人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

俺はどこにでもあるようなクズ家庭で育った。

930: 大人の名無しさん 2011/01/14 03:01:36 ID:6kphYBjn

俺はどこにでもあるようなクズ家庭で育った。そのせいかどうか分からんが、精神的にまともじゃない人間になれたよ。
クズ人間って言っても、表向きはうまく立ち回ってたけど、まともじゃないのはガキのときから分かってた。
高校のときからバイトしてた甲斐あって、3年前に国立大学のいいとこに入れた。法律やってたが法律自体は興味なんてなかった。
やりたいことなんてなんにもなかったし。今でもそうだけど。
とにかく静かに暮らして死ねればいいとしか思ってなかった。







931: 大人の名無しさん 2011/01/14 03:08:58 ID:6kphYBjn

1年生の夏休みのとき、都心の本屋である女性とであった。その人も同じ大学で何度か図書館で見たことがある人だった。
綺麗な人だったし、それ以上の何かを持っていそうに感じた。おれ自身はクズだし、やりたいこともない空の存在だったから、
そういう人には憧れたし、嫉妬もした。
なぜかその人は俺に声をかけてきた「よく図書館にいますよね。」
俺はガキのころから図書館が好きだった。図書館にいれば親に会わなくてもいいし、好きなだけ本を読める。
世界から隔絶され自分だけの世界に浸れる。


932: 大人の名無しさん 2011/01/14 03:28:28 ID:6kphYBjn

それからは、リア充生活だよ。他人から見ればな。
なぜか、彼女は付き合う前から俺の異質さに気づいていた。それでも俺に関わってくれた。
俺は彼女に可能な限り優しくした。彼女の要望を叶えようとした。俺から彼女に何かを求めたことはなかった。
自分が存在してくれるということで十分だった。
他人から見たら、俺は彼女の人形のような存在かもしれない。けど、それで十分だったんだ ホントに


933: 大人の名無しさん 2011/01/14 03:41:34 ID:6kphYBjn

付き合っていくうちに、俺の疑問は大きくなっていった。
このままそばにいていいのか
なぜ、俺に構ってくれるのか 
なぜ話していなかった俺の異常さに気づけたのか それについては、彼女に最後まで聞かなかった。俺は聞くべきでないとそのとき思ったから。今でもそう思ってる。
それと同時に、初めて恐怖を感じた
彼女が俺を見捨てたら、彼女はこの先どう生きていくのだろうか 俺のようなゴミと付き合った汚点を一生背負うのか、綺麗に忘れてくれるのか
俺はもともとクズだから別れても死ねばいいだけだが、彼女には未来がある。それがとてつもなく怖かった。
そして、ある日を境に自分の存在を疎むようになり始めた。
自分がいなければ彼女はもっといい人と出会えて幸せになれたのではないか?


934: 大人の名無しさん 2011/01/14 04:11:59 ID:6kphYBjn

彼女との関係は数ヶ月で終わることになった。
俺は彼女のアパートに泊まっていた。目が覚めると、少し息苦しい。
意識がはっきりすると、彼女が馬乗りになって俺の首に両手を当てていた。
ただ、力はほとんど入ってなく、わずかな体重移動で圧迫しているようだった。
おれはこのままで良いと思った ここまで関わってくれたのだから、それぐらいの権利が彼女にある
そのままの状態がしばらく続いた 目が暗闇に慣れてくると彼女の眼から涙わずかにこぼれたのがわかった
俺は彼女の手を俺の首から離し、彼女の体を抱きかかえてベッドに寝かせた。その後、アパートをでた。
どうしてそんな事したかは説明できない。直感的にそうしたほうがよかったと思ったからかもしれん

翌日彼女から会いたいと言う電話があった。俺は気にしていなかったから会いにいけた。
会ってから、別れ話を切り出された。俺は受け入れた。こんなことがあったら、彼女の心が持たない。
別れ際に、ひとつだけ約束をしてほしいと言われ、俺はそれを受け入れた。
「自殺しないでね」


935: 大人の名無しさん 2011/01/14 04:32:00 ID:6kphYBjn

彼女からはなぜあんなことをしたのかは聞かなかった。
そのあと、大学を辞めた。もう用はなかった。
今は別の大学に在籍して相変わらず興味のないことを淡々とこなしてる
最後の約束は、今でも守っている。
昔は親が憎かった。世界が憎かった。悪いのは自分じゃないと思っていた
実際は違った 悪いのは自分 存在しなければ彼女が涙を流すこともなかった
傷つけることもなかった 彼女と出会う前に死ぬべきだった
でも、今はもう死ねない 約束は守らなきゃ それしかできない

彼女がどうしてあんなことをしたのかはわからない
俺を嫌いなったから? 何ももっていない俺を憐れんでくれたから?
どちらにしろ、俺は代償を払うべき
これからの人生は罰 クズの自分を受け入れてくれた人に甘えた罰
無意味に時を過ごし、後悔し、絶望するだけ 
もっと分相応にクズらしく生きれば、傷つけにすんだ

そう考えていた。


936: 大人の名無しさん 2011/01/14 04:43:56 ID:6kphYBjn

3日前に手紙が来た。彼女から。友人伝えで場所が分かったらしい。
もう一度会って話したいと。
返事はしてない。会いにいっていいのか分からない。

大量分割すまん。気持ち整理したくて書き込んだんだが、他人にとっちゃくだらない話だよな
ごめん


938: 大人の名無しさん 2011/01/14 10:50:40 ID:hCDW+p4S

>>936
彼女の方も探してまで接触してくるのだから、それまでいろいろ思うことなんかあったのかもしれない。
彼女も付き合ったのが汚点とかは考えてないよ、そう思うぐらいなら、探したりしないし、接触もありえない。
安否確認ぐらいなら、友人伝えで終わってるはずだし。
会いたくなければ、手紙や電話で話を聞くのもいいんじゃない。
話を聞かずに、返事もしないのは、これからずっと彼女は話したかった内容とか考えや思いを持ち続けなければいけなくなる。

まぁ、想像でしかないんだが、彼女は優しさだけでなく、怒るのでもいいから、もう少しお前に自分らしさを出して欲しかったんではないかな。



人気記事
「恋愛」 カテゴリの関連記事
[ 2013/12/24 16:01 ] 恋愛 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。