人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

生回り道しましたけど、私は自分の心がポキって折れる音を実際に聞きました。

737: 大人の名無しさん 2008/08/13 17:14:01 ID:JutcGAcp

たいした話ではないですが、私も一度だけ書いてみます。

二十歳の頃まで世間的にはある程度順調でした。
名の通った大学に通い、両親も祖父母(母方)も本当に合格の時は喜んでくれた。
でも実際は、燃え尽き感・人間関係の疲れ・現実と理想のギャップから、弱かった
私は徐々に引きこもってしまい授業に出なくなり、でもなぜか周りに対しては、それを隠して
普通の学生生活を送ってることをアピールしてました。
バチがあたったんでしょうか。ある日、ほんの些細な母親との諍いから、突然
呼吸困難状態に陥り、救急車で搬送という事態に・・・過呼吸発作です。

翌日から、外を50メートル歩けば、たっていられなくなる。
電車に乗るだけで、全身緊張と脂汗。鈍行以外は絶対乗れない。
死ぬ気で外出したら、駅で倒れ、皆ビニルを口に当てる自分を見て、恐怖の顔で
去っていく。2時間とある大きな駅通路で、誰にも助けられず・・・
世の中は、全く別の風景に変りました。
そうなって初めて、ちゃんとやり直したいって心から思ったんです。
でも、もうどんだけ頑張っても、中退するしかなく(8年以上おれない)
○○大中退、という、何か逆に人に引かれるような経歴が残る事になりました。

真実を打ち明けなかった友人や恋人は皆去っていました。
就職も出来ない・・
勉強しか取り柄がない私は、入学当時志していた司法試験を目指す事に
したのです。本も買えないので図書館で分厚い法律書、読んでました。
でも、同年代は皆就職して、家族を持ったり・・少なくとも、親にメシ食わせて
貰ってるアホは自分だけ。







738: 大人の名無しさん 2008/08/13 17:23:21 ID:JutcGAcp

病状はかなり克服できてきましたが、しんどいことに変わりはない。
2回目も落ちた時、本気で死ぬ事を考え出しました・・・
くだりのエスカレーターを上って、1年後同じところに立っている気分で
何も前向きになれんかったので。
ぐっと堪えて普通に振舞ってる両親が、どんだけガマンしてたかも知らず。

もうこの世にいませんが母方の祖父にとって私はただ一人の男の孫でした。
両親が久々に訪ねる際、「一緒に行くか」といわれましたが、合わす顔なんてなく
両親が上手く誤魔化してくれないかな・・・とさえ思ってました。
親が帰ってました。ばあちゃんには全て話しているらしいです。病気は伏せて。
そしたら、「○○○は元気でやっているんか?・・・ああそうか。
体が元気なら、それが一番。よしよし。」って、本当に嬉しそうだったらしいです。
どんだけ気持ちが軽くなったか、上手く言葉では言えんです。

それから2年後、頭がぱきぱきする最悪の状態で、最後にしようと思った試験で
最終合格しました。
でも発表の2ヶ月前の9月下旬、ばあちゃんは帰らぬ人となりました。
もうその頃ボケてたけど、それでも報告してやりたかったです。ギリギリ
間に合いませんでした。


739: 大人の名無しさん 2008/08/13 17:31:16 ID:JutcGAcp

お墓には報告しましたけど、とにかくずっと体調最悪でしたので
祖母の力を貰ったような、今でもそんな気はしています。
その後かなりよくなり、今では新幹線も平気で仕事に支障はありません。

ネタと言われてしまうでしょうか?知りませんけど、無事に現役で
予定の仕事に就いて毎日忙しいです。親孝行する余裕も出来ました。
人生回り道しましたけど、私は自分の心がポキって折れる音を実際に聞きました。
初心を忘れそうなときもたくさんありますが
心が折れかけてる人にあったら、たった一言の安心が
心の骨接ぎになることもあると信じて、仕事していければと
今でもそう思っています。出来てるかどうかは別ですけども・・

ちょっとセンチになる出来事があったので・・スレ汚して済みません。



人気記事
「病」 カテゴリの関連記事
[ 2013/12/19 16:01 ] | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。