人気記事
逆アクセスランキング
このサイトについて
このサイトについて

ソストラダーニエでは、相互RSS・相互リンクを募集しております。
ご検討いただける方は上記リンクを閲覧頂き、
メールフォームにてお問い合わせください。
RSS
RSSICON

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

阪神大震災を経験した、中学の時のクラスメイトの体験談。

□ いい人・やさしい人のお話 5 □
912: おさかなくわえた名無しさん ID:es0yzO0v

阪神大震災を経験した、中学の時のクラスメイト(以下知人)の体験談。

地震でボロボロになった知人の住んでた街。家族と一緒に急いで非難して、鎮まった頃に表に出てみると
もう道路も建物もボロボロになってたらしい。あまりの酷さに、ショックで言葉が出なかったそう。

近くの瓦礫の周りに人だかりが出来てるのが目に入って、近寄ってみると……
その瓦礫の山の中から小さな子供の泣き声が。そして瓦礫の山のすぐ手前には懸命に誰かの名前を呼び続けるおじさん。
この人の子供が埋まってるんだとすぐにわかったんだけど、知人も周りの人達もどうする事も出来ない。
悔しいような悲しいような気持ちでいっぱいになる知人。

しばらく名前を呼び続けた後そのおじさんはうなだれるように下を向いて、ふと何かに気が付いたように顔を上げて
瓦礫の山に向かって、「ぞーおさん、ぞーおさん、おーはながながいのね…」と優しい声で歌を歌い出した。


スポンサーサイト
[ 2015/09/05 21:30 ] 死別 | CM(0)

ある時ふと、おっちゃんのいなくなった年と 阪神淡路大震災が同じ年だということに気がついた

■■ いい人、やさしい人の話 ■■
244: おさかなくわえた名無しさん 02/03/31 04:21 ID:???

ある知人と高校野球の話になりました。
自営業の彼は職場のテレビで春夏の甲子園をずっと見ていて
十数年前彼はあることに気がついたそうです。
それは、バッターボックスの後ろの席に座っているおっちゃん。
目深に野球帽をかぶりジャンパーを着て腕を組んで野球見てる。
朝から晩までずっといる。去年もいたこのおっちゃん。
・・・それ以来勝敗の行く末よりそのおっちゃんが楽しみになり
毎年欠かさず甲子園を見るようになったらしい。
そのおっちゃんもまた春夏毎年必ずいる。
最初は関係者か?と考えたらしいがそれにしても毎回いるし
すっかり親近感が沸いてしまい、仕事なにしてんかなー
わざわざ休んで来てんかなー 野球好きなんやろなー
と勝手に想像して楽しむこと十数年。
ある時ばったりおっちゃんが現れなくなってしまったらしい。
おっちゃんといってもまだまだ若い感じだったし・・・
どうしたんやろー と心配しつつさらに数年。
ある時ふと、おっちゃんのいなくなった年と
阪神淡路大震災が同じ年だということに気がついたそうだ。

おっちゃんがどうなってしまったか分からないけれど
彼は甲子園を見るたび思い出し心を痛め
楽しませてくれたことに感謝しているといっていた。

いい話だったので・・・長文スマソ


[ 2014/10/05 21:30 ] 死別 | CM(0)

ちゃんと白米炊いたはずがなぜかお粥になってた。 多分心配した嫁がお粥にしてくれたんだな・・・

【感動の】心温まるいい話2【大作】
830: ほんわか名無しさん 投稿日:2007/08/28(火) 07:24:06

なんか朝からこんなことがあった。

2年前に妻が交通事故で死んで娘と二人で暮らしてるんだが・・・

昨日の夜に娘が熱出した。
嫁が死んでから初めてだったからビビッて急患につれてって点滴してもらった。
以外に時間かかって久しぶりに徹夜したよ。

4時頃家かえってもう寝てもしょうがないから朝ごはんの準備してた。
会社も休まなきゃならないから朝飯食ったら実家に行こうと、じゃ無いと俺じゃ看病できん。

んで今さっき飯食おうと思って電子ジャー開けたらびっくりした。
ちゃんと白米炊いたはずがなぜかお粥になってた。

多分心配した嫁がお粥にしてくれたんだな・・・
もう涙枯れてたけど久しぶりに泣いた。

娘が起きたら食わせてやろう・・・きっとすぐ良くなるはずだ。


[ 2014/09/05 21:30 ] 死別 | CM(0)

お通夜の時のお坊さんの言葉が印象的だったから書き込む

【感動の】心温まるいい話2【大作】
413: ほんわか名無しさん 投稿日:2007/04/09(月) 01:56:02

今日中学の友達のお通夜に行ってきた
別に中学時代対して話したこともないやつだったけど
やっぱ誰かの「死」って悲しいな
お通夜の時のお坊さんの言葉が印象的だったから書き込む
人、生物としてこの世に生まれた限り「死」というものは免れる事が出来ない
死はこの日本のいや世界のどこかで毎日やってくる日常です
その日常は毎日テレビのニュース、また新聞などで記事としてでます
それを見てあなたは何か思いますか?たぶんなにかしら感じるとしても
それについて深く考える事はないと思います
人は他人の「死」という日常に慣れすぎて「死」というものの本当の意味を知る事が出来ません
しかし身近な人の「死」、非日常に直面したときあなたは深く感じるはずです
「死」というものは日常でありながら非日常でもあるのです
非日常の「死」に直面したときあなたは深い悲しみを感じるはずです
この悲しみは18歳の若き少年が身をもって私たちに示してくれたのです
今一度「死」というものを考えてみてください

