人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

祖母は普段泣き顔なんて見せない人だったけど、私の絵を見て…

495: 大人になった名無しさん 2006/02/28 08:07:06

「いつまでも綺麗で元気」と評判だった祖母が、私が高校3年の時に急に胃癌にかかりました。
年頃だった私にとって過保護と言える程可愛がってくれる祖母を多少疎ましく感じていた時期でした。

痛みを訴えないので実感がわかなかった上に
大学受験前で非常に精神不安定だった私は正直心からの心配はできていませんでした。

しかし、ふっくらしていた祖母の頬が次第にこけていき、一人でトイレに行くこともできなくなり、
遂に食事すらまともにとれなくなくなり、
気丈だった祖母の口から「痛い」「苦しい」の言葉が漏れるようになりました。

流石に心配しましたし、「部屋に一人きりで寂しいだろうから暇があったら話をしに行ってあげてね」と母に言われましたが
イメージからかけ離れていく祖母に戸惑ってしまい
うまく接する事ができませんでした。







496: 大人になった名無しさん 2006/02/28 08:08:13

美大受験の為に絵の予備校に通っていた私は、ある日課題で写真の模写をしました。
目が印象的な見知らぬおばあちゃんの写真でした。
その課題で今までとれなかったAの評価を貰い、帰宅後興奮気味に両親に伝えました。
2人共大喜びで「おばあちゃんにも教えて来なさい」と言い、
私も喜んでくれるだろうと思ったので軽い足取りでその絵を持って部屋へ向かいました。

祖母はいつも通りベッドに寝ていました。

「ただいま!」と挨拶をして、良い成績をとった事を伝え、その絵を見せました。
すると祖母は「凄い凄い」と言いながら急にぼろぼろ涙をこぼし始めました。
「こんなに良い表情の絵が描けるなんてもう絶対大丈夫だよ。
良かったね。良い絵だね。」と泣きながら言います。
普段泣き顔なんて見せない人なのでちょっと吃驚したし
照れくさくって「そんな大げさな」と言いましたが内心幸せでいっぱいでした。
父が絵を部屋に貼ろうか?と提案しましたが
「見たらまた泣いちゃうよ」と祖母は笑って断りました。


497: 大人になった名無しさん 2006/02/28 08:10:18

祖母は私の受験の合否を知る前に息を引き取りました。
大きな痛みもなく呆けることもなく眠るような最期でした。
その後私は無事志望の大学に受かり今に至ります。
母曰く優しい祖母は自分の体の事よりも私の受験の心配をしていたそうです。

有難うおばあちゃん。大好きでした。


498: 大人になった名無しさん 2006/02/28 16:15:40

「合格本当におめでとう。これからもたくさん勉強していい絵をいっぱい描いてね。
そしてあなた自身の人生を楽しんでね。見守っているからね。」

たぶんおばあちゃん、そう伝えたかったと思ってね。
いや、余計なことごめん。



人気記事
「祖父母」 カテゴリの関連記事
[ 2013/08/09 00:01 ] 祖父母 | CM(3)

■コメント

ばあさんは本当は自分の絵を書いてもらいたかったんちゃうの?
そうじゃなかったとしても、元気だったころの似顔絵描いてあげたら、見知らぬばあさんの絵の千倍は喜んだんじゃないかね
なんか良い思い出チックに美化してるのは投稿者の感情が欠落してるからなのかね
※1
よく読め。

>ある日課題で写真の模写をしました。

たいてい課題は予備校が用意する。
いやだからさ、課題以外に自主的にばあさんの似顔絵でも描いてやりゃ、もっともっと喜んだんじゃないの
たとえそれが課題の5分の1の時間で書いたような簡単な絵でも
それこそ部屋に飾って毎日眺めていたろうよ

■コメントの投稿