人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON
月別アーカイブ  [ 2014年08月 ] 

≪ 前月 |  2014年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

「なんで○○(自分)がその番号しょってんの?」 「下手くそ」

46: ほんわか名無しさん 投稿日:2007/03/04(日) 04:56:56

中学の頃、バスケ部だった。背が低かったけど、足がまあまあ速くてすばしっこかったのと何より負けず嫌いだったので、2年になった時に念願のレギュラーを貰えた。一番高い番号だったんだけどね。
でも、自分と同じくらいのレベルの子は沢山いたし、前にその番号だった子がバスケ部のリーダー(みたいな感じだった)子と仲良くて、

「なんで○○(自分)がその番号しょってんの?」
「下手くそ」

とか、そんな悪口を聞こえるように言ってくるようになった。いじめ(というほどでも無い気がするけど…)られるようになった。
だけど、そんな事で自分の力で取ったこの番号を渡したくなかったから黙って耐えた。

2年の終わり位。自分とは違う部活で親友といっていい程仲が良かった子と一緒に登校してる時に突然、

「○○(自分)なんか死ねって、バスケ部の子が言ってたよー」

って、笑いながら言われた。馬鹿にした笑いじゃなくって、本当に楽しそうに笑ってた。何も言えずに黙った自分を、面白そうに見ていた。
…裏切られたとかは無くて、ただ悲しかった。なんか全てがどうでもよくなった。→


[ 2014/08/24 12:01 ] 友達 | CM(0)

留学先で降りるバス停間違えて道に迷った

40: ほんわか名無しさん 投稿日:2007/02/28(水) 18:43:55

あれは一年前の夏、自分はオーストラリアに短期留学したんだ
留学先はオーストラリアでもかなりの田舎で、もう訛りがすんごいの!何言ってるかわかんない。そんなのも手伝って引っ込み思案な自分はなかなか現地の人達とコミュニケーションとれなかった
そんな時に自分は学校がえりに降りるバス停間違えて道に迷ったんだよ
会話もロクに通じない見たこともない土地でどうしていいのか分からなくて、真っ昼間の田舎だから人も通らない
心細くて泣きながら歩いてたらどっかの家の子供3、4人がかけよってきて『どうしたの?泣かないで?』って話し掛けてくれてさ
見てくれなんかまだ小学校の低学年と幼稚園児なのにね
しゃくりあげてしゃべれなかった自分の背中をさすって、大丈夫大丈夫っていってくれて、住所書いた紙見せたらそこまで連れてってくれてさー
どんだけしっかりしてんの!こっちは当時高校二年生だっつーのに!
涙で顔ぐちゃぐちゃ、しかも炎天下で鼻血までふいてるってどんだけ情けないの!恥ずかしかったわ!
しかも、後日、手紙とお菓子をわざわざ持ってきてくれて『友達になってね?』ってどれだけ可愛いの!こっちが土下座してお願いいたしますだよ
留学中優しい君達にホントに助けられましたありがとう!元気にしてるかな?ロナーニ達?久しぶりにメールしてみようかな
君達を見習って今では街で困ってる人を見るとサッと助けることが出来るようになったよ。優しさは伝染するってホントなんだね


[ 2014/08/24 10:01 ] 子供 | CM(0)

ジャブさんはみんなの記憶に恐怖な印象を残して星になりました。

28: みつばち 投稿日:2007/02/21(水) 05:06:47

皆さんどうもo(^-^)o
ケータイから失礼します。

私のちっちゃい時からの幼なじみKがいるんですけど、
Kの家では猫を飼ってるんですけどね。
その猫の名前はジャブって言います。
スッゴい目つき悪くてまっ白なデブ猫です。
そいつはK宅の主といった感じで、いつも堂々ベットやらソファーの真ん中を占領。
普通の猫なら多少は愛想が良いものなのにそいつきたら、
客人は無差別に自慢の爪で反撃。いつもフゥーフゥー威嚇。
飼い主であるK家族でさえ引っかかれ傷多数。
寝てる隙に触ろうとしてもすぐさま起き、マジ切れ。
生意気を通り越し、私にとっては恐ろしい存在になりました。
いや、友人もみんなそう思っているだろう。
そのせいかそいつの呼び方もジャブさん。と、さん付け。
多分ここまで怖い猫はいないと思う。ここまで人を威嚇する猫はジャブさんぐらいだ。
でも、それは無理もない事なんです。

ジャブさんは捨て猫でした。


[ 2014/08/23 22:01 ] ペット・動物 | CM(0)

今日やっと飼い主が見つかって、厄介払いしてきたはずだったんだが…

25: ほんわか名無しさん 投稿日:2007/02/19(月) 19:49:57

ついさっき、猫を手放したんだ。
別に里親に出したとかそういう訳じゃないぞ!

