人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON
月別アーカイブ  [ 2013年12月 ] 

≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

この年になるまでこんな事もわからず生きてきて、情けなくまた号泣。

100: 大人の名無しさん 2005/05/22 20:08:21 ID:KU83rNDq

人体不思議展みてきた。
てか標本の皆さんすご杉。
人間て死んでしまえばそれまでなんだなあ。
どんなに誇り高く生きてきても、脱け殻がこの世に残っているだけで。
その人の尊厳も全部消えてしまうんだ。。。
これってすごく悲しい事なんだなあ。死ぬのが恐いって初めて思ったし、周りの人をもっと大事にしなきゃいけないって思った。
ワケわからないけど、泣けたなあ。
この年になるまでこんな事もわからず生きてきて、情けなくまた号泣。


スポンサーサイト
[ 2013/12/31 22:01 ] その他 | CM(0)

長女がお腹の中にいるとわかったとき、旦那は『エイリアンみたいできもちわるい。』というだけだった。

84: 大人の名無しさん 2005/05/09 00:11:12 ID:5jMv6EAs

長女がお腹の中にいるとわかったとき、旦那は
『出来ない人よりましだな』といった。
『うれしい』という言葉は最後まで聞けなかった。
大きくなっていくお腹を触ることもなければ
『エイリアンみたいできもちわるい。』というだけだった。

怒るとだまり、家を出て行く。
気に入らないことがあれば、物に当たる。
大声で威嚇する。
子供が病気で泣き叫んでも、抱き上げることもしない。

そんな旦那と半年前に別れ、シングルマザーになった。
子供を愛さない親はいらないとおもう。
子供はまだ2歳で、『パパ』とも言わないままだった。
でも、子供から父親を奪ってしまった罪悪感はまだ消えない。
いつか、父親がいないことで彼女を悩ませるときが来るのかもしれない。
母親、子供、父親で手をつなぐ姿を見て、悲しむのかもしれない。

まだまだ強くなりきれていない母親です。


[ 2013/12/31 16:01 ] 恋愛 | CM(0)

オヤジに苦労かけ続けさせられてきたお袋にはラクさせたい。

72: 大人の名無しさん 2005/05/06 22:16:52 ID:LnlvNSVj

いやまあ、オヤジが死んだのは別に悲しくなかったさ。 葬式でも泣かなかったし。
変なところが癌になって、治しようがないからって放っておいたぐらいだし。
死ぬ直前まで、いや、死んでからも色々迷惑かけられてるし、もうすぐ40代板に
行かなきゃ行けないふがいない息子でお袋に迷惑かけまくってるから悲しんでられない。

オヤジに苦労かけ続けさせられてきたお袋にはラクさせたい。 TVで温泉特集とか
やってると「行きたいわねえ」って時々つぶやいてる。 ごめんな。 甲斐性無しの息子で。
孫の顔どころか嫁の顔すらまだ分からんぐらいで。 こんな年なのにな。
モテないし、女、苦手だし。

旅行連れて行ってやりたいけど、オヤジの残した莫大な借金と借金まみれの会社
切り盛りするだけで精一杯なんだわ、オレ。 GWも明日も明後日も仕事で、その
次の連休もその先も全部仕事で。 チケット渡して「ホラ、行って来なよ」なんて
かっこいことしたいけど、そんな金も無い。 あんまりオレとお袋が不憫で、嫁に行った
姉ちゃんの旦那さんにまで気を遣わしちゃって、その上、シャレにならん額の金まで
貸して貰うことになっちゃって、申し訳なくて旅行なんて行く気分にもなれないし。

元々オレが経営してた会社の金までオヤジの会社につぎ込んじゃって、社員のみんな
ごめんな。 みんなが稼いだ金なのに、気の毒がってオレに文句も言えないよな。
でも、なんとか単月黒字が出てきそうなんだわ。 お袋、もう少しだけ待っててくれよ。

どうしようもなくて、ふと思いついて、仕事先でバイクに行く途中、絶対不安だからって
フルフェイスのヘルメットしか被ったことなかったけど、半キャップのヘルメット買ったよ。
事故ったらヤヴァいのは分かってる。 でも買わざるを得ない気分だったんだよ。

ゴーグルしないで60km/hばかり出したらさ、向かい風で涙がいっぱい出たよ。


[ 2013/12/30 22:01 ] 母親 | CM(0)

パニック障害が出て、徐々に授業に付いていけなくなり、学校も授業も休み勝ちになった。

52: 大人の名無しさん 2005/04/21 01:25:22 ID:5kz9MSZG

リア工房ですが、スマソ。

厨房で、行きたい高校を親に反対されて、結局進学塾に通い、県内2番目の高校へ進んだ。
でも、行きたい高校じゃなかった。
しかも、パニック障害が出て、徐々に授業に付いていけなくなり、学校も授業も休み勝ちになった。
学校へ行く、15分の電車が、パニック障害の発作が怖くて乗れなくなった。
鬱病も併発して、もういっぱいいっぱいだった。
親のことを憎んでて、「塾に行かせたのが、そもそも間違いだったんだ!」と、言葉に出さずに責めていた。
でも、そのことは親に言わなかった。
通院も、調子の悪いことも、親に怒られるかもしれないと思うといえなかった。
せっかく入った学校だから、ちゃんと行きなさいって、一蹴されると思った。


