人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON
月別アーカイブ  [ 2014年07月 ] 

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

何故かその日だけは一瞬誰かに呼ばれた気がして、目覚ましも鳴らないうちに目が醒めた。

596: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/11/03(金) 10:51:39

良い話かどうかわかんないけど…昔の話します。


高1の時突然母がペット飼いたいとか言い出して、我が家に一匹のハムスターがやってきた。

なのに何故か私が世話係にされてたw
始めはしょっちゅう噛まれて餌やるのも怖かったけど、慣れてきちゃうと可愛くて。私の手から直接餌食べた時には感動すら覚えたな(〃´`〃)

その頃になるとハムスターの方も家に慣れたみたいで、私がケージに近付くと察知して巣から出て来てくれるようになった。部屋に離して遊ばせたりもした。家族みんなニコニコして見守ってたよ。

本当に可愛かった。立派に家族の一員だった。ずっと一緒にいられると思ってた。




家に来て2年目の冬に腹部から出血した。

動物病院の先生からガンだと告げられた。正月は迎えられないかもしれないと言われた。
『おいしいものを食べさせて、最期まで幸せに過ごさせてあげてください』
という酷な言葉が頭の中で何度もぐるぐる回って、それ以外は何も考えられないまま真冬のクソ寒い道を涙で顔をグシャグシャにしながら歩いた。病気にしてごめんごめんって気持ちでいっぱいだった。あんなに家が遠くに感じた事は無かった。



スポンサーサイト
[ 2014/07/31 18:01 ] ペット・動物 | CM(0)

昨日、ウチに一人の面識がない老人が訪ねてきた。

592: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/10/31(火) 10:09:07

昨日、ウチに一人の老人が訪ねてきた。
両親も面識がなく初めて出会う人だったのだが
その老人は、オレたちに何とも嬉しそうに話かけてきた。
事情ががさっぱり飲み込めないでいると、しきりにウチのばーちゃんの名前を
口にするので、とりあえず近所に住んでるばーちゃんを呼んで来ると、その人見てびっくり。
何でも、今から60年以上前。戦時中ウチの近所に住んでいた人らしい。老人は韓国人だった。

当時、日本は戦時中で朝鮮人差別もそれは酷いものだったらしい。
その老人の家族も、貧乏して食料も買えず近所の子供にはバカにされて辛かったんだそうだ。
そんなとき、うちのひいばあちゃん(故人)だけが何も言わずに米を分けてくれたり
自分の持っていた借家に安く住ませてれたりと、親切にしてくれたそうな。
老人の家族は戦後韓国へ引き上げたそうだが、その当時も生活が苦しくて
実は、引揚げる際に、ウチに支払うはずだった家賃半年分を踏み倒して行ってしまい
老人の母親は死ぬまで、そのことを悔いていたんだそうな。
で、老人は自分も歳を取っていつ死ぬか分からないし、母親の無念を晴らすために訪日を決意したとのこと。
※実は、15年前にも一度近所まで訪ねて来られたらしいが、自分の知っている景観とあまりにも変わってしまって、
ウチを探し当てることが出来なかったらしい。今回は、わざわざ近所の小学校を訪ねて当時の学生名簿を借りて、
知り合いを辿ってついに探し当てたとのこと。

「長い間お世話になりました。本当はひいおばあさんに直接お渡ししたかったのですが・・・」
と、老人は涙目になりながら礼を言って、菓子折とお金を差し出してきた。
オレたちも、わざわざ韓国から60年前のことで礼に来られた老人の心意気にいたく感激し
お金の方は丁重にお断りした(大体、ひいばあちゃんもその方が喜ぶだろう)。
菓子折は、その場で開けて皆でお茶にした。老人は懐かしそうに昔話を語った。
老人は、帰り際
「もし皆さんが韓国へ来られることがあったら是非訪ねて下さい。歓迎します。」
言ってくれた。来年は親を連れて韓国旅行にでも行くかなw

その前に就職しなきゃだけど('A`)


[ 2014/07/31 10:01 ] 祖父母 | CM(0)

誰かを憎み続けるのは辛かったです。

577: 投稿日:2006/10/25(水) 15:28:55

どこに書いたらいいかわからなったので、
スレ違いだったらごめんなさい。

実家は昔、宝石関係の会社をやってきて、
わりと裕福な家庭だったと思います。
幼稚園まではものすごく大切に、贅沢に育てられました。
でも、幼稚園から小学校にあがる時に弟が産まれ、
それから高校卒業までずっと虐待されて育ちました。
地獄のような数年間でした。
歯は2本折れてありません。
太ももに包丁で切られた傷の縫い痕が今でもクッキリとあります。