六日前に、家の親父が四ヶ月くらいの迷い猫を保護してきたんだ。
マンションの入り口んとこにいて、住人の後を追っかけまわしてたらしい。
首輪してたしテラ毛並み良かったもんだから、
多分室内飼いだったんだろうな。
で、ウチに来たはいいんだが、奴めウチで普段飼い猫やってるフリスキー
喰わねえのww
どんだけいいもん喰っとんのかと。ウチは十一匹も猫飼ってるから安物買わないと
やってらんないわけ。軽い財布から絞りだしたエサを、喰わないの。
その上仕方がなく缶詰やったら今度は玄関にウソコしやがるww
親父も俺もキレたね。
怒りの余り何故か家族中で喧嘩して、家庭崩壊しかけたヨwww
(続く)


[ 2014/08/23 18:01 ] ペット・動物 | CM(0)

私は帰る場所も仕事も彼も無くした、そんな時期がありました。

7: 2*歳女 投稿日:2007/02/17(土) 18:54:58

私は帰る場所も仕事も彼も無くした、そんな時期がありました。
彼の就職先が決まり、私は都内の仕事を辞め地元で就活してました。
親にも挨拶し、子供は結婚してからにするかとか、そんな将来の話をするのが日課で。
しかし彼は、好きな仕事を一生懸命頑張ってる私が好きだったそうです。
仕事を辞めてからの私は一気に生力を失い、結婚する為だけに何とか体を動かしてた、そんな状態だと彼は気づいた。


[ 2014/08/23 12:01 ] 恋愛 | CM(0)

そこまでするか!?って言うぐらい人を大切にする社長の気持ちが また俺を泣かしてしまう。

977: 癒されたい名無しさん 投稿日:2007/05/05(土) 22:52:29 ID:O+rRPpX0

今日、1年ちょい続いてたバイトやめてきた。

店長とか周りの人に言ったバイトをやめる理由は
「時給が安いから」って言ったんだ。
まぁーそれもあるんだけど本当の理由は
何かバイト先の人に嫌われてるような気がしてたんだ。

そんで後片付けや閉店作業をしてると
手伝いに来てた副社長が「お疲れさん、期待してたのにな~」って言われた。
その一言で俺泣きそうになった。
でも涙もろい俺だけど何とか踏ん張れた。
で、色々な部署にお別れの挨拶をしにいった。

そしたら俺が働いてた部署のチーフからせん別された。
それを見てか2週間ぐらい前に入ってきた新入社員の方にもせんべつされたんだ。
いっぱい迷惑をかけ、わがままだった俺に。

もうそれで目が潤んできてた。

そして店長の所へ
俺を見て店長は作業をやめ「お疲れ様でぇ~す(´∀`)」
って言われた瞬間、泣いてしまった。

お客さんが食事中にも関わらず号泣してしまった。

「○○君が急にやめるって言うから皆驚いてたで
 ○○君と○○さん(同期の子)は凄い良いコンビやったのになぁ…。
 ○○君はこの会社で良い存在で、皆から可愛がられてたのにな~」って

遅刻魔で自分のやり方で仕事をしてた俺に真剣に話してもらったんが
なんかすごい情けなかったし、すごい優しさを感じた。

まえにも辞めるって言って店長とチーフは俺のことを
ちゃんと仕事内容に検討をしてくださったこと。


[ 2014/08/23 10:01 ] その他 | CM(0)

旦那に『デブ・ブス・気持ち悪い』と言われだんだん外に出るのが、人と会うのが怖くてしょうがなくなっていった。

891: 癒されたい名無しさん 投稿日:2007/02/26(月) 00:34:17 ID:AzcFJRF4

妊娠中。気持ちが沈む事が多く旦那には『デブ・ブス・気持ち悪い』と言われだんだん外に出るのが、人と会うのが怖くてしょうがなくなっていった。
産院以外は部屋にひきこもるようになり毎日、泣いていた。
死んでしまおうかと頭をよぎる毎日だった。
出産の日。帝王切開で無事産まれた。
死んでしまいたい毎日を過ごしてたお腹に、こんなに元気で生命力あふれる赤ちゃんがいた。
妊娠中に申し訳ないことをした分、私が死ぬまで命をかけて、あなたを守るよ。


[ 2014/08/22 22:01 ] 母親 | CM(0)

「なんで俺を産んだのだろう…」 小2してはとんでもないことを考えてたと思う。

874: 癒されたい名無しさん 投稿日:2007/02/11(日) 06:25:44 ID:EwxtTTuh

全然泣けないが少し語らせてくれ!!



