人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

そこで僕はもう一人の自分に気づくことになったのだ。

796: 大人になった名無しさん 2007/07/18 23:12:45

ドイツから帰国して早一年になる。
二年間ドイツの大学の修士かで勉強していて修士を取ってちょうど一年前に帰ってきた。
最初の半年は地獄だった。
理解できない授業、冷たいドイツ人の視線、なれない文化、友人なんかいない
毎日帰りたいと思っていた。
ある日本屋で授業の合間の時間つぶしをしているとき、すごく顔が整った美青年が僕に声をかけてきた。
彼はドイツ人と日本人のハーフで医学を専攻している学生だった。(以下J)
Jは日本にも住んでいたことがあり、ドイツ語日本語両方とも流暢。
その後僕らはカフェに行った。彼の話は面白かったが、僕はそれ以上に彼の容姿にずっと気がいっていた。
彼の顔はすごく美形で体もたくましかった。
僕は日本にいるとき彼女がいた。
ウクライナ人で日本でモデルの仕事をしている18歳の少女だった。
それまで僕は自分は白人の少女しか愛することができないロリータだと悟っていた。
しかしそこで僕はもう一人の自分に気づくことになったのだ。
むろん彼はバイセクシャルだった。
彼は僕のためなら何でもしてくれた。人の本当のやさしさに出会えた。
今東京のビルに囲まれながら遠く離れたドイツのJのことを思っている。







797: 大人になった名無しさん 2007/07/19 01:21:53

アッー



人気記事
「恋愛」 カテゴリの関連記事
[ 2013/08/23 00:01 ] 恋愛 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。