高校入学時にわかりましたが、
私は養女だそうです。
何年も子供が産まれなかった両親が養子にしたのですが、
予想に反して子供がさずかり、私が邪魔だったそうです。
大学入学時にまとまったお金を少し渡され、
私はそこから家を出ました。
自由になれたと思いました。
それからは昼は学校へ、夜は早朝まで働きました。

大学2年の時に、実家の会社が倒産しました。
私のところにまで金融などの取り立てがやってきました。
私はどうしても大学を続けたかったので、
夜は風俗で働くことになりました。
営業時間が終わると、そこからは朝まで高級デリバリーヘルスで働きました。

4年の夏ごろ、倒れて入院しました。
昏睡から覚めると、子供が産めない体になっていました。
お医者様からは「不妊治療をしてもおそらく無駄でしょう」と。


[ 2014/07/30 18:01 ] 母親 | CM(0)

そんな幸せな日々も高校卒業と同時に崩れだした。

573: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/10/24(火) 23:19:29 ID:kQ1FNTXh0

コピペですまん

133 名前: 以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします 投稿日: 佐賀暦2006年,2006/10/23(佐賀県民) 23:43:41.48 ID:kQ1FNTXh0
文才が本気でないから駄文になるがよろしく。
俺さ、小学校時代からの女友達がいたんだわ。 俗に言う幼馴染。
便宜上A子ってしとく。
A子は、父親が早く亡くして所謂、母子家庭って奴だった。 もちろん小学生の俺には意味も
解らんかったから仲良くなるのに全然関係なかった。
お互い、仲も良かったしさ。 中学くらいになっても思春期特有のテレからから来るすれ違いもなかった。
A子のお袋さんにもよくして貰ってたし、高校になってからも俺たちは自然な形で付き合ってた。

そんな幸せな日々も高校卒業と同時に崩れだした。
もともとA子のお袋さんは体が弱かったせいか、娘を無事に卒業さした気の緩みからか
体を壊してしまった。 そして一ヶ月後…
A子のお袋さんの葬式はA子が喪主になって行われたよ。
今でもその時のA子を覚えている。 必死に泣かないように歯を食いしばって。
気丈に振舞って立派に喪主を勤め上げた。
でも、18歳の女の子がずっと耐えれると思うか? 答えは無理。
式が終わった後にA子は俺の家に来たよ。親父もお袋もその時は気を利かせて外出してくれた。

そして、その晩はA子は声を上げて一晩中泣いてた。 俺も涙を見せないようにしたかったけど無理だった
でも、それでも俺はA子に言いたい事があって何とか取り乱さずにA子のそばに入れた。


[ 2014/07/30 10:01 ] 恋愛 | CM(0)

毎年毎年この光景を見てきた。来年も見れると思った。

571: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/10/24(火) 02:54:09

毎年、夏になると祖父母の家に遊びに行った。

祖父はいつも白いランニングシャツ、灰色のズボン姿で
昼は扇風機に当たりながら高校野球の応援、
夜はビールを飲みながら阪神戦の応援。
野次る祖父を見て呆れる祖母。

毎年毎年この光景を見てきた。小さい頃から、ずっと。
今年も見た。来年も見れると思った。…見れなくなった。

祖父は、暇さえあれば俺を魚釣りや虫捕りに連れてってくれた。
祖父と釣った鮎を、祖父と捕ったクマゼミを、クワガタを、俺は忘れない。
祖母は、俺が出かけるときはいつも
「麦藁帽子かぶっていきなさい。」と優しい声で心配してくれた。
祖母の作った料理の味を、優しい声を、俺は忘れない。

じいちゃん、ばあちゃん。もうあんたらの笑顔を写真でしか見れないよ。
2人そろって、何が「お前が優しい孫でよかった」だよ。
俺なんかのためにお金なんて残してるんじゃねえよ。
そんなものいらないから、また一緒に畑に行って野菜採ろうよ。
俺手伝うよ。スイカ運ぶのだって今なら大丈夫だよ。
俺も、車運転できるようになったんだよ。