俺は3人兄弟の末っ子(兄、姉、俺)なんだが、
兄弟でただ1人病弱なのか、1歳の時に川崎病にかかり入院した。

特に問題もなく退院したのだがまた7歳で再発し、入院することに。
この頃からだろうか、「なんで俺ばっかり…」と思うようになった。
とにかく自分が嫌でしかたなかった。
「なんで俺を産んだのだろう…」
小2してはとんでもないことを考えてたと思う。

退院できたものの、運動制限付き。
体育の授業は出来ない。運動会も出れない。
皆と同じ事が出来ないのがとても悔しかった。
それと同時に親を憎んだ。今考えれば本当にバカだ。

2年生ももうすぐ終わりだというときに授業参観があった。
授業は道徳で親と子が手紙を互いに交換し合うというものだ。
俺は恥ずかしく、
「いつもありがとう」
などとしか書けなかった。


[ 2014/08/22 18:01 ] 母親 | CM(0)

玄関をあけたら、いつもと違うお線香のにおいがした。 すべてを悟った私は泣き崩れた。

727: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/09/29(金) 03:50:47 ID:SVuEhgE3

うまく伝わるかわかりませんが私の話を…
私は小さい頃からすごくおじいちゃんおばあちゃん子でした。
電車で30分位の所にすんでいたので、小さい頃から親と喧嘩すると泣いて電話したり、祖父母の家に家出したりしました。
私は一人っ子なのですごく可愛がってくれました。
特に祖母はまるでもう一人の母親のようでした。私が何歳になっても毎日のように電話で「今日は何してたの」「何時に帰ってくるの」
など母親以上に口うるさく言ってくるので遊びたい時期の頃はうっとうしくもありました。
祖母は気持ちは女子高生のように若くて、オシャレだった祖母は、遊びに行くのが大好きで、お金持ちな祖母はしょっちゅう旅行に出かけたり何万もする服をたくさん買ったりしていました。
月に一度位、小さい頃からずっと変わらない習慣は、祖母と二人で買い物にいくことでした。。たぶんイマドキの高校生ならおばぁちゃんと買い物なんて嫌なんだろうけど、私は服を買ってもらえるのが嬉しかったし、マルキューにも一緒にいきました。
私が試着する間、どこにいってもおばあちゃんは店員さんに私の話をしていました。
足が悪いおばあちゃんはいつも杖をついて、階段は私に支えられながら昇っていました。すごく大変そうなのに、「みかちゃん、どっか行こう、つまんなくて気が狂いそう」って電話がかかってきます。
私が短大の二年で、体調崩して留年した時も私はやめちゃおっかなーなんて思ったけど祖母がどうしても卒業だけはしないと絶交っていうから、おばあちゃん孝行だと思っていくことにしました。
卒業のかかった試験の何ヶ月か前から、おばあちゃんが腰が痛いって言い出した。食べ物も食べれないって。
母親が無理矢理病院連れてったら、すい臓ガンだって。しかも末期。
余命半年って、そんなことある?あんな元気なおばぁが。
それからあっという間に入院。食べ物が食べられなくなったおばあちゃんはどんどん痩せて小さくなった。オシャレなおばあちゃんは醜い自分を見られたくなくて家族以外はお見舞いにこさせなかった
あまり話もできなくなったのに、私がいくと卒業と就職のことばかり心配する。クリスマスの日、一時退院させてもらって、親族でクリスマスパーティーをした。
寝たきりのままだけど、ご飯も食べれて、おばあちゃんがたくさん笑ってて、元気になったきがして、すごくすごく嬉しかった。
それから試験が近づいたので私は試験が終わったらすぐにまたお見舞いにいくつもりでおばあちゃんに卒業を報告したかったから勉強漬けだった。
試験の最終日の前日、夕方からお見舞いにいった母親から祖母の体調がわるいので帰りが遅くなると言われた。
心配であいに行きたかったけどそうもいかなかった。帰って来た母親の目は赤かった。
試験が終わったあと、すぐに病院にむかおうと思ったら祖父母の家に来てといわれた。



玄関をあけたら、いつもと違うお線香のにおいがした。


すべてを悟った私は泣き崩れた。
信じられなかった。余命を言われた時から心の準備はしてたけど、なにより何も恩返しできなかったのが悔しかった。卒業も間に合わなかった。ごめんねという気持ちでいっぱいだった。

祖母は最後まで私の卒業の心配をしていたそうだ。

それをきいて本当に涙が止まらなかった。
私にとって初めてのお葬式が祖母になってしまった。お葬式の時、知らない親戚やおばあちゃんの友人がたくさんいて、その人たちはみんな私の所に泣きながら来た。みんないうことは同じだった。


