人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

友人が自殺した。 置いてかれたみたいで、涙も出ないよ。

269: 大人の名無しさん 2007/06/27 21:45:52 ID:rZhh8+nk

友人が自殺した。
「やりたいことがないのに、惰性で生きていくのが嫌になった」と、遺書にあった。
「俺に相談の一つもしてくれれば良かったのに」と思ったんだが、
そこまで信頼されてなかったんだろうな。
俺や友達や家族と、生きていなくない気持ちを天秤にかけて、
死を選んだわけだ。

置いてかれたみたいで、涙も出ないよ。


[ 2013/12/10 16:01 ] 死別 | CM(1)

この前、母親から電話があった。妹が癌になったと。

252: 大人の名無しさん 2007/06/17 03:27:24 ID:ikK4KNi/

こんな時間だが、眠れないので書く
この前、母親から電話があった。妹が癌になったと
俺には意味が分からなかった。
だって妹はこないだ社会人になったばっかだ。
俺は手術すれば治るくらいの事と思っていた。
しかし、違っていた。もう手遅れになっている状態らしい。
俺は頭が真っ白になり、急いで実家に車を走らせた。
実家に帰るのなんて盆か正月ぐらいなのに
家に着き、居間には家族全員が居た。妹も居た。
しかし全然普通の妹
騙されたのか?なんて頭によぎりながら、とりあえず腰を下ろした。
「元気か?」とか、「どう?」とか普通に妹に話しかけた。
妹と話すなんて何年ぶりだった。
「元気だよ別に」とか普通の返事。
少しビビりながら癌について聞いてみた。
「知ってたんだ…」ポツリ呟く妹。
「骨まで来ちゃってるみたい。手術はもう無理…」
そう言いながら笑う妹。
微妙な表情になるのを堪えるに精一杯な俺。

それを誤魔化すため話続ける。
仕事は何をしてる?とか、お前は何歳になった?とか
今までの時間を埋める勢いで
俺と妹は歳が離れてるし、俺が高校を辞めてから家を出てしまい、話す事が滅多になかったから
なんでもっと話してやれば良かった。
もっと可愛がってやれば良かった。
今更後悔しても遅いけど…


[ 2013/12/09 16:01 ] 兄妹 | CM(0)

病院に両親が着くのを待ってたかのように彼の心臓は止まった。 その時、彼の目から涙が流れた。

244: 238,241 2007/06/15 15:50:28 ID:qSVY0Eub

今から20年以上前、俺には2つ下の弟が居た。
生意気で、強情で、ケンカばかりしてたなぁ。
短大を卒業して実家に帰って就職した俺と入れ違いに高校を卒業した弟は、叔父を頼って埼玉の小さな運送会社に就職した。
ある日、弟から電話があった。
「俺、新しいバイク買ったんだ。」
実に他愛もない会話だったが、それがあいつと交わした最後の会話だと知っていれば、もっと他に話す事もあったのに。

それから暫くして、仕事中に親から電話があった。弟が事故にあって危篤だというのだ。
両親はすぐに弟の元に向かった。俺は事情を上司に話し、仕事を定時で切り上げて家に戻る。
仕事中も弟の事がぐるぐる頭を巡り、集中出来なかった。
心のどこかで、最悪のケースを覚悟しなくちゃって自分に言い聞かせてた。

家に帰ると、妹も先に帰っていた。
妹は夕食の支度をしながら突然泣き出したが、俺は何も言えなかった。近所のおばさんたちも聞きつけて来てくれていた。
親戚から電話があった。いよいよ危ないらしいので俺たちにもすぐ来るようにとの事だった。
急いで支度をする。時刻表を見たが、既に8時になろうとしており、直通の新幹線も飛行機も無かった。
一番早いのは新幹線で京都で乗り継ぎ、名古屋で寝台車に乗り換えて翌朝東京につくルートしかない。
漠然とそれじゃ間に合わないと思ったが、それしか手段がなかった。
突然の事で、旅費すら用意出来なかったが、会社の上司が帰る前「旅費が要るなら遠慮せずに言え」と言ってくれたのを思い出して連絡した。
「これを持って行け」上司は10万円を貸してくれた、有り難くて涙がでたよ。

新幹線に飛び乗って、京都で乗り換えの待ち時間で親戚に電話をかけた。
親戚からの返事は、つい先ほど両親が到着し、それから息をひきとったとのこと。
やっぱりまにあわなかったよ。妹も泣いてた。
名古屋で寝台車に乗って、寝なくちゃって思ってキオスクで買ったワンカップを一息に飲み干したけど、ぜんぜん酔えないんだ。
弟の想い出を思い起こしながら、車窓から灯りが流れて行くのをじっと見つめながらひとり、泣いていた。
いつの間にか眠ってた。気が付くと夜も明け、東京の町並みが目の前を通り過ぎて行く、、、。


[ 2013/12/08 22:01 ] 死別 | CM(0)