通夜が終わってからだいぶ時間経ったから軽く自分なりの考えも加わってしまってるかもしれない
この文章を書き込みながらケツメイシの「涙」聞いたらちょっと泣いた


[ 2014/09/02 21:30 ] 死別 | CM(1)

祖父は、いつまでも車を追い掛けて「待って!待って」と泣き叫んでいた

621: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/03/20(月) 21:47:20 ID:g4KZVGKT

人前で泣いた事のない祖父がいる。祖父の泣いてる姿を見た人は誰も居なかった。あの日までは‥

祖父は何があっても泣かない。祖母が亡くなっても泣くことはなかった。
お葬式中も冷静に、ただ黙って祖母の顔を眺めていた。
皆が祖母との別れをすませ、出棺の時だった。

「待って!!」いきなり祖父は叫び車を呼び止めた。
もう一度、祖母の顔を見せてと頼み、顔を見た瞬間に初めて祖父は人前で涙を流した。

もう時間だから…と祖父を説得しても「待って、待って!」と子供のように泣き叫んでいた。
愛する人の顔を擦りながら、ワンワンと泣いていた。
時間が無いので車は出発した。祖父は、いつまでも車を追い掛けて「待って!待って」と泣き叫んでいた

火葬の時も「待って!待って!!」と泣き叫んでいた。
普段、人前で涙を見せない祖父が泣いていた。

祖母はすごく、すごく愛されていたんだと思う。幸せだったのだろう


[ 2014/08/21 12:01 ] 死別 | CM(1)

戦死した夫は三十二歳のままで柳原タケさんの心の中に生き続けています。

479: 癒されたい名無しさん 投稿日:2006/02/05(日) 19:36:21 ID:CnhYgEES

天国のあなたへ   柳原タケ

  娘を背に日の丸の小旗をふって、あなたを見送ってから、もう半世紀がすぎてしまいました。
  たくましいあなたの腕に抱かれたのは、ほんのつかの間でした。
  三二歳で英霊となって天国に行ってしまったあなたは、今どうしていますか。
  私も宇宙船に乗ってあなたのおそばに行きたい。
  あなたは三二歳の青年、私は傘寿を迎える年です。
  おそばに行った時、おまえはどこの人だ、なんて言わないでね。
  よく来たと言って、あの頃のように寄り添って座らせて下さいね。
  お逢いしたら娘夫婦のこと、孫のこと、また、すぎし日のあれこれを話し、思いっきり甘えてみたい。
  あなたは優しく、そうかそうかとうなづきながら、慰め、よくがんばったねとほめて下さいね。
  そして、そちらの「きみまち坂」につれて行ってもらいたい。

  春、あでやかな桜花
  夏、なまめかしい新緑
  秋、ようえんなもみじ
  冬、清らかな雪模様

  など四季のうつろいの中を二人手をつないで歩いてみたい。
  私はお別れしてからずっとあなたを思いつづけ、愛情を支えにして生きて参りました。
  もう一度あなたの腕に抱かれ、ねむりたいものです。
  力いっぱい抱きしめて絶対にはなさないで下さいね。

Web版「正論」 遊就館の見学記録より
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2003/0308/message1.html


[ 2014/08/18 18:01 ] 死別 | CM(0)

才能だけで生きてる人も居るのに…なんで先輩は死ななあかんのですか?

386: 癒されたい名無しさん 投稿日:2005/11/11(金) 23:34:25 ID:Ecul+h+R

俺は高校三年生で、野球部を引退したばかりです。
世界で1番尊敬する先輩がいました。野球は本当に下手で、一度も打席に立たせて貰った事がありませんでした。
それでも毎朝毎晩ずーっと練習してて、手はいつも血とマメでボロボロでした。
俺は先輩にある日『Mさん、なんでそんなに頑張れるんですか?』と聞きました。
先輩は、『頑張らんと試合出られへんやろ?』と答えて、また黙々とバットを振り始めました。
俺は先輩の努力に憧れ、それからずっと練習に付き合いました。


[ 2014/08/17 18:01 ] 死別 | CM(0)

どうか、彼女の希望通りに笑えるようになりますよう。

182: 癒されたい名無しさん 投稿日:2005/07/02(土) 23:25:07 ID:UWvqf1Zg

死別スレよりコピペ。結構長いが

256 名前: 名無しさん [sage] 投稿日: 2005/06/13(月) 20:55:15
すみません
自分の中で区切りとして吐き出させてください。

去年の夏、彼女が逝きました。
ある日、体調が優れないので病院へ。
検査の結果、癌。
余命半年と診断されました。
最後まで、もっと生きたい。死にたくないとは言ってくれず、
弱音を吐いてくれなかったことが悲しかったです。


[ 2014/08/14 18:01 ] 死別 | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。