…と思ったけど、もうどうにもならないね。
じいちゃん、仕事人間だったからな。ゆっくり休んでくれ。
ばあちゃん、じいちゃんの相手疲れたでしょ。ゆっくり休んでね。

もうダメだ 涙が止まらん
泣ける話じゃなくてゴメン 自己満足ということで…。


[ 2014/07/29 18:01 ] 祖父母 | CM(0)

学校からの帰り道、家の前に 小さなすずめが一羽弱弱しそうに倒れていた。

557: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/10/19(木) 13:17:23

えっと小学校4年くらいだったかな。

夕方、学校からの帰り道、家の前に
まだまだ飛べそうにない小さなすずめが一羽弱弱しそうに倒れていた。

当時の俺は真っ先に捕まえてしまい家に連れて帰ってしまった。

当時インコも飼っていた事もあり、エサを食べさせようとしたが
横たわったままで一向に食べようとしない。
本当にこのまま死んでしまうと思った。


[ 2014/07/29 10:01 ] ペット・動物 | CM(0)

私はいつか彼氏が出来て別れる時は絶対 「今までありがとう」って言おうって決めてたけど…

555: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/10/19(木) 02:59:13

久々の投下です。このスレには何度も投下させて貰いました…
このスレ、あったかくて大好きです。

彼氏と別れました。初めての彼でした。
初めて告白されて、初めての遠距離。
初めてデートして手つないで好きだと言って…
男の人が苦手だった私には全部が初めてで
私にとっては大事な彼氏でした。
家族まで巻き込んで、恋愛してました。
でも、今日ふられちゃったんです。
原因は相手に好きな人ができたこと。
めっちゃ泣きました。切なくて、何もしたくなくなって
お母さんと一緒に声あげて泣きました。
私はいつか彼氏が出来て別れる時は絶対
「今までありがとう」って言おうって決めてたけど…
どうしても、言えなくかったです。
私はずっと一途に思ってて、次会うときの準備も着々と進めてて…
それなのに、彼はもう好きな人作って前に進もうとしてて。


[ 2014/07/28 18:01 ] 恋愛 | CM(0)

父子家庭で、母親の顔も知らないし、料理も食べたことがない

538: とり 投稿日:2006/10/14(土) 00:20:23

別にいい話じゃなくて悪いんだけど

この間友人と最後の晩餐の話をした。
「最後に何食べたい?」ってよくあるやつ。
あまり食べ物に執着が無いので、なかなかでてこなかったけど、
カレーライスがいいなと思いついた。
まだ娘が小さかった頃、カレーライスを作ると何回もおかわりして、
「苦し~。もう動けない~。」って言っている姿を見ていると、本当に幸せだった。
死にたい訳でもないし、死ねない理由もあるけど、最後にあの姿を見られたら
笑って逝ける気がする。

娘ももう思春期。父子家庭で、母親の顔も知らないし、料理も食べたことがないから、
家庭の味=親父の料理という変な家庭。
外食が嫌いで「パパの料理が一番おいしい」って言ってくれるのは、とても光栄だとは思う。

でも、そろそろお前が作れ(怒)


[ 2014/07/28 10:01 ] 父親 | CM(0)

その敵ガンダムは今でも色々ボンドとかで補強されつつも大事にガラスケースの中に飾ってある。

536: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/10/13(金) 14:20:58

これは俺が小さい時の話。当時すごく欲しかったガンダムがあった。俺は母ちゃんにこのガンダムが欲しいとアピールしていたがもちろん誕生日でも特別な日でもないので買ってくれる訳が無い。
でもある日、買い物から帰ってきた母ちゃんが「ハイ!!留守番ありがとう!!」と言ってプレゼント用の包装にリボンまでついた両手で抱える程の大きなものを買ってきてくれた☆
俺はすごく嬉しかった。急いで包装を破く。
中を開けると愕然とした…「欲しいのはコレじゃない…こいつ敵だもん!!」
かあちゃんはえっ??とした顔で唖然としている。「俺はこんな敵いらないっ!!」と怒鳴り、泣きながらしょうがなく作っていた。しばらくして母ちゃんの顔を見ると母ちゃんは泣いていた。
「ごめんね…お母さんガンダムの事全然知らなくて…」俺は母ちゃんごめんと泣きながら母ちゃんの胸に飛び込む。
今思うとすごく後悔してるがその敵ガンダムは今でも色々ボンドとかで補強されつつも大事にガラスケースの中に飾ってある。


[ 2014/07/27 18:01 ] 母親 | CM(0)