昨日の晩、話をしながら妻の頭をなでて「ありがとうね」って言った。

241: 大人の名無しさん 2007/06/15 10:40:38 ID:qSVY0Eub

昨日の晩、話をしながら妻の頭をなでて「ありがとうね」って言った。
本当はもっともっといろんな事言いたかった。
思ってるだけじゃいけない、言葉に出して伝えられるうちにきちんと伝えなきゃって思ってたんだけど、、、。
口べたな俺の口から出たのはそんなありふれた言葉でしかなかった。
妻は恥ずかしがり屋だから、「うん」って頷いただけだったけど、気持ちは伝わったような気がした。

本当に日常のささいな事だけど、一緒にいられる時間がこんなに幸せな事だったんだなぁって思った。


[ 2013/12/08 16:01 ] 恋愛 | CM(0)

いつか訪れるその日のため、自分は今何ができるのか、何をなさねばならないのか。

237: 大人の名無しさん 2007/06/14 18:46:26 ID:9Wh3Fjq1

3月の終わり頃、風邪をひいたらしく、熱と頭痛で苦しんだ。
病院で風邪でしょうと言われ薬をもらった。
薬を飲んで数日寝込んだ、熱は下がったが薬が切れると頭痛は収まらなかった。
3週間ほど頭痛が続き、しまいに食事も取れない。
熱が出て、水分補給のスポーツドリンクのみという日が3日続き、ふと体重を量ってみた。
10㌔近く落ちていた。自分でもこれはやばいと思った。

朝になっても症状は治まらず、仕事先に欠勤の連絡をする。
電話の問いかけは理解できるのだが、言葉が出てこない。
妻の問いかけにも答えられず、出来るのは首を振ったり簡単な返答ばかり。
意識ははっきりしているのだが、言う事を聞いてくれない体としつこい頭痛。
まるで、自分の目を通して映画でも見ている気分。

さすがに異常を感じた妻に脳外科病院に連れて行かれる。
MRI検査の結果、前頭葉に大きなゴルフボール位の膿の溜まりが見つかった。
そこから先は切れ切れにしか記憶が無い。
救急の脳外科へ運ばれすぐに手術。
膿は400CC程溜まっていたらしい。
病名は脳膿瘍との事、原因となる細菌等は不明、希に蓄膿症や歯槽膿漏から来る事もあるらしい、どちらも該当するのよねぇ。
気が付いたらICUのベッドの中だった。あれほどしつこかった頭痛は嘘のように消え、額の手術跡の痛みで、生きてる事を実感した。

夜中、隣のベッドが急に騒がしくなり、苦しそうな声、嘔吐する音、看護師さんが励ます声が聞こえた。
その時急に悟った。自分も命が危なかったのだ。自分だって寝てる間に容態が急変して死ぬことだってあり得る。
夜眠る時は、自分が翌朝には目覚めることなど当たり前だと思っていた。
当たり前なんかじゃない、死と生の境目なんてほんのちょっとの事なのだ。
そう思ったら寝る事がとても恐ろしかった。


[ 2013/12/07 22:01 ] | CM(0)

多分、自宅で過ごせるのはこれが最後のチャンスです。

210: 大人の名無しさん 2007/05/21 18:53:21 ID:O3lezlPf

私のお母さん(57歳)は末期ガンで先日入院しました。
あと半年の命だと言われました。

「手術出来ない」と言われて8年。
ずっと自宅療養で薬の副作用に耐えながら生活してきました。
本当に良く頑張りました。
だけど、とうとう体力が無くなり入院となりました。


入院当日、迎えに行った私に
「今日は長くなりそうだし、あんた腹減るやろ?」
と、アルミホイルに包んだお手製のオニギリを私にくれました。


お母さんはもう食べられないのに。
味覚が麻痺してるのに。
水も飲めないのに。
支えが無いと歩けない状態なのに。

私の為に。

美味しかったよ。
私はあなたを一生追い越せないよ。
お母さん。


[ 2013/12/06 22:01 ] 母親 | CM(0)

今まで母を憎み、貶していた俺はその日、初めて涙を流しました。

60: 大人の名無しさん 2007/01/19 18:26:30 ID:QPT+uQCP

何年か前親に捨てられた お互いそれを望み合っていた
「離れていた方がいい」

俺も当時(14才)は清生していた。
俺は叔母さんと祖母のいる家に預けられた。

数ヶ月前、叔母さんが学校にいる俺を呼び出した。
何かな?また宗教の話かな?と思って先生の元に行くと、こう告げられた
「お母さんが危篤状態です どうやら事故のようです」

俺は言葉を失った。アイツが・・・?事故・・・・?
殺しても死なないと思ったアイツが、死にかけてるって・・・・?