「あなたがみかちゃんね、おばあちゃんはあなたの話ばかりしたのよ。」


涙が止まらなかった。私はしあわせものだと思った。孫が三人もいるなかで、私が唯一の女の子だったからだろうが、私は本当に愛されていたんだ。

おばあちゃんが大好きだったたくさんの綺麗な花に囲まれている祭壇の写真のおばあちゃんは、すごくすごくキレイだった。
おばあちゃん、ありがとう。


[ 2014/08/22 12:01 ] 祖父母 | CM(1)

両親二人とも三年前事故って死んじゃって、姉ちゃんと二人暮ししてたが、姉ちゃんが、病気になってしまいました

668: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/07/06(木) 02:24:13 ID:BmlyLSDl

両親二人とも三年前事故って死んじゃって、姉ちゃんと二人暮ししてました。
お金ないのに俺は姉ちゃんに高校に行かせてもらえました。好きな部活もやらせて貰ってます。
姉ちゃん仕事ばっかりで、いっつも俺と一緒に朝出て、俺より遅く帰って来ます。「ムリすんなよ」って言っても、全然聞いてくれません。
自分は服も買わないくせに、俺にはちゃんと部活道具も買ってくれます。

そんな姉ちゃんが、病気になってしまいました


[ 2014/08/22 10:01 ] 兄妹 | CM(0)

俺は無人ATMの警備員のバイトをしてるんだが、ある日DQNな爺さんにからまれた

638: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/04/17(月) 02:28:28 ID:UoEeBYBt

俺は無人ATMの警備員のバイトをしてるんだが、ある日DQNな爺さんにからまれた、
「何や!!お前は!!
人を銀行強盗扱いしやがって!!舐めとんのかゴラァ!!」みたいな事を急に言われた。
いきなりの事で、恥ずかしいやら、悲しいやらで、相手が客の爺さんだけに警備員だからと言って怒鳴り返す事も出来ずに、突っ立ってた。


[ 2014/08/21 22:01 ] その他 | CM(0)

「俺はきっと長くは生きられないと思う。お前にも子供にも辛い思いをさせると思うから、堕ろそう」

630: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/04/15(土) 22:53:56 ID:6wK5nUfJ

うちは母と兄2人と私の母子家庭。
私が2歳の時に父がなくなった。
最近聞いた話だと、父は私を産むのは反対だったらしい。
死期を予感してたのか、
「俺はきっと長くは生きられないと思う。お前にも子供にも辛い思いをさせると思うから、堕ろそう」
と言ったらしい。
でも母は産む、と言った。私を妊娠する前に一人麻疹で流産したのもあり
「せっかく授かった子供だから産みたい。何があっても絶対に私が育てきるから」
と父に頼み、そして私を産んだ。
母が産むと言ってくれなかったら私はこの世にいなかった。
でも父も、ずっと欲しかった女の子というのもあり、死ぬまで私を溺愛してくれた、と色んな親戚からよく聞く。
記憶がないのが本当に悔しいし、父に申し訳ない。


[ 2014/08/21 18:01 ] 母親 | CM(0)

[ 2014/08/21 13:52 ] 未分類 | CM(0)

祖父は、いつまでも車を追い掛けて「待って!待って」と泣き叫んでいた

621: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/03/20(月) 21:47:20 ID:g4KZVGKT

人前で泣いた事のない祖父がいる。祖父の泣いてる姿を見た人は誰も居なかった。あの日までは‥

祖父は何があっても泣かない。祖母が亡くなっても泣くことはなかった。
お葬式中も冷静に、ただ黙って祖母の顔を眺めていた。
皆が祖母との別れをすませ、出棺の時だった。

「待って!!」いきなり祖父は叫び車を呼び止めた。
もう一度、祖母の顔を見せてと頼み、顔を見た瞬間に初めて祖父は人前で涙を流した。

もう時間だから…と祖父を説得しても「待って、待って!」と子供のように泣き叫んでいた。
愛する人の顔を擦りながら、ワンワンと泣いていた。
時間が無いので車は出発した。祖父は、いつまでも車を追い掛けて「待って!待って」と泣き叫んでいた

火葬の時も「待って!待って!!」と泣き叫んでいた。
普段、人前で涙を見せない祖父が泣いていた。

祖母はすごく、すごく愛されていたんだと思う。幸せだったのだろう


[ 2014/08/21 12:01 ] 死別 | CM(1)

私が2才の時父が死に、母一人で育ててくれたんだから、これから恩返ししなきゃダメだと思った。

608: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/03/10(金) 23:00:38 ID:OZqaGRni

さっきあった実体験。我が家は母と私の母子家庭です。二人とも働いてるんで晩御飯はいつも一緒には食べない。しかも最近私は彼氏と遊ぶことが多くて帰宅が遅い。それで昨日私がテレビを見てる時に「焼肉食いたい~」と言ったんです。母はまぁ、聞きながしてて。