3年前、体調不良のため病院に行ったら、脳に腫瘍が発見された

534: konkon 投稿日:2006/10/13(金) 12:53:15

自分の話ですみません。。。
9年前・・・・嫁にプロポーズした。『お前の最後は俺が看取るから。一緒になってくれ』
涙とともにOKサイン!!!翌年結婚♪幸せでした。
・・・・3年前、体調不良のため病院に行ったら、脳に腫瘍が発見された・・・・進行状況は不明だが、かなりの大きさであった。ためらったが、嫁には報告しました。
嫁は、病気に負けないようにと、普段と変わらない生活を続けてくれています。そして、一昨年前、待望の愛娘を授かりました。そして、僕は誓いました。
絶対に死ねない!!!・・・いや、死なない。僕の人生は今から始まる。そして、今から愛娘に人生は愛と感動でいっぱいであることを伝えます。


[ 2014/07/27 10:01 ] | CM(0)

「いつか死ぬからこそ生きるのが楽しいのだ。」

531: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/10/12(木) 16:26:33

死ぬのは確に恐いけど、死ぬまでに思いっきり充実した人生送ってさ
死ぬ時に「あー楽しかった俺の人生最高!!」って思えるようにしたい

って思った


[ 2014/07/26 18:01 ] 死別 | CM(0)

今倉庫整理してたら小学6年生のときの学校の日記が出てきた。

527: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/10/10(火) 01:01:08

今倉庫整理してたら小学6年生のときの学校の日記が出てきた。
幼い字で、1日のできごとをおもしろおかしく書いてあったよ。
いつも文章力のないあたしの日記を、センスがあって面白いって言ってくれた。それから、あたしは文書くのが本当に好きになった。先生どうしてるかなぁ


[ 2014/07/26 10:01 ] 学校 | CM(0)

今、本当に本音でオヤジと酒を飲みたいよ。

524: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/10/08(日) 00:31:28

当たり前って大事だよ。
いつか、親はいなくなる。

自分は事故でオヤジを亡くした。
逆らってばかりでごめん、
今、本当に本音でオヤジと酒を飲みたいよ。


[ 2014/07/25 18:01 ] 父親 | CM(0)

死ぬ前に小学生の頃を 一日でいいから、またやってみたい

522: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/10/07(土) 22:02:10

死ぬ前に小学生の頃を
一日でいいから、またやってみたい
わいわい授業受けて、体育で外で遊んで、学校終わったら夕方までまた遊ぶんだ

空き地に夕焼け、金木犀の香りの中家に帰ると、家族が「おかえり~」と迎えてくれて
TV見ながら談笑して、お母さんが晩御飯作ってくれる(ホントありがたいよな)
お風呂に入って上がったらみんな映画に夢中になってて、子供なのにさもわかってるように見入ってみたり
でも、全部見終える前に眠くなって、お部屋に戻って布団に入る
みんなのいる部屋の光が名残り惜しいけど、そのうち意識がなくなって死にたい


[ 2014/07/25 10:01 ] 学校 | CM(0)

「昔の事だがな」 親父が話始めました。

502: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/09/25(月) 19:27:41

じゃあウチの地元の話を一つ



今度の国体
俺の隣町は銃剣道の開催地に決定されました。


銃剣道って何だろう?
初めて聞く競技だな
やっぱり田舎だから人気のない競技が回ってきたのかな?


俺も友達もそう思っていました。


ある日
夕食中に国体の事が話に上がり、俺は銃剣道のことが気になっていたので親父にきいてみました。


「昔の事だがな」
親父が話始めました。


昔、隣町で大きな災害があったそうです。
どんな災害なのか親父は言いませんでしたが、凄く真剣な顔で話していたので大変なことがあったんだろうと思います。


その災害からの復興を自衛隊の方々が手伝って下さったんだそうです。


その話と国体の話がどう関係するのか俺は分かりませんでした。


[ 2014/07/24 18:01 ] その他 | CM(0)

私は、A君の言葉を忘れない。

484: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/09/18(月) 01:31:09

小学生のとき、少し足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅いA君がいた。
でも、絵が上手な子だった。
彼は、よく空の絵を描いた。
抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。

担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。
冷や汗をかきながら、指を使って、ええと・ええと・と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。
N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。
私はN先生が大嫌いだった。

クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、N先生は違う学校へ転任することになったので、
全校集会で先生のお別れ会をやることになった。
生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
先生に一番世話をやかせたのだから、A君が言え、と言い出したお馬鹿さんがいた。
お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。