[ 2013/12/30 16:01 ] 父親 | CM(0)

最後の夜を二人同じ布団に眠り、翌朝妹が目覚めたとき、もう彼女の姿は無かった。

50: 大人の名無しさん 2005/04/20 00:01:54 ID:x24rUHPY

妹の猫。

妹がかわいがっていた猫が腎臓を患って、もう長くないだろうという連絡を
実家から受けた。日に日にやせ衰えていくので最後に会いに来なさいと。
家族の一員、眼の大きい美人のアビシニアン。俺も妹も東京に出てきていた。
俺は仕事の都合が付かなかったが、一週間後、妹は彼女に会いに実家に帰った。

実家に着くと、「昨日の夜から姿が見えない」と母。
妹はその言葉を聞くなり外へ飛び出して大声で彼女を探し始めた。
外への行き来を自由にさせていたので、死に場所を求めて外へ出たのだろうか。
何時間も歩き回って探したが、彼女は見当たらなかった。

やるせない気持ちのままその日は実家に泊まることにして、
床につき数時間経った深夜、聞き覚えのある細い声が聞こえてきた。
あわてて玄関を開けると、やせ細った彼女がボツンと座っていた。
妹に近づこうとするが、思うように歩けない。
抱きしめてぼろぼろに泣く妹と、その涙を舌で拭う彼女。

最後の夜を二人同じ布団に眠り、翌朝妹が目覚めたとき、もう彼女の姿は無かった。

「最後に会いに来てくれたんだよ」
定期入れに入れてる元気な頃の彼女の写真をみせながら、妹は最後の日の様子を語ってくれた。


[ 2013/12/29 22:01 ] ペット・動物 | CM(0)

学生時代、好きだった人が亡くなってました。

39: 大人の名無しさん 2005/04/13 23:31:03 ID:v80nQLqV

学生時代、好きだった人が亡くなってました。
いや…ただの片思いだったんだけど、
多分相手は私のこと知らなかったかも知れないくらいなんだけど、
でも純粋に好きだった。

でも同じクラスになったこともない人だから
お焼香にもいけない。

ただ、泣いた。ちょっと涙が止まらない。
…思い出込みの感傷かなあ…


[ 2013/12/29 16:01 ] 恋愛 | CM(0)

「おじいちゃんとおばあちゃんな、もう桜見納めやなあってゆうとったわ」とぽつりと言った。

32: 大人の名無しさん 2005/04/12 04:42:10 ID:DI4KASlD

今日、母が祖父母を家に連れて来た。
庭の満開の桜を見せに連れてきたのだった。
祖母は病気で入退院を繰り返していて、祖父も今年倒れ救急車で運ばれていた。
去年、俺が結婚した時は、今よりは元気で結婚式にも来てくれた。
祖母は体が弱っているにもかかわらず「絶対出たい」と言って母を困らせていたらしい。何かうれしくて「幸せにならなきゃ」
と思っていた。だけど嫁さんとは3カ月で別れてしまった。超最低女で罵詈雑言投げつけられての離婚だった。
母は、祖父母に会うときは「あの2人は仲良くやっているよ」と言って心配させないようにしてくれていた。
今日祖父母が来たと聞いた時は、正直会いたくないと思った。妹が来て「今来てるからあいさつしてあげて」と言った。
表に出てみると、祖父母は母の車に乗ったまま、桜を見ていた。体が弱っていて降りてこられないようだった。
俺の顔を見ると、顔をくしゃくしゃにして手を振った。「祖父母は、今でも母の言葉を信じているのだろうか」と思うと辛くてその場から逃げ出したかった。母はすぐに車を発進させ、そのまま出て行った。
夕食の時、母は「おじいちゃんとおばあちゃんな、もう桜見納めやなあってゆうとったわ」とぽつりと言った。母は今日一日、何か元気がないようだった。
俺のこと、祖父母のことを思うと気が重いのかもしれない。何か気が重い一日だったので、不幸というほどのことじゃないと思うけど、ここに書くことにしました。
乱筆乱文すみません。


[ 2013/12/28 22:01 ] 祖父母 | CM(0)

良い親って金では絶対買えない人生の財産だよね

23: 大人の名無しさん

先日、1年ぶり位に実家に顔を出した。

久しぶりに両親と話をして、母親を見たときに
なんだか小さくなっちゃったなとしみじみと思った。

思い返せば子供の頃から迷惑のかけっぱなしで
何も親孝行なんて出来てない自分がそこにいる
ことにとてもやるせない気分になった。

色々と苦労かけてごめん、それとありがとう。
感謝の気持ちを伝えたいけど素直に出せない。

実家を出る時も雨の中、帰り気をつけなさいよ。
ちゃんと食べるもの食べなさいよ。と俺のこと
ばかり心配してくれている。雨に濡れるから
いいよと言ってもずっと見送ってくれてる。

そんな母の姿を見たら申し訳ないという思いと
素直にありがとうと言えない自分が情けなくなり
運転しながら涙が止まらなかった。


[ 2013/12/28 16:01 ] 母親 | CM(0)