[ 2014/08/21 10:01 ] 母親 | CM(0)

主人に見捨てられて、俺の中途半端な優しさを受けたその犬はつらかったんじゃないかなと思う。

599: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/03/05(日) 15:37:58 ID:trz3j7Rv

おもいっきりスレ違いだけど、書かせてもらいます。

俺が中学生の時、近所にDQNなおっさんが住んでたんだけど、そのおっさん柴犬飼ってたんだよ。
俺が小学生の低学年の時にはもういたから、その犬は結構な年はいってたと思う。
ある日部活から帰って家に入ろうとすると、いつもはおっさんの家の庭先にある犬小屋で鎖に繋がれているはずなのに、放し飼い状態で俺ん家の前の道路を徘徊してた。
俺は犬に噛まれると思い(小学生の時、おっさんの家の前通るたび吠えられた為少しトラウマ)急いで家ん中に入った。


[ 2014/08/20 22:01 ] ペット・動物 | CM(0)

じいさん「私は目が見えなくてね。家族とはぐれて困ってたんだ。」 マジかよ。めんどくせー

576: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/03/04(土) 04:21:34 ID:I1VOl08f

全然、涙出るほどいい話じゃないんだけど
ふと思い出したんで書かせてもらいます。

俺は三月にギリギリで卒業した工房なんだが
去年あった話を…

俺は、どうしようもないヤツで
警察ともめたりとか、喧嘩とか、あほみたいな事ばかりしてた不良ってやつだった
そんなある日、あまりに暇だったから学校を無断で抜け出し
駅前までバスで遊びに行ったんだ
駅前に着いて、一服しようとタバコ取り出そうとしたら
何か、フラフラもたついてるじいさんが目に付いた。

俺は「うざってーなぁ、道わかんねーな来るなよ」
とか思ってた。

そのじいさんはただ、その辺をうろつくだけで、誰にも助けをもらうわけでもなく
誰も、助けようとするわけでもなくて
見てて居た堪れなくなり、声をかけた。

「どこ行くんだ?見ててイライラするから行きたいトコ連れてってやるよ。」
かなり不器用。こういうの慣れてなかったから

じいさんは「ありがとう。私は目が見えなくてね。家族とはぐれて困ってたんだ。」
と言ってきた

マジかよ。めんどくせー
とか思ってたんだけど、駅に連れてけば大丈夫かなって思い
連れてくことにした。

俺はじいさんの手を掴み、駅に向かっていった
そんな俺らを周りは、不思議そうに見てた

俺は黙って歩いていた
じいさんは、俺に話しかけてくる

年はいくつだ、学校には行ってるのか。そんな感じのことを聞かれた
適当に話してたんだが、じいさんおもろくて気付いたら、もう駅に着いてた

俺は家族と会えるように駅員にアナウンスしてもらったり
じいさん連れて家族を探してた。そしたら、運よく家族と再会できた。 
もう用無しかなって思い、俺は帰ろうとした時にじいさんがこう言った

「本当にありがとう、最近の子でも君みたいに優しい子もいるんだねぇ…本当に助かりました。ありがとう」
って
俺は否定した。ついでに俺のしてきたあほな事も全部言ってやった。でもじいさんは
笑いながら
「元気だなぁ。でも、今日私を助けてくれた事には変わりない、優しい子だよ。
親も自慢できるだろね。」
って言ってきた

なんて言っていいか分からなくて「ありがと。でも自慢はできねぇだろwじいさん元気でやれよ」
とだけ言って俺もそのまま帰っていった
ずっと、お辞儀しててくれたっけな…
すごく嬉しくて俺、少し泣いてたな。今思うと情けなかったかなって思う
今、ふと思い出した事だから、曖昧なトコもあるかもしれないけど
書かせてもらいました。

長文、乱文失礼しました。


[ 2014/08/20 18:01 ] 祖父母 | CM(1)

ほんの20分でも家に寄らせてあげれば良かったなと今更後悔してる。

560: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/02/28(火) 22:48:26 ID:nezQgt77

いい話じゃないんだが。

3年前に父親が死んだ。
お見舞いとか便利性を考えて近くの内科しかない病院へ入院してた。
眼科への通院も必要だったのでそれは私が月に1回違う病院へ連れていってた。
その通院の時は家の近くを通るのだが
「ちょっと家へ寄っていきたいな」
といつも言われた。半日の休みしか取ってないし、その言葉もその時は面倒だなくらい
にしか思ってなかった。
しかし溶体は悪くなり、眼科の通院も救急車での移動になった。
それから半年くらいしたあたりだろうか、父は死んだ。

思えば三年、入院で家に帰ってなかった。
「午後から仕事だから駄目」といった言葉に「そうか・・・・」と残念そうに言う父の返事が
耳に残ってる。
ほんの20分でも家に寄らせてあげれば良かったなと今更後悔してる。