私は、A君の言葉を忘れない。

「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、ありがとうございました」

A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。
水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。
放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。
その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。
N先生がぶるぶる震えながら、嗚咽をくいしばる声が、体育館に響いただけでした。


[ 2014/07/24 10:01 ] 学校 | CM(0)

病院で昼飯を食べて、テレビを見ながらうとうとしていたらそのまま逝ってしまいました。

475: ヒロト ◆zBvvMGYmRg 投稿日:2006/09/18(月) 00:27:24

こんなこと書いていいのか分からないけれど、先週の土曜日に俺の爺さんが亡くなった。
原因は老衰でした。
病院で昼飯を食べて、テレビを見ながらうとうとしていたらそのまま逝ってしまいました。
死ぬ時の顔はまるで心地よく眠っているような幸せな寝顔だったそうです。

俺が家にいる時、爺さんの死体が運ばれてきました。
布団に寝かされていたんですが、言われなければ死んでいるようになんて見えなく、本当に今、目を開けても全然不思議ではない状態でした。
葬儀屋や地元の組合の人が来るにつれ次第に「じいちゃんとはもう2度と話せないんだ」「もう2度と目を開けないんだ」と感じるようになりました。
顔には白い布がかけられていました。


[ 2014/07/23 18:01 ] 祖父母 | CM(0)

3週間ほど前に彼女が逝きました。

466: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/09/17(日) 12:48:06

3週間ほど前に彼女が逝きました。
同棲してたんで部屋には彼女の服、大好きなぬいぐるみ、
思い出の物がいっぱいあります。

いなくなってからは眠れない酒に浸る日々。

自分の身体にも限界がきて昨日は仕事から帰ると気を失うように寝れました。

夢を見ました。

彼女とキスをしてる夢です。
彼女は夢の中で楽しみにしててと俺に言いました。

朝起きて涙が止まりませんでした。
落ち着いていつも通り花と線香を変えていたら
佐川急便から通販の届け物です。

何かなと開けてみるとちょっと大きめの枕です。
この枕でまた夢の中で会えたらお礼を言いたい。

「ありがとう、愛してます」。

長文失礼しました


[ 2014/07/23 10:01 ] 恋愛 | CM(0)

「あなたが先生になった時、生徒にやさしくしてあげればそれでいいのよ!!」

458: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/09/15(金) 23:03:44

 大学生のころのことです。
 私は、夜遅くまで先生の研究室で卒論をかいていました。
 いつもやさしくて、見守ってくれる女性の教授が、私の担当教授でした。
 「さ、一緒にがんばりましょう。」
 って言う先生の手には、ゼミ生が提出したチェック待ちの原稿。
 本当はだれよりも先生が疲れているはずなのに、先生は一度も笑顔を絶やさなかった。
 三日間くらい満足に寝てなかった私は、まだ仕上がらない原稿を見て、涙が出てきた。
 こんなときに泣くなんて、自分でもなんてめんどくさい子なんだって思ったけど、
 忙しい先生に迷惑をかけている。。。。先生の疲れた顔を見てると、悲しくなってきた。「 
 なのに終わらない。。。。いまさら、先生に頼っていた自分に気づいて後悔して涙が出てきた。
 声を押し殺して泣いたのに、先生は気づいた。
 「どうしたの? 友達帰ったから寂しくなっちゃった??」なんて、子供に対していうようなせりふで慰めてくれる先生。
 「ほら、泣いてちゃ終わらないわよ。あとちょっとじゃない!がんばろっ!」って言って、私の原稿をチェックしてくれた。
 1時間ほどたって、私が落ち着いてきたころ、先生が、「さ、あなたはそろそろ帰りなさい。」
 といった。でも、帰ろうとする私に、「待って、一緒に帰りましょう。」って先生は言った。
 暗い夜道を二人で歩く。先生は帰り道、逆なのにね・・・「最近運動不足だし、いいのよ。」とか言って・・・・
 先生、本当にありがとうございますって言った私に、先生は

 「あなたが先生になった時、生徒にやさしくしてあげればそれでいいのよ!!」
 
 って言ってくれました。
 私はその言葉を胸に、その先生のような先生を目指しています。
 くじけそうになった時、その時の先生の笑顔を思い出すと、元気が出ます。


[ 2014/07/22 18:01 ] 学校 | CM(0)