昨日の夜、離婚届に押印した。皮肉にも久しぶりに妻とのんびり話せた。

11: 大人の名無しさん 2005/03/28 19:58:10 ID:gYCCn0St

昨日の夜、離婚届に押印した。皮肉にも久しぶりに妻とのんびり話せた。
そして今日の夕方、14年間過ごした妻が子供2人と出て行った。
子供の荷物(机とか)がなくなると、家の中って、こんなに広かったのか。
自分の家じゃないみたい。自分以外誰も音をたてる者も居ない。
食器棚にも食器がちらほら残ってるだけになった。
子供には新学期から新たな学校で胸を張って頑張って欲しい。
お父さんも君たちの父親として恥じないよう、一生懸命頑張るつもり。
涙って塩っ辛いね。


[ 2013/12/27 22:01 ] 恋愛 | CM(0)

実家といろいろと揉めて、布団かぶって泣いたりする日が続いてた。

24: 大人の名無しさん 2006/12/12 19:35:45 ID:aCA6QYQo

実家といろいろと揉めて、布団かぶって泣いたりする日が続いてた。
でも、働かないといけないので昨日会社の最終面接に行ってきた。
朝から面接だったので、昼から時間もあるしってことで、電車とバスで2時間ほどの
ところにある母親のお墓参りに一人で行って、いろいろと考えてたんだけど。

今日偶然この嗚咽スレのno.4(もう3年前のログです)を見てたら、母親が
病気になってすぐの自分の書き込みを見つけてしまい号泣。
あの時はまだ28歳でスレ違いだったんだけど、もう立派な三十路になってしまった。
なのに私は全然変わることが出来てない。むしろ悪くなってしまった。

お母さんはもういない。
お父さんはお母さんを亡くしてから異常に涙もろくなって、私の病気を前にして
「お父さんはどうしたらいいのかわからない。お母さんならなんとかしてくれただろうに」
って私の前で泣かれる。
でも、私もどうしたらいいのかわからない。
天国で見てるお母さんがいたら、教えて欲しい。


泣きまくりで文章が支離滅裂でスマソ


[ 2013/12/27 16:01 ] 母親 | CM(0)

「俺たちには子供がいるじゃないか、俺の息子の母親になってくれないか?」

14: 大人の名無しさん 2006/12/05 02:13:22 ID:mSy5QmK0

俺を生んでくれた母親は俺が2歳の頃に死んだ。
後の親父の話では元々、体が丈夫な人じゃなかったらしい。
俺が6歳の頃に親父が再婚して義母がやってきた。

ある日、親父が「今日からこの人がお前のお母さんだ」といって連れてきた。
新しい母親は俺を本当の子供のように可愛がってくれた。

家族とか血縁とかまだ分からない頃の俺にとって義母が本当の母親だった。
それから、何年か経ち俺が中学の頃、今度は親父が事故で帰らぬ人となった。

親父の葬式の席で親族が集まりこれからの俺たち家族の事で話し合うことになった。
親父の両親(俺から見て祖父母)は既に無く親戚づきあいも疎遠で葬式には親父の親族は誰も来なかった。
後から知った事だが親父はガキの頃に両親を亡くし親戚中をたらい回しにされ。
おまけにひどい扱われようだったらしい。
そんな事もあり自分が大人になって働き出してからは一切、縁を切っていたらしい。
まあ、そんな状況もあり今後の俺たち親子の事を生母、義母側双方で話をする事になった。

元々義母の両親は義母と親父との結婚に反対していた。
まぁ親としては娘の結婚相手にコブ付きだとやっかむの当然かもしれない。
また生みの母の両親は、まだ若い義母の事を考えて俺を引きと取ると言い出した。


[ 2013/12/26 22:01 ] 父親 | CM(0)

鬱な話だが誰か付き合ってくれる人いる?

1: 夢見る名無しさん 2013/02/08 22:11:57

鬱な話なんだけど、誰聞いてくれる奴いる?


[ 2013/12/26 16:01 ] 父親 | CM(0)

病室に着くと父は酸素マスクを付けて横になっていたんだ

1: 夢見る名無しさん 2012/07/28 14:14:06

小学生のころの思い出話聞いてくれませんか?

ちょっとで良いので聞いて下さい。


[ 2013/12/25 22:01 ] 父親 | CM(0)

俺はどこにでもあるようなクズ家庭で育った。

930: 大人の名無しさん 2011/01/14 03:01:36 ID:6kphYBjn

俺はどこにでもあるようなクズ家庭で育った。そのせいかどうか分からんが、精神的にまともじゃない人間になれたよ。
クズ人間って言っても、表向きはうまく立ち回ってたけど、まともじゃないのはガキのときから分かってた。
高校のときからバイトしてた甲斐あって、3年前に国立大学のいいとこに入れた。法律やってたが法律自体は興味なんてなかった。
やりたいことなんてなんにもなかったし。今でもそうだけど。
とにかく静かに暮らして死ねればいいとしか思ってなかった。


[ 2013/12/24 16:01 ] 恋愛 | CM(0)