俺は急いで病院に行く支度をした。クラスの奴には色々と言って、すぐさま学校を出た。

病院に行ったよ。意識は、何とか戻っていたようだ。アイツ、俺を細い目でみてこう言ったんだ。

「ごめんね、○○(俺)。だけど、アンタも悪い所があるんだよ。
 何でもかんでも他人のせいにしないで。」


[ 2013/12/05 16:01 ] 母親 | CM(0)

天国で見てるお母さんがいたら、教えて欲しい。

24: 大人の名無しさん 2006/12/12 19:35:45 ID:aCA6QYQo

実家といろいろと揉めて、布団かぶって泣いたりする日が続いてた。
でも、働かないといけないので昨日会社の最終面接に行ってきた。
朝から面接だったので、昼から時間もあるしってことで、電車とバスで2時間ほどの
ところにある母親のお墓参りに一人で行って、いろいろと考えてたんだけど。

今日偶然この嗚咽スレのno.4(もう3年前のログです)を見てたら、母親が
病気になってすぐの自分の書き込みを見つけてしまい号泣。
あの時はまだ28歳でスレ違いだったんだけど、もう立派な三十路になってしまった。
なのに私は全然変わることが出来てない。むしろ悪くなってしまった。

お母さんはもういない。
お父さんはお母さんを亡くしてから異常に涙もろくなって、私の病気を前にして
「お父さんはどうしたらいいのかわからない。お母さんならなんとかしてくれただろうに」
って私の前で泣かれる。
でも、私もどうしたらいいのかわからない。
天国で見てるお母さんがいたら、教えて欲しい。


泣きまくりで文章が支離滅裂でスマソ


[ 2013/12/03 16:01 ] 母親 | CM(0)

俺の養父におとんって言ってやった

1: 夢見る名無しさん 2011/08/06 00:55:08

今日よ
俺の養父におとんって言ってやったんだよwwwwww
そしたら養父がいきなり泣き出しやがったのwwwwww
そしたらどうよ?
俺もなんか突然泣き出しやがんのwwwwwwwwwww
真冬の縁側で男二人が会話もなく鼻水だらだら流しながら泣いてんの

wwwwwwww

俺ね
小学校4年生の時にね両親が交通事故で死んだのよwwwwwwwwww
なんか弟と妹も一緒に死んでやがんのwwwwwwwwww
俺突然天涯孤独だよwwwwwwwwwww
ビックリしたねwwwwwwwwwwww
母方の祖父ちゃんがいい人でよ、なんか俺を引き取るとか言い出したんで

引き取られたのよwwwwwwwwwww
そしたら中学校1年の時に祖父ちゃんもあっけなく逝ったねwwwwwwwwwww
ちょっwwwwwおまwwwwwwww

そっからマジ大変wwwwwwwwwww
中学生ながらにこの世の世知辛さを知ったねwwwwwwwwwww
親戚たらい回しっていやマジでタライを回したわけじゃなぜwwwwwwwwwwww
いい人もそこそこ居たけど大半はアレだアレ、お前らそれなんて昼ドラの

登場人物?みたいや奴らばっかwwwwwwwwww
俺親戚の引きよえぇえええええええええええwwwwwwwwwwww
中学校3年になるまで転校に次ぐ転校wwwwwwwwwww
俺謎の転校生wwwwwwwwwwwwwwwww


[ 2013/12/02 00:01 ] 父親 | CM(2)

人は強そうで急に亡くなる事がままある。俺、今躁鬱病で生き辛い毎日だけど…みんな生きようぜ。

49: 夢見る名無しさん 2012/02/03 05:23:18

あれは20世紀最後の年だ。当時パチンコ店に住み込みで働いてた。しかし、物覚えが悪く周囲からは「使えない奴」みたいな感じで見られてた。

しかし、Aという班長は俺を可愛がってくれた。まぁ、俺ってばでこっぱちなんだよ。違う班だったけど、交代時にいつも「○○ちゃん」っておでこをペチってタッチする訳だ。

触らないで下さいよーと思いながらも、良くしてくれたのが嬉しかった。

A班長は生まれたばかりの赤ちゃんがいた。奥さんも良くしてくれてさ。そんな時だった。

遅番で部屋に行ったらみんなショボーン。どうしたんですか?と聞いたら、A班長が亡くなった、と。はぁ?えっ?驚いた直後号泣。「みんな我慢してるんだ」と言ってたじじぃいたけど、冷血動物かと思ったね。

当然だが、その日は仕事にならなかった。一昨日ペチってしてくれたじゃん?因みに、心筋梗塞だった。


[ 2013/12/01 22:01 ] 死別 | CM(0)

大した話ではないけど、これが人への気遣いなのかなって思った。

175: 名無しさん 2013/11/17 18:07:47 ID:LP5wE/HC

私が中学の時の体育の先生から聞いた話

その先生が昔居た学校では担任の先生が授業から戻ってくるまでお弁当を食べちゃいけない
決まりだった。でもその先生は体育だからいつも教室に帰ってくるのが遅くなっちゃって
先生のクラスだけ食べ始めるのが遅くなっちゃうから先生はいつもクラスの生徒たちに、
「ごめん、ごめん」と謝りながら教室に戻ってきていたという。
 ところがある日、先生が今日も遅くなってしまったな、と思いながら走って教室に戻ると
クラスの生徒たちは既にお弁当を食べはじめていた。
「先生ごめんっ!俺らお腹すいて先たべちゃったよー」
とのこと。先生もちょっと安心して「おお、そうかそうか。悪いな」と返していたらしい。


[ 2013/12/01 00:01 ] 学校 | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。