毎日が孤独、不安で、気付けばコンプレックスの塊になってました

455: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/09/15(金) 17:31:11

いい話かどうか分からないけど、自分が救われた話

中学の頃、尊敬できる友人がいた
小学は別で、中学あがるやいなやかなり勉強ができると専ら噂になってた
当時運動神経いいことだけが唯一のとりえだった自分よりも運動ができた
クラスが一緒になって、すぐ仲良くなったけど、何をやっても自分よりも先に行ってる感じの子で、今でもそうだが何故か君付けで呼んでた
そんな彼に触発されてか自分も真面目に勉強するようになり、県内一の進学校に共に進学
だけど周りがかなりできるというプレッシャーからコンプレックスを抱くようになり、自分だけ逃げ出すように中退
取りあえず、大学進学だけはしなくちゃと思いながら毎日図書館に通い勉強してました
週末は地元の友達と遊べるので大丈夫だったけど、平日は毎日一人で図書館、孤独でした
そんな生活を2年近く送ってました
「このまま大学行けんかったら中卒かぁ」
「そもそも何でやめたんや」
「○○君(上の友達)はそのまま順調に卒業して、ええ大学入って、人生順風満帆かぁ」
毎日そんなくだらないことを考えてた、彼と会ったときは特に
夜な夜な暗い天井を眺めながら泣いたこともありました
毎日が孤独、不安で、気付けばコンプレックスの塊になってました


[ 2014/07/22 10:01 ] 友達 | CM(0)

うちの母は高齢出産で私を生んだ。

453: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/09/15(金) 13:55:46

うちの母は高齢出産で私を生んだ。
小さい頃はそれが嫌で嫌で仕方がなかった。周りの母親はうちの母より20才は若い、
それに比べてうちの母はおばあちゃんみたいだった。
昔気質だから、躾に厳しく、正直他の友人達が羨ましかったし、
思春期になると母に反抗した。
いつも穏和な私だけれど、家に帰ると日常で溜めたストレスを全部、母にぶつけた。
「煩い!黙れ!ばばぁ!」なんて言うのは当たり前。


[ 2014/07/21 18:01 ] 母親 | CM(0)

しわくちゃであったかい、じぃちゃんの手。 優しい、じぃちゃんの手。

448: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/09/14(木) 00:19:39

親戚のじぃちゃんが死んだ。
俺が北海道住まいでじぃちゃんが名古屋住まいだったせいで、両手で数えるほどしか会ったことのない人だった。
それでも会うたびに俺を抱きしめて、また大きくなったって微笑みかけてくれていた。
じぃちゃんは、会うたび俺を隣に座らせた。そんで俺の昔話をきかせてくれた。

「お前が小さいころな、じぃちゃんの手ひいて、二階連れてってくれて、お前の描いた絵やお気に入りのオモチャを教えてくれたんだよ。ニコニコ笑ってなぁ。じぃちゃん、忘れらんねぇんだ」

俺は、そんな事言われても恥ずかしくて、ただ下を向いてた。

そのじぃちゃんが死んだ。

名古屋から電話がきた。
ばぁちゃんは涙声で俺にこう言った。
「じぃちゃん、ほんとに嬉しかったんだ。お前が可愛くて仕方なかったんだよ。何日か前にも、お前の話をしてたよ。柔らかい手が可愛かったって。ありがとうね」

俺だって、忘れてないよ、じぃちゃん。
しわくちゃであったかい、じぃちゃんの手。
優しい、じぃちゃんの手。

もう、握れないなんて。

もう、抱きしめてくるないなんて。

淋しいよ、じぃちゃん

でも、ぜったい忘れないからな

ありがとう、じぃちゃん。
おやすみなさい。


[ 2014/07/21 10:01 ] 祖父母 | CM(0)