母さんがろうそくを灯した時の、老いてしまった顔を見て、 どんなに苦労したのかと思って泣きそうになったよ。

909: 大人の名無しさん 2010/03/16 01:45:13 ID:mR/GnCe0

母さん、25才にもなった俺みたいな子の誕生日を祝ってくれてありがとう。
今日は母さんがろうそくを灯した時の、老いてしまった顔を見て、
どんなに苦労したのかと思って泣きそうになったよ。

俺が小学生の頃に離婚して、それ以来、俺と妹を一人で育ててくれたよな。
中学生の部活帰りに「お前の母さん、俺の家のマンションで掃除してる」
ってみんなの前でからかわれて、その夜に母さんに悔しくて文句言ったよね。
母さん悪くないのにさ、ごめんなさいごめんなさいって言わせて、本当にゴメン。
まだ小学生だった妹の前で、涙流して、妹も泣いちゃって、俺一人で怒って、
本当にごめん。今でも後悔してる。タイムマシンがあったら取り消したい。
一ヶ月くらいで仕事変えて、俺の朝練より早く出て行く母さん、
それでもちゃんと朝ごはんと弁当作ってくれた。なんでその時謝れなかったんだろう。

高卒で就職して、ガキんちょな俺が辞めたいって何度も言って、その度に
「あなたは立派、母さんは何も教えてあげられないけど、応援はずっとするから」
って。もう7年くらい経ってまだ辞めてないのは、母さんの働く姿のお陰なんだよ。
妹を大学に行かせて、妹のアルバイトと母さんの貯めたお金で「これで車買える?」って
俺が免許取った一年後に言ってくれたよね?
三人でドライブ行きたいから連れてって欲しいって。


[ 2013/12/23 22:01 ] 母親 | CM(0)

Sちゃんの子供と会う度、まだ泣いてしまう。

890: 1/2 2009/12/15 13:12:19 ID:mWRKI0xI

学生時代、イジメまでは行かなくても、ずっと周りからさりげなく拒否されてた。
控えめなSちゃんだけが、私に話しかけてくれて、一緒に行動してくれたりした。
遠足の日、私のために友達とご飯を食べず、私と食べてくれたりもした。
周りから「あのこ(私)と仲良くしてもいいことないよ」と言われたりしてたのに。

Sちゃんと同じ高校に進学した。そこでもSちゃんは、ずっと話しかけてくれた。
控えめだったけど整った顔立ちが噂になって、Sちゃんは密かにアイドルだった。
クラスが違うのに、友達もたくさんできて告白されても、ずっと話しかけてくれた。
遠足はやっぱり一緒にいてくれた。人気者のSちゃんと二人でお弁当食べた。

大学はバラバラだったけど、帰省の度に会ってくれた。綺麗だった。
成人式では、他の友達とじゃなく、私とずっと一緒にいてくれた。
せっかくの成人式なのにって、なんだか申し訳なくて謝ると、
「皆楽しそうにしてるよね。私も今楽しいんだよ」って言ってくれた。

それから、不思議な巡り合わせで、Sちゃんは私の親戚と結婚した。
Sちゃんの花嫁姿はすごく綺麗で、なんだかすごく力が沸いた。


[ 2013/12/23 16:01 ] 友情 | CM(0)

今まで 旦那以外に話したことのない話。

864: 大人の名無しさん 2009/10/20 10:32:40 ID:x8jvs14h

今まで 旦那以外に話したことのない話。

私は小学5年生だった。
この年は 立て続けに 悪いことが起こった年だった。
四月のある日、父方の祖父が亡くなった。母と父は 私が四歳の頃に離婚してはいたが 
少しだけ行き来はあった。でも父に後妻がいたため、病院のお見舞いすら 叶わなかった。
テレビでは 某歌手が 誰かの家で裸で亡くなったことが テレビのニュース
で ひっきりなしに流れていた。その方が亡くなった日、私は11歳の誕生日を迎えた。
 それから一か月位がたった頃だっただろうか、祖父(母方の)が 
「○○○○(名前)が 船の上で死んだ。」
 と 知らせてきた。私が住んでいる町は漁師町で遠洋漁業船が まだたくさんの魚を
港に あげていた。○○○○というのは、母の三番目の弟であり私達家族と数年間 同居
したことがあった。彼は生前、遠洋漁業の船にのっていた。母は気が動転してしまい 嘘だと思いこんでいた。
彼(おじ)の遺体は ケープタウンという、私達には縁がないような遠い外国にあるという。
その知らせを聞いた、私達や親族は 祖父の住む家に集まり、まだきつねにでも化かされたような、幻に
包まれな様な そんな気持ちでいた。
彼は 船室で自殺をしたという。首をつっていたそうだ。
私は生前の彼の奇行を思い出していた。
貧乏ゆすりが止まらない。階段の上から小銭をばらまく。食べ散らかしたお菓子。
私の弟を可愛がっていたのだが その腕にかみつく。(甘噛みではあるが)
私の自転車をどこかに置いてくる。貧乏ゆすりが止まらない時の彼の形相。
「おねえ、警察が来るから かくまって」
と言っていた 彼の顔。
私は彼が 以前警察に捕まっていたので(当時は何の罪かは知らなかった)
それで そんなことをゆうのだろうと 思っていた。
だが そうではなかった。彼は 生前俗にゆう、‘ヤク中‘であったのだ。


