人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

10代の男の子がいきなり「500円貸してください!電車代なくて…」

■■ いい人、やさしい人の話 ■■
741: おさかなくわえた名無しさん 02/09/11 11:18 ID:Ap6LJnh/

短大生の頃、駅まで向かう道を急いでいたら、前から歩いてきた
10代の男の子がいきなり「500円貸してください!電車代なくて…」
というので、驚きつつ500円あげた。

「必ず返しますので住所を!」といわれたけど、「いいんです、こういう
ときはお互いさまですからっ」とそのまま振り切った。

知らない人に住所とか教えて関わられるのイヤだったんだよね、私。
でももしかしたら、あのときの彼には「イイ(・∀・)ヒト!!」と
思われてるのかもしれないなー。


スポンサーサイト
[ 2014/11/19 21:30 ] 貧乏 | CM(0)

今道友信さんの「暖かいスープ」というお話。

330: 癒されたい名無しさん ID:irwybNeq

教科書に載っていた話です

フランスに、一人の日本の留学生がいた。
彼が渡仏したのは、第二次世界大戦が終結して間もなく、日本がオリンピックに
参加することもままならなかった頃のこと。

彼が最初に訪れた下宿先では、彼が日本人と分かるや否や断られた。
「夫の弟がベトナムで日本人に虐殺された。あなたには何の恨みもないが
この家に日本人をいれたくないのです」

その後住居は定まったが、貧しい学生生活を送ることになった。
彼は大学から少し離れたレストランで毎週土曜は夕食をとった。
そこは若い娘と母親が営む小さな店で、パリの雰囲気を漂わせていた。
彼は「今日は食欲がないから」などと言いながら、いつも
一番安いオムレツを注文した。

ある夜のこと。通い慣れたそのレストランで、娘さんが黙ってパンを二つ出した。
パンは安いので、会計の時にそのまま支払うことにした。
食事がすみ、レジの前で二つ分のパンの料金を払おうとすると、他の客に
分からないように人差し指を口にあて、目で笑いながら静かに首を振り、
一人分の料金しか受け取らなかった。彼は、かすれた声で「ありがとう」と
言った。それ以降、いつも半額の二人前のパンが出た。


[ 2014/05/31 22:01 ] 貧乏 | CM(0)

クリスマスイブ‥貧しい親子がそば屋さんにやってきた。

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2004/03/12 15:12:00

「いっぱいのかけそば」
クリスマスイブ‥貧しい親子がそば屋さんにやってきた。
子供2人言った「お母さん、クリスマスだからレストランなんだぁ(^o^)」
母親はかけそば代しか持っていなかった。「すいませ~ん、一杯のかけそばくださーい」
店主は様子を見ていて、「はいよー、いっぱーいのかけそば一丁!」
そして親子のテーブルはかけそばで埋め尽くされました。。。10杯くらい


[ 2014/04/24 10:00 ] 貧乏 | CM(0)

お年寄りの夫婦が会計時に出したのが旧500円札で…

387: 名無し物書き@推敲中? 2004/08/20 17:38:00

見つけたんじゃ無くて書いてみるけどいいかな。

青森在住のもので昔の話です。
アルバイトであるホテルで受付のアルバイトをしていました。
祭りも最盛期で物凄い人出でした。
翌朝お会計の時、あるお年寄りの夫婦がやってきてお会計したのですが
そのお金は全て旧500円札でした。珍しいなと思ったのですがちょっと考えると切なくなりました。
年金生活で苦しいんだろうけど、残り少ない余生の思い出に思いきって箪笥預金取り崩して県外からこの二人はやってきたんだな……。
楽しんで貰えましたか?ネブタ期間は宿泊料金が高くなってすいません……。
もっと良い世の中だったらいいのに……。
そう思うと涙ぐんでしまい、泣きながらおつりを渡しました。
変な人と思われたでしょうね。
私も将来結婚して苦しくってもあなた達のような夫婦になりたいとおもいました。
お元気でおられますか?


[ 2013/06/19 00:01 ] 貧乏 | CM(1)

夫をがんで亡くして5ヶ月経ちました

187: 名無しさん@HOME 2009/12/13(日) 08:37:07 0
夫をがんで亡くして5ヶ月経ちました。闘病している間、毎日病院に通って看病してに日に日に弱っていく姿を見続けているうちに元気だったころの顔を思いだせなくなってしまった。
夫の祖母(98歳)にはがんで入院していることを言ってなかったから抗がん剤で髪の毛が抜けた頭をカモフラージュするために最後に包帯を巻いてもらって家に連れて帰りました。
包帯の事を看護師さんにお願いするためにカーテンを開けたらエンジェルサービスを受けている夫の姿を見てしまいました。薄く目を開けて涙をいっぱい溜めているように見えました。
それが激しく脳裏に焼きついて振り払っても振り払っても消えません。時が経てばいつか忘れられる日が来るんでしょうか。

[ 2012/12/21 22:11 ] 貧乏 | CM(0)

子供の頃、うちは貧乏で、お雛様が買えなかった

(⊃д`) せつない想い出 (´・ω・`)
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1076485631/

667: おさかなくわえた名無しさん 04/03/08 15:20 ID:UxkATxSM

>>658の話、個人的にツボ。光景が目に浮かんですごく切ないです。

では、私もひとつ。

子供の頃、うちは貧乏で、お雛様が買えなかった。
でも当時、5~6歳の妹は、単純に部屋が狭くてお雛様を置くスペースがないから
うちにはないんだと思っていたんだそうで。
[ 2012/10/13 14:03 ] 貧乏 | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。