スレ違いスマン

 


[ 2014/08/20 12:01 ] 父親 | CM(0)

遺品の整理で家に行ったとき祖父は祖母の物を全て「ゴミ」としていました。

534: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/02/26(日) 22:07:56 ID:YQ7GefbE

私の話を聞いてください。
2年前父方の祖母が亡くなりました。
祖母には5人の息子と3人の娘がいました。そのうちの長男が私の父です。
父は温和で争いごとを嫌い外見は弱弱しい感じです。年々歳をとり、今では孫もでき立派なおじいちゃんです。

祖母は年々弱っていて入退院を繰り返すほどでした。
退院したとしても家の中で寝ているばかりで一緒に暮らしているのに祖父が面倒を見るわけでもなく大抵の時間を一人
ですごしていたそうです。

私は昔から祖父、祖母ともに会う機会がありませんでした。
というのは祖父が気難しい人で息子、娘との仲が悪く家に行くこともなく育てられていたからです。
祖父は頑固で孤独な人でした。祖母が亡くなるまで2回しか会ったことがありませんでした。
ただ覚えているのは仕事一筋のおじいちゃんということだけです。顔もすぐに思い出せないくらししか記憶にないのです。


[ 2014/08/20 10:01 ] 祖父母 | CM(2)

私が幼い頃は母は弟の世話に終われていてちょっと寂しかったのを覚えている。

526: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/02/15(水) 11:44:41 ID:4ou4/XXs

涙が出るほどってわけでもないけど、思い出を一つ。
私は二人姉弟の姉、弟は3つ年下で、私が幼い頃は母は弟の世話に終われていてちょっと寂しかったのを覚えている。
当時田舎に住んでいて、3~4歳当時はよく近所の野原に一人で遊びに行ったものだった。
家が周囲にぽつんぽつんとしかない所で、近所に同年代の子がいなかったのだ。
やがて家族で市街地へと引っ越し、私は幼稚園へ通うようになった。
それまでは友達と呼べる相手もなくかなりの人見知りだったが、次第に友達もでき、楽しい幼稚園生活だった。


[ 2014/08/19 22:01 ] 母親 | CM(0)

親父は若い頃に箱根駅伝に出たらしい。

518: 投稿日:2006/02/15(水) 04:24:57 ID:VBIQu8j/

小さい頃、よく親父に連れられて街中を走ったものだった。
生まれた町は田舎だったので、交通量が少なく、
そして自然が多く、晴れた日にはとても気持ちのいい空気が漂っていた。

親父は若い頃に箱根駅伝に出たらしい。
だから走る事が大好きで、息子にもその走る楽しさを教えてあげたかったのだろう。
もともと無口だった親父も、走ってる時だけはずっと俺に声をかけつづけていた。
普段の無口な親父がなんとなく怖かった俺は、その時だけは親父が好きだった。
そしてお袋が作ったタスキを使って、駅伝ごっこをしてりしてた。
今思えば、親父はまだ青春時代に生きていたのだろう。

中学に入った俺は、当然陸上部に入部した。
レースでは結構いい成績で、部活内でもトップレベルだった。
毎回応援に来てくれる親父は、俺がいい記録を出した日には必ず酒を飲んでいた。
そして真っ赤な顔して上機嫌で、俺に毎回同じ事を言うんだ。
「お前と一緒に、箱根走りたかったなぁ」って。

高校にいっても陸上は続けた。
でも思うように記録は良くならず、さらに勉強についていけないのもあってか
俺はいつもイライラするようになった。
勉強の事には口を出さないくせに、陸上のことばかり気にしてくる親父の事を、
鬱陶しく感じてしまうようになるのに時間はかからなかった。
親父が期待してるのは知ってたから、余計に顔を見たくない気持ちだったのだろう。
反抗期、というものだったのかもしれない。


[ 2014/08/19 18:01 ] 父親 | CM(0)

父親の死因は鬱による自殺で、私は高校が終わってから祖母からその事実を知らされました。

503: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/02/14(火) 07:14:55 ID:lfq1zSDg

上のいい話に涙をこぼしながら私も自分のささやかな話を書かせていただきます。
もうすぐ四十にての届こうかという毒女なのですが
実家から遠く離れたところに住んでいます。
先日母親が実家のアルバム類の入った物置を整理していたところ
私が四歳の頃に死んだ父親が私の生誕時に撮ったという私のスライドをみつけたそうで
ちょうど私の誕生日でもあり、送ってくれることになりました。
12枚ありました。


[ 2014/08/19 12:01 ] 父親 | CM(0)