[ 2013/12/22 22:01 ] その他 | CM(0)

「俺は19年間、お前の息子を我慢してやってきたんだ!」 「もう、お前は俺の息子じゃない。」

839: 大人の名無しさん 2009/09/20 00:54:48 ID:NKVXPBga

早生まれだったので、19歳の内に成人式を済ませ、20歳の誕生日を待ちわびていたある日。

当時、俺はフリーターで、ファミレスの夜勤をしていた。
その日は風邪を引いてて、それで休むわけにはいかなかったので、咳きこみながら支度をしていた父が見かねて、「今日くらい休め!」と一言。「休めるわけがない」と返したが、「俺にもうつるんだよ!」とケンカに発展。

俺がガキの頃からお袋とは「お金」のことでいつもケンカをしていた。
常に自分の親や母親の両親、もちろん貸金屋などからも借金をこさえていた甲斐性のない父。
理不尽な亭主関白で、自分の思い通りにならなければ誰それ構わず拳を振り上げていた父。
でも、親戚の集まりなど、外面のいい父。

そんな父が嫌いで仕方なかった。
父が「どうせロクなやつと付き合っていないんだろう」と友達をバカにし始めたことに腹を立てた俺は、積年の思いをぶつけた。

「俺は19年間、お前の息子を我慢してやってきたんだ!」

感情的だった父が急に冷静になり、一言俺に言い返した。

「もう、お前は俺の息子じゃない。」

俺は勘当された。
1学年上の兄も同じ思いを抱いている旨を伝え、父は近所の父の実家に住んでる兄を呼びつけ、兄に真意を問いただした。

「そんなこと、思ってないよ。」

嘘つきのレッテルと共に、俺は独りぼっちになった。
車に寝具を乗せ、俺かバイトに行き数日間帰らなかった。

当時の俺は専門学校に通っていて、就職活動をしていたため、生活基盤が欲しかった。
母に連絡を取り、父に頭を下げ、家に戻ることができた。
でも、父とは挨拶程度で、その他の一切の会話は無かった。


[ 2013/12/22 16:01 ] 父親 | CM(0)

昨年の3月、父が他界した。自殺だった。

825: 大人の名無しさん 2009/06/22 00:05:19 ID:Gd8WNtrl

テレビで父の日を取りあげるもんだから、
なんだか自分も感慨深くなってしまったので書き込んでみる。

昨年の3月、父が他界した。自殺だった。

オヤジと母親は俺が中学くらいの時に別れた。
だけど、俺のことを考えてなのか、同じマンションに部屋を買って、2Fと3Fで別々に暮らしていた。
俺は、自分の苗字が気に入ってたのと、父方のばあちゃんがお小遣いもいっぱいくれて、
なんだか好きだったのもあって、主にオヤジと一緒に暮らし、親権もオヤジがもっていた。

オヤジは、昔は金融会社の支店長をやっていたが、転勤が嫌で俺が生まれてすぐにトラックの運転手に転職した。
無類の酒好きで、酒と釣りくらいしか趣味の無い人だった。
それまで挫折を経験したことの無かった親父も、運送会社での待遇や人間関係から、ストレスを溜め、
挙句の果てに、その運送会社で大きい事故を起こし、会社を辞めるはめになった。
そして、あろうことか前日の酒がのこっていたことで、免許停止にもなってしまうという事態が起きた。
これが決定的だった。オヤジはすっかり酒びたりの生活になっていった。

そうこうしている内に俺も高校を卒業し、社会人になった。
親父が夜な夜な酔っ払っては、飲み屋や家の中で問題を起こし、眠れない日々を過ごすことに
嫌気がさしていた俺は、家を出て一人暮らしをしたかったのだ。

そして、就職して1年、俺は念願の一人暮らしを始めた。
今思えば、あの時も、「なぜ出て行くんだ」と腑に落ちていない表情をしながらも、
夜な夜な引越しを手伝ってくれたのはオヤジだった。

一人暮らしを始めてからというもの、オヤジの煩わしさから開放され伸び伸びと過ごしていた。
たまにオヤジの家と階違いに住む母親から、オヤジの起こす珍事の報告や愚痴を聞かされることはあったが、
どこか他人事で、大して気に留めることはなかった。


[ 2013/12/21 22:01 ] 父親 | CM(0)

向こうに逝った時にちゃんとあの二人に抱き締めてもらえるように

795: 大人の名無しさん 2008/12/08 20:38:12 ID:Xgn6U+6x

私は中学の時母親を亡くした
昔から身体事態丈夫な方では無くて若い頃輸血とかの注射針が原因でC型肝炎とかそんな感じの持病が有ったらしい
私がお腹に出来た時もそれぬきにして体力的に出産に耐えられるかどうかだった
命削るようなことしなくてももう女の子も男の子も(私のお兄ちゃんとお姉ちゃん)いるんだから諦めぇと父親も祖母も言っていた
でもどうしても生みたいって説得して私は生まれた
まぁ命懸けで生んだ末っ子ですからすごい可愛がられたよ
生むの反対した父親もすごい可愛がってくれた
すごい幸せだった
なにかに比べられないくらい幸せだった

