一か月後に亡くなりました


54: 夢見る名無しさん 2012/07/30 17:23:30

母ちゃんは精神病なの?


55: 夢見る名無しさん 2012/07/30 17:24:04

長くなりましたが見てくれてた方々ありがとうございました。
心の整理がつきました。
最後に私が言いたい事が有ります。お父さんを大切にしてあげてください、後悔先に立たずですよ。


56: 夢見る名無しさん 2012/07/30 17:26:25

>>54
今現在ではある程度普通になりましたが当時は精神病と言ってもいいくらいおかしかったです。
部屋の物を壊したり、時には私に物を投げてくる事もありました
死にたい死にたいと毎日のように言っていた事もありました


57: 夢見る名無しさん 2012/07/30 17:29:36

健康診断は一年に一回、欲を言えば半年に一回は受けて下さい。
父はすでに末期のガンだったので手遅れでした


58: 夢見る名無しさん 2012/07/30 20:07:18

オレの両親はまだ共に生きてる、
が十年近く会っていない。
たまに連絡取る程度。
仮にどちらか、
もしくは両方いなくなったとしても、
オレは独りで生きていける気はする。
医学の進歩も考えものだと思う。
早く楽になったほうがと思うけど、
間違ってるかな、オレ


59: 夢見る名無しさん 2012/07/30 21:30:27

>>58
どんな親でも親は親ですよ。
連絡とってあげてください。


60: 夢見る名無しさん 2012/07/30 22:30:16

両親に感謝!><


61: 夢見る名無しさん 2012/08/01 22:37:56

>>60
それが大切ですよね!!


62: 夢見る名無しさん 2012/09/26 09:37:37

一番大事


63: 夢見る名無しさん 2012/09/26 12:33:44

たしかに 感謝&親孝行大切


64: 夢見る名無しさん 2012/10/10 00:49:31

あんた偉いよ


65: 夢見る名無しさん 2012/12/29 15:56:56

感動



人気記事
「父親」 カテゴリの関連記事
[ 2013/12/25 22:01 ] 父親 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。