母は祖母の遺骨を見ても泣いた。薬でほとんど、骨がなかったからだ。

436: しーさ 投稿日:2006/09/13(水) 18:50:53

わたしもみなさんのを読んでいて、いきなりの書き込みすみません。わたしも
書き込ませてください。

私の祖父は三年前に亡くなりました。そして祖父の死から一年半、祖父を追うよう
に祖母も旅立ってしまいました。病名も旅立った日にちも同じ、ゴールデンウィー
ク中でした。
母はいまの家に嫁いできたのに、入院中の世話は、母の兄弟嫁がやるのではなく、母
がやっていました。母は祖母のときはそうでもなかったのですが、祖母のときはやつ
れているのが目に見えていました。毎日仕事で忙しいのに、母は遅くまで病室で祖母
の世話をしていました。私は当時寮にいて、週末にしか帰ってこれませんでしたが、
私が病室に入ろうとすると、そこには眠っている祖母の手を握って涙をこらえている
母がいました。母の泣き顔なんて17年間見たことがありませんでした。私はそのとき
は病室には入れず、ずっとロビーにいました。祖母の体は抗がん剤の副作用で、むく
み、私が入室してきたときは、むくみで体が痛いはずなのに、わざわざ起き上がって、
手を握って何度も何度も私の名前を呼んで、私は涙が出そうになりました。テレビの
画面には、私の町の有名な夜桜の名所が映っていて、祖母はうまくしゃべれない口を
動かして、「また、○○(母の名前)としーさと一緒に団子もって行きたいねぇ」と
いって、祖母は二週間後に亡くなりました。


[ 2014/07/20 18:01 ] 祖父母 | CM(0)

親に虐待されてた私はとあるキッカケで友達の家に逃げ込んだ。

426: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/09/12(火) 11:27:35

私が施設に行った時の話。
親に虐待されてた私はとあるキッカケで友達の家に逃げ込んだ。
友達の親は学校に連絡して、私は施設へ。
その時は一時保護所が満員だったため、数日だけ一般の施設で暮らすことになったのだ。
そこは良い子たちばかりで、当時中1だった私はお姉さん的な立場でもあった。
施設の初日、夜にお出掛けのお誘いがあり、施設の子と協会へ向かった。
初めて見た協会に驚きながらも、施設の子と私の三人くらいでチラシ配りをした。
終えると協会の中へと入り、[もろびとこぞりて]を歌う。
(当時私は知らなかった)

その後施設のお母さん的な存在の人と三人で、レストランへ食事へと向かった。
「来週は遊園地に行くんだよ。一緒に行こうね」
「お小遣いももらえるんだよ」
うちよりもとても良い場所なのは間違いない。
「ねぇこれからうちに住むんでしょ?一緒に学校行こうね」

女の子が言ってくれた言葉が本当に嬉しかった。でもすぐに別れの日は訪れた。

「一時保護所が空いたから、そっちに行こうね」

突然の別れだった。仲良くしてくれた子たちは学校に行ってる時間だったので、お礼の言葉も言えず、そこを後にしたのだった。



[ 2014/07/20 10:01 ] 友達 | CM(0)

「あぁ、この夢は俺の願望なんだろう」

424: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/09/12(火) 08:22:07

5年位前の話

飼ってたネコが死んだ。
超がつくほど溺愛してた。
自分よりネコの方が大切なくらい可愛がってた。
親はたまにネコを叱るけど、俺は叱ることも、もちろん叩いたことなんてなかった。
でも、一度だけ大きな声を出してしまったことがある。
それはドラマを見ている時で、ちょうど良い感じの盛り上がるところ
そこで、ネコがしつこく鳴いて外に出たがった。
だから俺はつい「うるさい!!!」って言ってさっさと外に出した。
その一度だけ。
翌日、学校から帰ってきたらネコが死んでた。
死ぬ前に言った言葉が「うるさい」だなんて泣きたくなった。
あの時、死ぬ姿をオレに見せたくなかったから外に出たがったのだろうか。
ネコに言った最初で最後の不満の言葉。
しばらくは立ち直れなかった。
でもある日、夢にそのネコが出てきて、俺の足に体をすり寄せてきた。
まるで、怒ってないよと言ってくれてるように。
夢から覚めて思った。
「あぁ、この夢は俺の願望なんだろう」と
俺は、それでも涙が止まらなかった


[ 2014/07/19 18:01 ] ペット・動物 | CM(0)

男の子がホームに降りようとした時、 車椅子が大きく傾きました。

418: とり 投稿日:2006/09/09(土) 15:24:20

泣ける話じゃないけど、5,6年前のことです。

会社から帰る途中の電車に、車椅子の男の子が1人で乗ってきた。
車内は割りと混んでいたので、「ちゃんと降りられるかな?」とは思ったけど、
そのまま読書を続けてました。

電車が終着駅に着きました。
ホームと電車の間に、結構大きな段差があったので、危ないなと思ったけど、
嫌がられるかも知れないので、手伝うことはせず、車椅子の後ろに立つだけにした。
周りでは、中年のサラリーマンとOLが数人とメール打ってる茶髪のにーちゃんが居ましたが、
全員興味なさそうに、そっぽを向いています。