今まで生きてきたなかであの頃が一番幸せだった

中2の初め

ゴールデンウィークのなか日

あの日全部終わったけどね


[ 2013/12/21 16:01 ] 死別 | CM(0)

12年前の話、結婚したい女性がいたが相手の親に猛反対された。

779: 大人の名無しさん 2008/11/24 10:05:52 ID:0Vm5a7kg

12年前の話、結婚したい女性がいたが相手の親に猛反対された。
理由は彼女の妹の結婚相手に比べ大学や会社が劣っているから。そして早稲田出身の公務員との見合い話が持ち上がっていたから。
彼女の親に自分や自分の家族の事を散々罵倒された。会社まで押しかけられたり無言電話までされた。
でも、脅しや恫喝に全く動じないオレに、向うの親はすこしづつあきらめ、
向うの親の希望(自分達が望んでいないから披露宴をしたくないと言う理由)に合わせて、海外挙式を行う事になった。
しかしハワイ到着日に、その彼女が突然の取り乱し。自分の親が、意気消沈するのが我慢出来なかったらしい。
お互いに心がないまま予定を進めたが、帰国後互いにそのまま自宅に帰った。
それらは全てオレの責任になり、新居も引き払った。
でも、あきらめきれず彼女を説得し半年後にまた結婚の約束をした。
新居も借りて自分ひとりでそこに移り彼女が来るのを待っていた。
しかし彼女の親がゴネはじめ日にちが延期になった。その延期された日に、彼女がオレに言った。
「ウチの親が、マンションを買ったら認めてやると言っている。もし、それが出来ないならこの話は白紙に戻す。」
応援してくれていた、周りの友人たちは大激怒。その後、2ヶ月の間、向うの親の嫌がらせに悩まされ続けられた。
しまいには向うの親が二人で新居まで押しかけ、近所中に聞こえる大声で罵られまくられた。
結果、泣きながら結婚をあきらめることにし、再度新居をを引き払った。
腐るほどあった自分や身内に対する侮辱。今までこんなに悔しい思いをした事がなかった。
でも、オレはまだその彼女と別れる事が出来なかった。
それから12年。毎週日曜日に会っていたが、会社と仕事の方向性の違いで不本意ながら転職する事になった事を先週彼女に告げたら
翌日以降、彼女と一切連絡が取れなくなった。携帯もメールも返って来なくなった。

今、本当に1人になった。


[ 2013/12/20 22:01 ] 恋愛 | CM(0)

お祖母ちゃんがお風呂で浮いていて心配停止で運ばれた

771: 大人の名無しさん 2008/11/11 05:24:23 ID:xq9BtGpB

今年の3月祖母が亡くなった。
いきなり学校に連絡があり、
「お祖母ちゃんがお風呂で浮いていて心配停止で運ばれた」と姉から電話
向かっている電車の中でも、「ウソだろ、なに言ってんだ」と本当に信じていなかった
駅に着くなり祖母が運ばれた病院に行った、
祖母は息を引き取った後だった。
風呂に入って血圧が上がってそれで意識をなくして窒息死してしまったらしい、

普段は祖母は昼間に風呂に入らないのだが寒かったのだろうか、
その日はたまたま風呂に入りに行ったらしい、
父しか家におらず、昼時になっても見当たらない祖母を探しに風呂に行ったら
もう祖母はお風呂の中で浮いていたらしい、
救急車が来たときにはもう心配停止、
それで俺が病院に着いたときにはもう・・・

祖母はここ2,3年で痴呆でボケてしまい、正直俺はウザったかった、
丁度亡くなる1週間ほど前に実家に帰っていてそのとき祖母が
「肩を揉んでくれるかい?」
帰り際だったので、今度帰ってきたらね。と一言を交わし家を出た
なんであの時、肩を揉むくらいのことをしてやらなかったんだろう・・・
そのことを思い出して病院のベンチで声を出すほどの大泣き、


[ 2013/12/20 16:01 ] 祖父母 | CM(0)

妹「今まで一緒に暮らせて幸せでした」

762: 19歳二浪 2008/10/19 22:03:28 ID:W50DVcQi

私は自分勝手である。
私は短気である。
私は実年齢より10歳はガキである。
そんな私の信条は「後悔しないように生きる」だ。

一年前。
親父はそのさらに前年から仕事で年に数回しか帰ってこない。
宅浪の私は母に押し潰されそうだった。

小学校高学年からか、中学時代からだったか。
母は、友人のいない私を殺人犯と同列扱いしてこき下ろすようになった。
必ず父のいないところで。弟、妹が聞いてるなんてことは気にしない。
私のなけなしの自尊心は、六、七年かけてじりじりと削り取られた。

勉強なんかそっちのけで、ファンタジーの小説をむさぼるように読んだ。
心の成長を意識的に封印するよう努めた。
現実から逃げたかった。

部屋中に水を撒かれたこともある。
持ち物を窓から捨てられて、次の早朝に拾いに行ったこともある。
些細なことから酔った親父の怒りを買い、土下座させられたこともある。
「お前なんか嫌いだ」と面と向かって真顔で言われた高二、父への信頼は崩れた。