「死にたい」という事を手話で表した時、先生は急に怒り出し、俺の頬をおもいっきり殴った。

492: 1/5 投稿日:2006/02/13(月) 05:50:13 ID:Ksv7Zq5b

俺には母親がいない。
俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。
産まれたときから耳が聞こえなかった俺は
物心ついた時にはもうすでに簡単な手話を使っていた。

耳が聞こえない事で俺はずいぶん苦労した。
普通の学校にはいけず、障害者用の学校で学童期を過ごしたわけだが、
片親だったこともあってか、近所の子どもに馬鹿にされた。
耳が聞こえないから何を言われたか覚えていない(というか知らない)が
あの見下すような馬鹿にしたような顔は今も忘れられない。

その時は、自分がなぜこんな目にあうのかわからなかったが、
やがて障害者であるということがその理由だとわかると
俺は塞ぎ込み、思春期の多くを家の中で過ごした。
自分に何の非もなく、不幸にな目にあうのが悔しくて仕方がなかった。

だから俺は父親を憎んだ。
そして死んだ母親すら憎んだ。
なぜこんな身体に産んだのか。
なぜ普通の人生を俺にくれなかったのか。

手話では到底表しきれない想いを、暴力に変えて叫んだ。
ときおり爆発する俺の気持ちを前に、父は抵抗せず、
ただただ、涙を流し「すまない」と手話で言い続けていた。

その時の俺は何もやる気がおきず、荒んだ生活をしていたと思う。


[ 2014/08/19 10:01 ] 父親 | CM(0)

本当は血が繋がっているのに父親の思いこみで血の繋がらない娘として育てられた

486: 親不孝 投稿日:2006/02/09(木) 01:36:10 ID:/7SNRw7K

私は今卒業を控えた高校生です
私は父親に血の繋がらない娘として育てられ、毎日暴力に耐えてきました

本当は血が繋がっているのに父親の思いこみで…
とばっちりには母にも…
父方の家族には何でこんな子生んだんだ
父親にはあの時降ろせと言ったのに
と言われた

高一の冬に私だけ家出して沢山お母さんに心配かけました。
私が帰ったその後に母と弟と私で家を出て生活保護をうけました

梅雨頃、生活保護から一般の生活を始めました

高二の冬に私は家を出て男の人と同棲を開始しました
それからお母さんは痩せました

母はいつも心配してくれた

高二の夏
私は流産した
初めて子供を失う辛さを知った
きっと男の人には解らない

そして母は私に時々こう言います
生まれてきてくれてありがとう。嬉しいよって…
あんなに殴られたのにそんな事言わないで

あんたを生んで後悔したことは一度もないよ
あんたには辛い思いさせたけど
あんたのお母さんになれてよかった
私さえ生まなかったらお母さんはもっと幸せだったのに…

死にたいときも一緒に泣いてどうしたら良いか考えてくれたお母さん
大好きだよ
もうすぐ彼と結婚します

生まれてきた時からずっとこんな親不孝な娘でごめんなさい

でも私はお母さんの娘で良かったと言える
辛いことも沢山あったけど生んでくれてありがとう


長文失礼しました


[ 2014/08/18 22:01 ] 母親 | CM(0)

戦死した夫は三十二歳のままで柳原タケさんの心の中に生き続けています。

479: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/02/05(日) 19:36:21 ID:CnhYgEES

天国のあなたへ   柳原タケ

  娘を背に日の丸の小旗をふって、あなたを見送ってから、もう半世紀がすぎてしまいました。
  たくましいあなたの腕に抱かれたのは、ほんのつかの間でした。
  三二歳で英霊となって天国に行ってしまったあなたは、今どうしていますか。
  私も宇宙船に乗ってあなたのおそばに行きたい。
  あなたは三二歳の青年、私は傘寿を迎える年です。
  おそばに行った時、おまえはどこの人だ、なんて言わないでね。
  よく来たと言って、あの頃のように寄り添って座らせて下さいね。
  お逢いしたら娘夫婦のこと、孫のこと、また、すぎし日のあれこれを話し、思いっきり甘えてみたい。
  あなたは優しく、そうかそうかとうなづきながら、慰め、よくがんばったねとほめて下さいね。
  そして、そちらの「きみまち坂」につれて行ってもらいたい。

  春、あでやかな桜花
  夏、なまめかしい新緑
  秋、ようえんなもみじ
  冬、清らかな雪模様

  など四季のうつろいの中を二人手をつないで歩いてみたい。
  私はお別れしてからずっとあなたを思いつづけ、愛情を支えにして生きて参りました。
  もう一度あなたの腕に抱かれ、ねむりたいものです。
  力いっぱい抱きしめて絶対にはなさないで下さいね。

Web版「正論」 遊就館の見学記録より
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2003/0308/message1.html


[ 2014/08/18 18:01 ] 死別 | CM(0)