ちょっと苦労していましたが、車椅子の男の子がホームに降りようとした時、
車椅子が大きく傾きました。
すぐに手が出せるように、あらかじめ後ろに居た私は、支えようとして車椅子に飛びつきました。

その時、

周りに居た人全員が、一斉に車椅子に飛びつきました。
男の子もびっくりしていたけど、私は中年のおじさんと頭をぶつけるし、OLさんはブランド物のバッグ踏まれてるし、
茶髪のにーちゃんは携帯落っことしてるし…

知らん顔してて、皆同じこと考えてたんだと思う。
男の子がホームに降りた後、みんなちょっと照れくさそうにして、無言で改札口に向かいました。
改札口を出た後、なんだか急に誰かに優しくしたくなって、両親に電話を掛けてみました。
「別に用事ないんだけど暇だったからさ。元気?・・・」って。

5分くらいで切っちゃったんだけどね。


[ 2014/07/19 10:01 ] その他 | CM(0)

みんな白い杖を見て、腫れ物に触らないようにするように身を避けててさ。

415: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/09/07(木) 21:18:54

俺も今朝、渋谷駅の山手線ホームで白い杖を持った人を見たよ。
みんな白い杖を見て、腫れ物に触らないようにするように身を避けててさ。

少しして電車が入ってきて、
杖を持ってた人が少し迷ったような、困ったような動きをしたんだ。
声かけに行こうと思ったら、すぐそばにいた二十歳くらいの兄ちゃんが
すごく自然に、すっと手を引いてドアに誘導して一緒に電車に乗ってった。

肩がぶつかったとか何とかですぐ喧嘩が始まるような時間と場所なのに
すげーなんか、心洗われたよ。


[ 2014/07/18 18:01 ] その他 | CM(0)

俺は一つ咳払いし、頑張って男性へ話かけた。

408: ほんわか名無しさん 投稿日:2006/09/04(月) 23:21:16

今日あった出来事

仕事を終え電車で帰るため、駅のホームで電車を待ってたんだ。
するとエスカレーターを50代くらいの男性と女性が降りてきて、女性の傍らには二人を誘導する犬がいた。
二人は盲目の方達だった。ちょうどエスカレーターを降りて直ぐの所に電車に乗るための列が出来ていた為みんな道をあけた。
少しすると女性と盲導犬は登りのエスカレーターへ乗り何処かへ行ってしまった。

一人残された男性。右手には白い杖。

間もなくすると電車がホームへ入ってきた。扉が開くやいなや凄いスピードでみんな乗り込んでいく。
俺も電車へ乗ろうとしたが、視線の先には先程の男性が一人ポツンと不安気に残っていた。
こういう状況の時、人は
『手助けをしよう』
と思うものだが、なかなか勇気が出ない。
俺は一つ咳払いし、頑張って男性へ話かけた。

俺『○○線に乗られるんです?』
男性『はい!そうです。』俺『(男性の手をにぎり)こっちですよ。』
男性『あぁ!ありがとうごさいます!』
みたいなやりとりで車内へ誘導した。多分21年間生きてきた中で1番緊張した瞬間だった。
あっちなみに俺(21)は土木関係の仕事してるのね。まぁパッと見ヤンキーみたいな作業服に頭にはタオル巻いた


[ 2014/07/18 10:01 ] その他 | CM(0)

生きててもしかたないと思って薬大量に飲んで自殺を計った

386: けにゃ 投稿日:2006/08/28(月) 03:37:56

みんな辛い過去あるんだね…。俺はいろんな人に助けてもらってきたな…。
俺が高校のときに学校になじめずにいじめられて、いつも泣いてた、相談は兄貴か親友だった。兄貴は負けるなって、辛くなったら助けてやるって言ってくれた。
ある日俺は学校のクラスの男子から酷い中傷されて、もう氏のう
生きててもしかたない


[ 2014/07/17 18:01 ] 兄妹 | CM(0)

けっきょく手首を見せたのは彼女にだけだった。

376: YOU 投稿日:2006/08/27(日) 17:25:32

高校生だった頃、その当時付き合ってた人と友達の二人に
同時に裏切られたことがある。
一番信用できるはずだった二人に裏切られ、よくある話だが
人間不信になった。
誰にも頼らないと心に決め、誰にも相談しなかった。
拒食症と言ったら大げさかもしれないけど食事量は確実に減り
毎日毎日、嘔吐した。
誰でもいいから私を殺してくれと思ってた。


一度だけリストカットした。


[ 2014/07/17 10:01 ] 友達 | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。