幼稚園の頃から塾に通っていた。それが何のためなのか。
自分は両親の学力コンプレックス克服のための道具でしかないのだと思い知った。
何のために生まれてきたのか分からなかった。


[ 2013/12/19 22:01 ] 祖父母 | CM(0)

生回り道しましたけど、私は自分の心がポキって折れる音を実際に聞きました。

737: 大人の名無しさん 2008/08/13 17:14:01 ID:JutcGAcp

たいした話ではないですが、私も一度だけ書いてみます。

二十歳の頃まで世間的にはある程度順調でした。
名の通った大学に通い、両親も祖父母(母方)も本当に合格の時は喜んでくれた。
でも実際は、燃え尽き感・人間関係の疲れ・現実と理想のギャップから、弱かった
私は徐々に引きこもってしまい授業に出なくなり、でもなぜか周りに対しては、それを隠して
普通の学生生活を送ってることをアピールしてました。
バチがあたったんでしょうか。ある日、ほんの些細な母親との諍いから、突然
呼吸困難状態に陥り、救急車で搬送という事態に・・・過呼吸発作です。

翌日から、外を50メートル歩けば、たっていられなくなる。
電車に乗るだけで、全身緊張と脂汗。鈍行以外は絶対乗れない。
死ぬ気で外出したら、駅で倒れ、皆ビニルを口に当てる自分を見て、恐怖の顔で
去っていく。2時間とある大きな駅通路で、誰にも助けられず・・・
世の中は、全く別の風景に変りました。
そうなって初めて、ちゃんとやり直したいって心から思ったんです。
でも、もうどんだけ頑張っても、中退するしかなく(8年以上おれない)
○○大中退、という、何か逆に人に引かれるような経歴が残る事になりました。

真実を打ち明けなかった友人や恋人は皆去っていました。
就職も出来ない・・
勉強しか取り柄がない私は、入学当時志していた司法試験を目指す事に
したのです。本も買えないので図書館で分厚い法律書、読んでました。
でも、同年代は皆就職して、家族を持ったり・・少なくとも、親にメシ食わせて
貰ってるアホは自分だけ。


[ 2013/12/19 16:01 ] | CM(0)

墓前に線香を上げるという行為よりも 今あなたがそう思ってくれているという気持ちこそが 従兄弟さんにとっては何よりも嬉しい事だと思うよ。

693: 大人の名無しさん 2008/04/27 00:41:56 ID:uB62zYlb

一昨年の冬、田舎の同い年の従兄弟が事故死した。
運転が上手かったらしいのに、突然対向車線にはみ出してトラックと
正面衝突したらしく、ネットのニュースにもなり画像があったが、車
はぐちゃぐちゃ、即死状態だったらしい。
なんでも、数日前に階段から落ちて頭を打って、調子が変だったのと、
新しい部署に回されて激務が続いていたのが原因らしかった。
俺も葬式に駆けつけたかったけど、自分の住んでるトコの交通事情と
仕事の忙しさで行けずじまい。未だに線香もあげに行けないのがずっ
と心残りだ。

だけど、時々思い出すんだよな。幼少の頃、夏休みに母親の実家や、
従兄弟の家にいって、海に行って泳いだり、実家前の大クヌギの木
に集まってくるカブト虫取ったり、夕暮れの窓から外見て、蝙蝠が
舞っているのを見て大はしゃぎしたり…
従兄弟の家の脇の川で魚取ったり、中学生になった時行って級友が
見た面白い話をして、腹抱えて笑いあったり。
そんな事思い出すと、泣けて来る。

成人して会ったのは一回きり。従兄弟の妹の結婚式の時。
当時は俺、働いてたと言ってもアルバイトに毛が生えた様なもんだし、
今もそうだが結婚もしてないから、大きくなって、結婚して子供も居
る彼とあんまりまともに話す事も出来なかったのが悔やまれてね。
あんとき、そう言う事思い出して、昔みたいに兄弟の様に大笑いした
かったなぁと。

今度の夏休みも、自分も色々事情があって行けないかもしんない。
だけど、いつか、必ず線香上げに行こう。お墓参り行って、墓前でそ
んな話をしてやろうと思う。

長文すまない。


[ 2013/12/18 16:01 ] 事故 | CM(0)

線香たてて海みてると不思議と奴との思い出が込み上がって

676: 大人の名無しさん 2008/04/14 00:26:30 ID:pH8IkVre

割り込みスマソ

高1のとき愛犬を亡くした
2~3日前から家出していたじんぺい(名前)
あたしはその日から部活の合宿だった.家出はよくあることだったしさほど気にもとめていなかった.でも突然の母からのメル.『じんぺい…残念やったけど…死んでいました』
は?信じられないよ…何言ってんの?
2泊3日の合宿だったためあたしが帰ったときには既に亡骸は大好きだった海に埋葬されていた
近くの井戸に落ちていたらしい.溺れたのだろう…苦しかったね…
信じられなくて信じられなくて犬小屋を覗いた……でもいなかった.

一人で線香とドッグフードを持って海に行った.