俺のはじめての友達で兄弟だった。

445: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/01/18(水) 03:22:58 ID:XIF2CF12

ムサシ

俺と18年間過ごした雑種犬。
言うことも聞かないし犬らしいリアクションも少なく、ただただ所定の場所に座り行き交う人を睨みつける。
当時は本当に不安になって獣医に耳が聞こえてるか検査に連れて行ったくらい。

愛嬌というものが皆無でお手やおすわりも覚えなかった。
ムカつく犬だったなー。「ムサシ!」って読んでもシカト。「おい!」って軽く小突いてもシカト。散歩とメシの時は目を合わせずに尻尾だけ振ってるし。

だからあいつが病気になって入院した時はスゲー不安だった。
痛がったり苦しがったりのリアクションを先生にわかるかな?とか辛くても空中睨みつけるだけで我慢してんじゃないのかな?とか考えてたら眠れなかった。
病気のせいで記憶障害起こしてる可能性があるって医者から聞いた時、目の前が真っ暗になったよ。
生まれた時から一緒だった俺の事も忘れてんのかなって思うと怖くて仕方がなかった。


[ 2014/08/18 12:01 ] ペット・動物 | CM(0)

担任は彼が休んだ理由を中々言わなかった。

431: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/01/15(日) 16:07:29 ID:8hOxWq7/

小五の春に彼は転校して来た。
私の住んでいた所は田舎で東京から来た彼はとても皆と違う雰囲気があった。
どちらかと言うとジャニーズ系だった。


最初は周りの男子も近寄らず彼は一人だった。

そしてある日いたずら好きのAが彼と仲良くなっていた。
それを見て周りの子も少しずつ彼と話すようになった。
ある日席替えがあり私は、彼と隣になった。
それから少しずつ話すようになりその人柄の良さに私はひかれた。
いつのまにか毎日しゃべっていた。
いろいろな話をした。東京の話とかテレビとか…。
それから彼にはたくさんの友達が出来た。
そしていつのまにか彼の周りにはいつも友達が居た。
そんなある日彼は学校を休んだ。


[ 2014/08/18 10:01 ] 学校 | CM(0)

何歳になってもお互いを思いやれるのって素敵だなと思った。

407: 癒されたい名無しさん 投稿日:2005/12/07(水) 18:21:07 ID:/vDCmAuZ

前に学校に行く時電車で座席に座ってたんだが、
ふと横を見るといかにも人柄の良さそうな老夫婦が立ってた。
俺は席に近かったおじいさんの方にどうぞと声をかけた。
するとおじいさん、おばあさんに「座らせてもらいなさい」と言う。
言われたおばあさんは「いやいや、お父さんが座ってください」と返す。
するとおじいさんは「せっかく譲ってくださったんだから…」と言った。
そして結局おばあさんが座ったんだが、何歳になってもお互いを思いやれるのって素敵だなと思った。

涙が出るほどいい話でもないと思うけど、
ちょっと穏やかな気分になれたから書き込ませてもらいました。


[ 2014/08/17 22:01 ] 祖父母 | CM(0)

才能だけで生きてる人も居るのに…なんで先輩は死ななあかんのですか?

386: 癒されたい名無しさん 投稿日:2005/11/11(金) 23:34:25 ID:Ecul+h+R

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。
世界で1番尊敬する先輩がいました。野球は本当に下手で、一度も打席に立たせて貰った事がありませんでした。
それでも毎朝毎晩ずーっと練習してて、手はいつも血とマメでボロボロでした。
俺は先輩にある日『Mさん、なんでそんなに頑張れるんですか?』と聞きました。
先輩は、『頑張らんと試合出られへんやろ?』と答えて、また黙々とバットを振り始めました。
俺は先輩の努力に憧れ、それからずっと練習に付き合いました。


[ 2014/08/17 18:01 ] 死別 | CM(0)

「そのお金はね、アタシが一人暮らしする日の朝に中学生のアンタが『今これしかないけど』ってくれたお金。」

376: 癒されたい名無しさん 投稿日:2005/11/04(金) 03:35:22 ID:cAELYwG2

姉の部屋で充電機かなにかを探していた私。小物入れから3千円をみつけた。
姉に「何これ?へそくり?使わんならちょーだい」
姉「それはダメ。」
私「へそくりが3千円なんてやっすいなぁ笑」
姉「そのお金はね、アタシが一人暮らしする日の朝に中学生のアンタが『今これしかないけど』ってくれたお金。大事なお金なんよ。」
そんなことすっかり忘れてたな。こんなことがたまぁにあり、たまぁに姉が大事に思える。

泣ける話じゃなかったかな。泣けたのは本人だけでしょう。


[ 2014/08/17 12:01 ] 兄妹 | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。