人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





人気記事
「スポンサー広告」 カテゴリの関連記事
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

痛みに負けずに一生懸命に笑っていた彼女を覚えていようと思う。

689: 大人になった名無しさん 2007/03/06 12:19:21

僕には好きな人がいる。

別に僕の彼女ではないし、話したこともない女子で、
ただ、同じクラスというだけだ。

僕は、いつも明るく笑顔で笑っている彼女が好きだった。

僕は彼女に片想いをしていた。



ある日を境に、彼女は学校に来なくなった。
先生や友達の話では、
下校途中に、信号無視の車と事故にあい、今は、病院で入院しているらしい。
少し前まで、危険な状態だったようだ。

僕は友達ではないから、お見舞いに行くことはなかった。恥ずかしかったんだ。







691: 大人になった名無しさん 2007/03/06 14:53:34

数日後、部活から帰ってきた僕は、疲れて寝てしまった。
その時、彼女が夢にでてきた。
いつもの笑顔で笑っていた。

目が覚めたとき、まだ、30分しか寝てないことに気付いた僕は、病院に走った。

なぜか焦っていた。



病院に着いたとき、まだ面会時間があった。
僕は受付の人に、
「○○○○さんのクラスメートの○○です。」
と言った。看護士さんは快く部屋を教えてくれた。

彼女の部屋に入ると、彼女は驚いた顔で僕を見ていた。

まぁ、話したこともかない男がいきなり入ってきたら、誰でもその反応をするだろう。

彼女の身体中包帯が巻かれていた。
頭にも包帯が巻かれていた。

この日、彼女と初めて話すことができた。
いつの間にか面会時間は終わっていた。

僕が帰ろうと扉に向かったとき、彼女に止められた。

「ありがとう」

いつもの明るい可愛い笑顔で彼女は言った。


692: 大人になった名無しさん 2007/03/06 14:54:21

次の日、登校し教室に入ったとき、

…彼女の机に花が置いてあった。

僕は信じられなかった。絶対にありえないと思った。


授業が始まるのにも関わらず、僕は病院に走っていた。

もう一度、会いたい。
もう一度、話したい。
もう一度、笑顔がみたい。

…君に思いを伝えたい。

様々な思いが、脳裏をよぎりっていた。

もう一度、
もう一度、

病院内も走っていた。

彼女の部屋に入ったとき、僕は立ち尽くしていた。

そこには、綺麗にされたベットがあるだけだった。


693: 大人になった名無しさん 2007/03/06 14:56:22

受付にいた看護士さんが、僕を追いかけて来ていた。
看護士さんは、優しく話してくれた。

「あの子、友達が来たときはずっと笑っていたけど、友達が帰ったあとは、痛みでずっと泣いていたのよ。あれだけの傷だから普通なら我慢できないのに。君が帰ったあと、容態が急に悪化したの。」

「僕が昨日行かなければ。」

「ちがうのよ。あの子は、君が来てくれたことをとても喜んでいたわ。容態が悪化したのは、夜に水の入ったペットボトルを取ろうとして、ベットから落ちてしまったの。そのときに、頭を打ってしまったのよ。」

僕は、いつの間にか泣いていた。教室では、まだ生きてると思っていた。彼女が死んだなんて嘘だと思っていた。この部屋に入り現実を目にしたときには泣いていたのだろう。


看護士さんは静かに部屋から出ていった。僕はしばらく、その部屋で泣いていた。


部屋からでて、受付に戻っていた看護士さんに軽く会釈し、病院から出た。


僕は、痛みに負けずに一生懸命に笑っていた彼女を覚えていようと思う。彼女が最後に僕に向けてくれたた笑顔も。






僕からも言いたい。


「ありがとう」



人気記事
「恋愛」 カテゴリの関連記事
[ 2013/08/17 22:01 ] 恋愛 | CM(0)

■コメント

■コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。