[ 2013/12/16 22:01 ] ペット・動物 | CM(0)

その心の痛みは宝物であるような気がします。

655: 大人の名無しさん 2008/03/16 06:58:06 ID:UQlsyiQw

おれが成人式を迎える前に、母がガンであっさり死んだ。
母方の祖父母は、目に見えて衰弱が進んだ。
当時、むだに上京して大学へ通っていたおれは、
人一倍おばあちゃん子だったのに、なんのフォローもできなかった。

休みに帰省しても、地元の友人たちと夜遊びばかり。
一緒に年越しそば食ったな。惣菜買ってきて飯も食ったな。
でも義務感が大きかった。夜遊びしたくて疎ましくも思っていた。

親戚が2人ともホームに入れた。
おれは無事に就職できた。ばあちゃんに報告したかったのに。
卒論出す直前に死んだ。

葬式から帰って、いまは潰れた行きつけのバーで、
ズブロッカ3本あけた。なにをしゃべったかは覚えてない。
翌々日ぐらいにまた行ったら、バーテンに
「なにかヤなことあったの?」
訊かれたってことは、肝心なことはなにもしゃべってなかったみたいだ。


[ 2013/12/15 16:01 ] 祖父母 | CM(0)

私の母は元気で活発な性格なのですが、人づてで、弟と一緒に死ぬことも考えたとも聞きました。

381: 大人の名無しさん 2007/09/14 02:39:30 ID:/xfonSMx

少しだけこのスレに甘えさせてください。

今日、ツ○ヤでいつものように働いていたところ、見るからに障害者っぽい男の子がお客さんとして来店しました。
接客は私がしたのですが、その子の放つ笑顔がとても素敵で、ほんとに素敵で、
接客中なのにも関わらず、最後の方は涙声になってしまいました。

私には、12歳の弟がいます。先天的な染色体異常により、知能障害が出、いまだ言葉を話す知能はありません。
実家に帰省した時、二人で一緒に散歩に出かけたりしますが、世間は弟を人として見ていないことも分かってるし、
その視線を痛いなどと思ったことは一度も、微塵にも思ったことはございません。
でも、障害者の知り合いの家族からは必ずしも幸せな話ばかりは聞こえてきません。
ダウン症だと分かって離婚、などザラでかわいいくらいの話です。
きれい事だけで育てていけるほど甘くないというのは重々理解できます。
私は兄ですが、親としてみれば私の想像できないくらいの努力とか、愛情が必要です。
私の母は元気で活発な性格なのですが、人づてで、弟と一緒に死ぬことも考えたとも聞きました。


[ 2013/12/12 16:01 ] 兄妹 | CM(0)

妻が乳癌であることが分った。

375: 大人の名無しさん 2007/09/13 01:11:21 ID:N/bE2AdI

まだ混乱しているけど書き込みさせてもらいます。
妻が乳癌であることが分った。
詳しい検査結果はまだ分らないのだが、
悪い方に悪い方に考えてしまう。
しっかりしなくちゃならないとは分っているのだが、
ただただうろたえているだけだ。
4歳の息子の顔をみていると、たまらなくなる。
一人っ子でママ大好きなこの子から母親がいなくなったら
どうなるのだろう。
妻に対しては、感謝とやさしさと言葉が足りていなかった。
分ってはいたが、甘えていた。
今からそれを直しても手遅れじゃないのか。
こんなくだらない事がどうしても頭をよぎってしまう。
こんな状態になって初めて、妻が本当に大切な人であったと
どこかで実感している自分も情けない。
どうか早期でありますように。


[ 2013/12/11 22:01 ] | CM(0)

心の傷が相当深く、完治は難しいかもしれない

276: 大人の名無しさん 2007/06/29 20:31:30 ID:eRl5AbgG

2年ほど前に妻が記憶障害って事を書き込んだんだが、またちょっと吐き出させてくれ。
覚えてる人はいないかもしれないけど、過去ログ見られないんで何スレ目かはわからないが
長男が原因の流産が引き金になって、妻が記憶障害を起こして治療中と書き込んだ者だ。

これから妻の実家に行ってくる。
1年ほど向こうのご両親といろいろ話し合った結果、離婚が成立する事になった。
流産後ずっと治療を続け、何度か医者も変えてみたんだがいい結果は出なかった。
一時はこのまま回復するかも、って思ってたんだが、ある程度記憶が回復してくるとそれが原因で鬱状態に落ち込んだりした。
で、複数の医者に言われたのが、「心の傷が相当深く、完治は難しいかもしれない」ってことだ。

それに最近子供の行動も変わってきて、あまり母親に会いたがらなくなってきた。
流産の原因の事(その子がお腹に乗ってきた)はもちろん話してはいないんだが、何度かあっているうちに何か感じる物があったのかもしれない。
このままじゃこの子にとってよくない、と考えての結論だった。
それに俺にも向こうのご両親にも、もちろん妻にとっても足掛け5年の治療期間は長過ぎた。

子供はまだ母親を愛しているし俺もそうだ。
ご両親も自分の娘以上に孫を大切に思ってくれている。
誰も望んでいなかった結末だけど、仕方がないんだよな。
ちくしょう


[ 2013/12/10 22:01 ] 母親 | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。