人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

今まで 旦那以外に話したことのない話。

864: 大人の名無しさん 2009/10/20 10:32:40 ID:x8jvs14h

今まで 旦那以外に話したことのない話。

私は小学5年生だった。
この年は 立て続けに 悪いことが起こった年だった。
四月のある日、父方の祖父が亡くなった。母と父は 私が四歳の頃に離婚してはいたが 
少しだけ行き来はあった。でも父に後妻がいたため、病院のお見舞いすら 叶わなかった。
テレビでは 某歌手が 誰かの家で裸で亡くなったことが テレビのニュース
で ひっきりなしに流れていた。その方が亡くなった日、私は11歳の誕生日を迎えた。
 それから一か月位がたった頃だっただろうか、祖父(母方の)が 
「○○○○(名前)が 船の上で死んだ。」
 と 知らせてきた。私が住んでいる町は漁師町で遠洋漁業船が まだたくさんの魚を
港に あげていた。○○○○というのは、母の三番目の弟であり私達家族と数年間 同居
したことがあった。彼は生前、遠洋漁業の船にのっていた。母は気が動転してしまい 嘘だと思いこんでいた。
彼(おじ)の遺体は ケープタウンという、私達には縁がないような遠い外国にあるという。
その知らせを聞いた、私達や親族は 祖父の住む家に集まり、まだきつねにでも化かされたような、幻に
包まれな様な そんな気持ちでいた。
彼は 船室で自殺をしたという。首をつっていたそうだ。
私は生前の彼の奇行を思い出していた。
貧乏ゆすりが止まらない。階段の上から小銭をばらまく。食べ散らかしたお菓子。
私の弟を可愛がっていたのだが その腕にかみつく。(甘噛みではあるが)
私の自転車をどこかに置いてくる。貧乏ゆすりが止まらない時の彼の形相。
「おねえ、警察が来るから かくまって」
と言っていた 彼の顔。
私は彼が 以前警察に捕まっていたので(当時は何の罪かは知らなかった)
それで そんなことをゆうのだろうと 思っていた。
だが そうではなかった。彼は 生前俗にゆう、‘ヤク中‘であったのだ。







865: 続き 2009/10/20 10:46:37 ID:x8jvs14h

長文ごめんなさい。良かったら最後までお付き合いして下さい。

彼が生前警察に捕まったのは 外国で覚せい剤を買った、覚せい剤をしたから。
その時の テレビの画像を忘れられない。名前を間違えられてニュースになったからだ。

それからしばらくして 遺体を祖父と祖母が海外まで迎えに行った。
彼の亡骸はホルマリン漬けで 少し緑がかっていたように思う。
ドライアイスが 無造作に顔の口の辺りに置かれていたので 生前の
彼とは全く別人であった。私は彼が怖くて仕方がなかった。これはおじさん
ではない、とも思えた。自殺なのに何故か 彼の遺体には無数の傷跡が
あったという。
彼が荼毘にふされるのを 私は見なかった。見たくなかった。ただただ
怖かった。自殺も 遺体も 彼自身も。
 


866: またもや続き 2009/10/20 11:09:50 ID:x8jvs14h

彼がヤク中であったことを 後から知った。
知らなかった私は おじさんって変な人ぐらいにしか 思っていなかった。
彼が漁船に乗る前日 弟に
「相撲頑張るんだよ。お母さんとお姉ちゃんを 守るんだよ」
と 言い聞かせていたらしい。
母が言うには ヤクの切れ目に まともになった時に このままでは
いけないと 思ったのではないだろうかとのことだった。
母は おじさんを 心から愛していた。一番可愛い弟を 止めることが 
できなかったことを 悔んでいると思う。
それから 十数年経って 祖父も自分の船から落ちて亡くなった。
祖父は 亡くなったおじさんのお墓に よく酒を飲んで暴れた時に
「俺を迎えにきてくれないのか」
と 叫んでいた。祖父も変わり果てた姿で海中から見つかり 私は
救急車が サイレンを鳴らさないで 走る訳を 初めて知った。


867: 長文ごめんなさい 2009/10/20 11:23:08 ID:x8jvs14h

祖父は とても頑固な人で 可愛そうな人でもあった。
私が中学生の頃にあげたバレンタインのチョコレートの缶をずっと
使い続けていてくれたみたいだ。祖父が亡くなるまで 気付かなかった。
もっと 早くに見つけてあげられなくってごめんね。おじいちゃん。

母が脳内出血で倒れた時に おじさんが 夢枕にたってこう言ったらしい。
「(川の向こう岸に渡りかけた母のお腹をおじさんが蹴り上げて)おねえは
 まだここに来てはいけない。八十歳まで生きるんだ。」
それを 聞いて私は おじさんありがとう と思った。母をもっとずっと
大切にしようと 思った。
おじさん おじいちゃん お墓に行ってあげられなくってごめんね。
近いうちに必ず 行きます。

それと長い文での書き込み お許しください。



人気記事
「その他」 カテゴリの関連記事
[ 2013/12/22 22:01 ] その他 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。